• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「日本と自国のマック←どっちの勝ち?」

no title

服用してみる

英紙に”陛下の反抗的な姪”と揶揄された眞子さま、皇居横の10部屋付き豪邸が仮住まい候補に。

無題

眞子さまの結婚について海外メディアは「天皇陛下の反抗的な姪」と報道
篠宮家の長女眞子さま(29)の結婚に伴い国から支給される一時金について、政府は眞子さまの意向を踏まえ、支給しない方向で調整しているとの報道を受け、英国各紙など海外メディアは26日、「(皇室の)伝統を破る前代未聞の事態」などと伝えた。
英紙デーリー・メールは「天皇陛下の反抗的な姪(めい)が来月婚姻の日時を発表へ」とし、「米ロースクールに留学した婚約者をめぐる騒動により、結婚一時金1億5000万円を辞退」と報じた。
続く↓

眞子さま 仮住まい候補に国有財産の洋館が浮上!皇居の横で10部屋付き
浮上した仮住まい先は皇居すぐそばの国有財産。眞子さまは渡米まで、小室さんの実家で過ごしたいという希望もお持ちだという。しかし実家の住所は報道関係者をはじめ多くの人が知っており、警備しやすい場所とは言い難い。宮内庁職員たちが頭を悩ますなか、“仮住まい先”として急浮上した物件があったという。
「千鳥ヶ淵付近にあるかつての侍従長公邸です。皇居とは濠を隔てただけで、警視庁からは車で5分ほどの距離にあり、皇宮警察の派出所もすぐ近くにあります。同じ敷地内にある旧宮内庁長官公邸(現・宮内庁分庁舎)には、ヒゲの殿下こと、寛仁親王殿下の妃・信子さまがお住まいです」(宮内庁関係者)
「2つの洋館は01年に宮内庁の所管から外れ、国有財産となっているのです。旧宮内庁長官公邸は信子さまのために宮内庁が財務省から借り上げて提供している状況です。
皇籍を離れた人は、原則的には皇室や宮内庁の施設を使うことができません。短期間とはいえ一般人となった眞子さまのために旧侍従長邸も借り上げるとすれば、“結婚しても皇室におんぶに抱っこなのか”という批判もまぬがれないでしょう」(前出・宮内庁関係者)
詳細↓

mako_sama2_asahi
no title

服用してみる

「当然の結果でしょ、日本なら」パティスリーW杯で日本が準優勝。

main2

クラブハリエ・原田誠也が日本代表として出場し準優勝!
クラブハリエ(本社:滋賀県近江八幡市) でシェフショコラティエを勤める原田誠也が、9月24日フランス・リヨンで行われた「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」にチームJAPAN として出場し、準優勝いたしました。「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」は、1989年にM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)の称号をもつガブリエル・パイアソン氏とヴァロー ナによって設立された世界を代表するパティスリーのコンクール。チームはアントルメ・ショコラ、レストラン・デザート、アントルメ・グラッセの 3部門で構成されています。クラブハリエが誇るショコラティエ山本と原田が手がけるチョコレートは、2022年のバレンタインコレクションに登場いたします。
詳細↓


服用してみる

「襲う役の男が怖すぎる…」防護服の強度を実演【映像】

no title

服用してみる

入管で死亡した女性の遺族「日本は責任を感じて欲しい」

無題

スリランカ女性の遺族1人が帰国 「入管は責任受け止めて」
名古屋出入国在留管理局に収容中だったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が死亡した問題で、真相が知りたいと来日していた妹2人のうちワヨミさん(28)が23日、帰国の途に就いた。出発前、成田空港で取材に応じたワヨミさんは「一時的に帰るが、諦めて帰るわけではない。入管には責任を受け止めてもらい、他の外国人に二度と同じことが起きないようにしてほしい」と求めた。
続く↓

服用してみる

「たとえ拳銃を持ってても、退役軍人に対して襲い掛かってはいけない理由」【映像】

1200px-Seal_of_the_U.S._Department_of_Veterans_Affairs.svg

服用してみる

「本当は欲しがっていたのでは?」眞子さまへの一時金、支給しない方向。

_w850

眞子さまへの一時金、支給しない方向で最終調整…意向を尊重
秋篠宮家の長女眞子さま(29)と婚約内定者の小室圭さん(29)との結婚を巡り、政府が眞子さまの意向を尊重して皇室を離れる際の一時金を支給しない方向で最終調整していることがわかった。一時金の額を決める皇室経済会議も開催されない見通し。結婚で皇籍離脱する皇族女子に一時金が支給されないのは戦後初めてとなる。
続く↓

服用してみる

「壮大な企みしか感じない…」中国、暗号資産の交換など全面禁止へ。

48345919-0-image-a-58_1632498714960

中国が暗号資産の交換など全面禁止、刑事責任も追及…人民銀「金融秩序乱し犯罪生む」
中国人民銀行(中央銀行)は24日、中国で暗号資産(仮想通貨)の交換や情報仲介などを全面的に禁止すると発表した。関連サービスは全て違法な金融活動に該当するとして、刑事責任を追及する。暗号資産取引が金融リスクにつながる事態を防ぐため、取り締まりを強化する。通知では、ビットコインやイーサリアムなど代表的な暗号資産を名指ししたうえで、法定通貨と同等の法的地位はなく、通貨として市場で流通・使用すべきではないと明記した。人民銀の担当者は「仮想通貨は経済や金融秩序を乱し、資金洗浄(マネーロンダリング)や違法な資金調達、詐欺など違法な犯罪活動を生んでいる」と指弾した。
詳細↓

服用してみる
スポンサードリンク
RSS
RSS
最新記事
スポンサードリンク

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ