• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

【やはり、】カート・コバーン。赤ちゃん時代の一枚に・・・【傾向性が?!】

Nirvana
By Dunechaser

カート・コバーン
250px-Nirvana_around_1992

(1967年2月20日 - 1994年4月5日)
 アメリカのミュージシャン。身長174cm。  1990年代を代表するワシントン州シアトルのグランジバンド、ニルヴァーナでボーカルとリードギターを担当し、アルバム『ネヴァーマインド』の成功で一躍ロックスターの仲間入りを果たすものの、1994年自宅にてショットガンで自殺。27歳没。配偶者はホールのコートニー・ラブ。娘はフランシス・ビーン。コートニーとは1992年2月に結婚。式を通してカートはパジャマ姿であった。忘れ形見のフランシスは2011年現在、モデルを務めている。一方で1993年、雑誌「アドボゲイド」でのインタビューで「俺はバイセクシャルかも知れない」と発言している。  アルバム『ネヴァーマインド』の成功後も音楽業界の商業主義やマスメディアの誇張報道などに反発し、社会に求められた偶像としてではなく、ありのままの自分を常に表現するスタンスを保ち続けた姿勢は、「グランジの精神」として後進に強い影響を与えた。グランジのパイオニアとも言えるが、自身は双極性障害と薬物により苦しむ。
wikipedia




























服用してみる

【ジニーン・ジョーンズ】「およそ50件もの幼児殺害を繰り返してきた女が5年以内に釈放されるらしいゾ・・・」【テキサス州法】

Shoe - Walton
By jasons_show

ジニーン・ジョーンズ
genene-jones

 1981年5月から12月にかけて、テキサス州サン・アントニオにあるベクサー病院の小児科病棟では、予期せぬ心臓停止やありえない出血が相次いでいた。既に20名もの児童が集中治療室で死亡している。これはただごとではないと調査に乗り出した病院は、児童に投与されていた点滴の中に抗凝血剤が混入されていたことを突き止めた。直ちに疑われたのが看護婦のジニーン・ジョーンズ(31)だった。彼女が勤務していた午後3時から11時までの間に死が集中していたのだ。そして、彼女が非番の日にはトラブルは何一つ起こらなかったのである。ところが、彼女には動機らしいものは見当たらなかった。極めて勤勉且つ優秀な看護婦で、その行動力と決断力の早さには定評があった。患者からも慕われていた。ほぼパーフェクトと云っていい看護婦だったのだ。但し、彼女には医師の指示を無視する傾向があった。自分の方が優れていると思っていたようだ。しばしば直感的に行動した。それが適切だったために、彼女は現場から一目置かれていたのである。また、児童の命が助からなかった時の悲しみ様は人一倍だった。泣きじゃくりながら遺体をいつまでも揺さぶっていた。そんな彼女が殺人者だって?とてもじゃないが信じられない話である。それでも病院側の調査の結果は揺るがなかった。但し、患者側からの訴訟を恐れた病院は明確な結論を避け、ジニーン・ジョーンズを解雇することで一件落着とした。つまり、事件を揉み消してしまったのである。酷い話である。ジョーンズはその後、サン・アントニオ近郊カーヴィルで、キャスリーン・ホランドが経営する小児クリニックに看護婦としての職を得る。その直後からこのクリニックで予期せぬ心臓停止が相次いだことは云うまでもない。そのたびにジョーンズは極めて適切に蘇生術を施していた。1982年9月、17ケ月のチェルシー・マクラレンがジョーンズにより予防接種の注射を受けた直後に呼吸困難に陥り、緊急治療のためにサン・アントニオの病院へと運ばれる途中で死亡した。その際、ジョーンズは自らも救急車に乗り込み、献身的に看護していた。そして、搬入先のベクサー病院でも、恰も彼女が責任者であるかの如く振る舞い、あれこれと指示していたという。この姿を目撃したかつての同僚たちは答えを見つけた思いがした。 「なるほど。これがしたかったが故に彼女は毒を盛っていたのか…」 死にかけている幼気な命を救うことにジョーンズは何よりの喜びを見出していたのだ。そして、その喜びを味わうために、彼女は自ら進んで心臓停止の状態を生み出していたのである。事実、チェルシーの遺体からは筋弛緩剤サクシニルコリンが検出されている。信じられないことだが、これは紛れもない事実なのだ。ジニーン・ジョーンズは翌1983年5月25日に逮捕され、チェルシー殺害の容疑で有罪となり、99年の刑が云い渡された。その後、別の児童に抗凝血剤を投与して死に至らしめた容疑でも有罪となり、60年の刑が加算されている。 ちなみに、地元マスコミの報道によれば、その手に掛かった児童の合計は47人にも及ぶとされている。
理解できない動機


 刑務所の過密状態に対処する時の法に基づき、実際は13年服役ののち仮釈放の資格を得ている。2~3年おきの仮釈放申請はここまで6回却下されたが2017年には自動的に仮釈放される予定。
いつも上天気



服用してみる

【ははあ、】こうやって、こうすると・・・、こうなる!【なるほど】

Kenworth Flat nose truck
By RichardJBrown





kchang
逆再生してるのかと思った。



CoolQcumber
こんなデッカいタンポン、誰が使うん?



shallwedance

流石はアメリカ。
なんでもデカいけど、これはちょっと大き過ぎやしないか・・・?



服用してみる

【これは・・・】水溜りの中を跳ねまわる謎の物体【ナニ?!】

Moody Raindrops In Dark Blue Puddle
By Pink Sherbet Photography






Forkhandles
soopbone
shallwedance
SpicyWeiner

ナニコレ?!



swtcharlie
dnyray
凍った水面の下に空気が溜まってるだけだろ。
逃げ道を探してるんだ。



fearsyth
氷の下の水中に虫が蠢いてるとかかな?



>>fearsyth
CannibalsCookpot
そんな虫いるか!



服用してみる

お婆ちゃんが作ったバースデーケーキ。素晴らしいけど、なんだか微妙・・・【69歳】

Happy Birthday
By Julie Danielle



MorDeCaza
彼女の69歳の誕生日なんだけど・・・。

RPmyt






DoctorTurkleton

ಠ_ಠ



whohasmyusername
swandi

自分のバースデーケーキを自ら作るとな・・・?:(



>>swandi
Danny_Bomber
しかも自分で食べる・・・。



>>swandi
MildManneredFeminist
写真見れば解る。
沢山作ってきた人のケーキだよ。
楽しくてしょうがないんじゃない^^?



>>MildManneredFeminist
Bigetto
ウチでも作れる人がいないから、自分のも含めて全部アタシが作っちゃうよ。



服用してみる

【いつでも】写真で綴る、お婆ちゃんとネコの日記に海外「ほえー=^^=」【いつまでも・・・】

cat_05



88歳になるMisaお婆ちゃんとオッドアイな飼い猫のFukumaruの日常。
小屋に捨てられているのをお婆ちゃんが見つけて以来の大親友だとか・・・。



cat_02



cat_03



服用してみる

ただ1人の英雄の為に、国民が捧げる1分間。【トルコ】

Mustafa Kemal Atatürk
By Zeynep.

ムスタファ・ケマル・アタテュルク(1881年3月12日~1938年11月10日)
オスマン帝国の将軍、トルコ共和国の元帥、初代大統領(在任1923年10月29日 - 1938年11月10日)。トルコ独立戦争とトルコ革命を僚友たちとともに指導したことで知られる。
wikipedia

kubilay_cCc
毎年11月10日の9時5分(彼が亡くなった時刻)に、人々は1分間だけ動きを止め、彼に黙祷を捧げる。







Mesmer
mongoose
gnrnr00
livinitupnow
74年の月日が流れても未だ尚、ココまで敬意を表してるなんて素晴らしい!



>>livinitupnow
Dr Satan
禿同。


服用してみる

じゃあ、我がスウェーデンの給食はこんな感じだ【対フィンランド】

Sweden
By anthonylibrarian


UntrueAlpacaFacts
どう?

GllUO
ロメインレタス、カッテージチーズ、ミートボール、チキン
給食は無料。
毎日3種類(大概が肉、魚、野菜中心)の献立が有るんだ。
この他に美味しいサラダ、ミルク、炭酸水等・・・。
どれもイヤだったら、ヨーグルトやコーンフレークなども用意されてる。
美味しくてヘルシーだよ!




bizhead
フィンランドとスウェーデンの間で戦争でも始まるのか?

我がフィンランドの給食の質って、こんな感じだヨ。



ihantotta
自分がフィンランドの学校に通ってた時の給食。
フレッシュサラダ、スモークサーモン、ブロッコリーにポテト。

Be3xi



madzasa
じゃあ、私達アメリカのを・・・。

s0B89



服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ