• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「沖縄でローマ帝国のコインが発見?!」【海外反応】

no title

沖縄の遺跡からローマ帝国の銅貨…国内初の出土
沖縄県うるま市教育委員会は26日、世界文化遺産の構成資産の一つ「勝連(かつれん)城跡」から、3~4世紀頃のローマ帝国で鋳造された銅貨4点が出土したと発表した。
中国や東南アジアとの海上交易を通じ流入したとみられ、国内遺跡での出土は初めてという。
2013年度の発掘調査で10点が出土。14~15世紀の地層から見つかった4点(直径1・6~2センチ、厚さ1~1・7ミリ)がローマ帝国時代の銅貨と推定された。うち2点には皇帝らしい肖像などの刻印が確認された。
勝連城は12~13世紀頃の築城で、琉球王国に最後まで抵抗した15世紀半ばの領主・阿麻和利(あまわり)の居城として知られる。市教委は残り6点について分析を進める。
塚本敏夫・元興寺文化財研究所総括研究員(考古学)の話「ローマ帝国のコインが国内で出土した例は聞いたことがない。貴重品として入手した銅貨を、祭祀(さいし)目的で使用したのではないか」
yahoo

「アジアと欧州で『似てる国』と言えば?」
【次の標的・・・】「スウェーデンとフィンランドはNATOに加盟しておくべきか?」
「日本・アメリカ友好のスレ!」
「日本・イギリス友好のスレ!」
服用してみる

日本「一人で外食←みんなの国ではどんな扱い?」【海外反応】

服用してみる

「日本人は動物に対して意地悪過ぎる・・・><;」【海外反応】

服用してみる

志布志市、ウナギを水着の少女で表現→「性差別!」→PR動画を配信停止へ。

000032_01

志布志市、“うなぎ擬人化”PR動画を配信停止 「性的差別」など批判受け
養殖しているうなぎを、水着姿の女性に擬人化してアピールする――そんなPR動画を鹿児島県志布志市がYouTubeで9月21日に公開したが、ネット上で「性的差別だ」「カニバニズムに感じる」などの批判を受け、26日に配信を停止した。
問題の動画は、志布志市のふるさと納税の返礼品となっている養殖うなぎをアピールするもの。真夏のプールで、うなぎを擬人化したという水着姿の女性(実写)が「養って……」と発言する場面からスタートし、湧水を使ったプールで育っていく様子を表現。最後は「さよなら。」と言い残してプールに飛び込んだ後、うなぎのかば焼きの映像に切り替わる。
映像が公開されると、「なぜ水着の女性なのか? 性的差別ではないか」「女性がうなぎに育ったものを食べるのか」などの批判が、Twitterなどに相次いで投稿された。
編集部の取材に対し、志布志市の担当者は「天然の水を使ってうなぎを大切に育てていることをアピールしたいと考え動画を制作したが、別の意図で受け取られてしまった」とコメント。市内の養殖業者に配慮し、配信を停止したという。
yahoo

「日本では、電気ウナギを利用してツリー点灯をする」
「自分より背が高い女の子とは付き合える?」
【カラー映像】「太平洋戦争での死闘をまとめてみた」 海外「悲しい」「真の英雄たち」
【思いの輪】ある米兵から、日本兵の遺族への贈り物
服用してみる

伊達公子、クルムとの離婚を発表【海外反応】

no title
japandailypress

伊達公子 クルムとの離婚を発表「これからは別々の道を進む」
プロテニスプレーヤーの伊達公子(45)が27日未明、自身の公式ブログを更新し、ドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルム(46)と26日に離婚したことを発表した。
伊達は「Announcement from Kimiko & Mike」のエントリーで「2016年9月26日にMikeことMichael Krumm と離婚したことをご報告させていただきます」と報告。「2人で長い時間をかけて話し合い、これからは別々の道を進むことを決めました」とつづった。
伊達は1995年に世界ランキング4位まで上り詰めたが、96年に現役を引退。2001年12月にクルムと結婚した。その1年前から「2人での生活を始めていた」といい、約16年間をともに過ごしてきた。その中で「2人の人生に変化が出てきたことにいつしか気づき、この先のまだまだ長い人生を考えると、別々の道を歩むことがいいのではないかという結論に至った」と説明。伊達が08年に現役復帰し、世界を転戦する多忙な生活で夫とのすれ違いが生じたことも離婚の原因の一つとみられる。
伊達は今年2月には左膝半月板の手術を受け、現在は休養中。「今でも2人の関係はよく、今年は2人とも東京にいる時間が多いので、共に生活をし、食事も一緒にして過ごしていました」といい「離婚をしたこれからもその関係は大きく変わることはなく、友達として会うこともあるでしょう」としている。
「寂しさは当然感じますが、お互いがHappyでより良い人生を送るための決断」と前向きな離婚であることを強調。「残念な形での報告にはなりますが、今後も2人を見守っていただければと思います」と結んでいる。
yahoo

「日本と韓国、黒人の俺を受け入れてくれるのはどっち?」
日本「IQが60未満の国が有るって知ってた?」
「もしも合衆国から黒人がいなくなったとしたら・・・」
【迫害】ユダヤ教徒「パリで一人歩きしてみた。こうなった(((( ;゚д゚)))」
服用してみる

「大東亜共栄圏とイギリス帝国の違いって何?」【海外反応】

服用してみる

「日本語をまともに使うには、どれ位のkanjiを覚えれば良いのか?」【海外反応】

服用してみる

英紙「中田英寿の引退は世界的な衝撃だった・・・」【海外反応】

no title

“20代で自ら引退した6人”を英紙が特集 
1人目で紹介の中田英寿、電撃発表で「世界中が唖然」

ドイツW杯後に29歳で現役を退く 輝かしい経歴を「小さな宝石」と称賛。
2006年に29歳の若さで現役引退した元日本代表MF中田英寿氏が、英紙「ガーディアン」の「20代で自ら引退したフットボーラー」という特集で、紹介された6人のなかで真っ先に取り上げられている。
6人の元選手が取り上げられた特集で、中田氏は1人目として真っ先に名前が挙がった。ペルージャでの活躍やASローマでスクデットを獲得した経歴を伝え、「全ての人が彼を小さな宝石と呼んだ」と紹介している。「2001年に移籍金1800万ポンド(現在のレートで約13億6000万円)で移籍が発表されると、約400万人が彼のホームページにアクセスを試みた」と当時の人気ぶりについても言及している。
そして06年W杯後に、突如として現役引退を発表した時のことは衝撃的だったと振り返っている。
「偉大な功績の一方、バロンドールに3度ノミネートされた中田は、クロアチア(実際はブラジル)との2006年W杯最終戦の後に29歳で引退を発表して、より大きな喪失感を残した。世界中が唖然とした」
現在39歳であること、モデルやチャリティーの親善大使を務めていることなど、現在のキャリアについても紹介。さらの「彼は今、酒の会社を経営している」と中田氏が代表を務める「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」に関する記述によって、引退後の中田の幅広い活動についての説明が締めくくられている。記事には、現役時代のプレー動画も掲載されている。
続く↓
yahoo

「サッカー国別代表の顔を重ね合わせた結果www」
「このニャンコ、その辺の女子よりも美人じゃね?
「太平洋戦争時、自分の国は何してた?」 蘭「日本、ゆるさん><;」
服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ