• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

【腰抜け?】トランプ氏、駐中国大使に習総書記と旧知の人物を起用か【海外反応】

服用してみる

【露】修理中のiPhoneが爆発→客に放り投げる【海外反応】

服用してみる

【米・歓喜】トランプ「台湾総統から祝福の電話来たわ^^」 中国「なに#」

no title

台湾総統と電話、断交後初=次期米大統領、緊密な関係確認-中国外相はけん制
トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文総統と電話で話し、米台の緊密な経済・政治・安全保障関係を確認した。
米メディアによれば、米大統領や次期大統領と台湾総統のやりとりが公になったのは、1979年の米台断交以来初めて。
中国との国交樹立で台湾と断交した米国は、台湾関係法により非公式な関係を規定し、「一つの中国」政策を堅持してきた。トランプ氏と蔡総統の電話会談は、こうした原則から逸脱するものである上、中国が台湾独立志向の蔡総統へのけん制を強めていることから、トランプ次期政権の対中関係に悪影響を及ぼす恐れがある。
中国メディアによると、王毅外相は3日、トランプ、蔡両氏の電話会談について「米政府が長年堅持してきた『一つの中国』政策を変えることはできない」と述べ、けん制した。
政権移行チームによると、トランプ氏と蔡総統は「密接な米台関係に留意した」という。トランプ氏はツイッターで、総統が「私に電話した」という部分を大文字で強調して明らかにした。さらに、米国が台湾へ巨額の軍備を売却しているのに「私が祝福の電話を受けるべきでないというのは興味深い」と述べ、問題ではないという立場を示唆した。
台湾総統府の発表によれば、トランプ、蔡両氏は約10分間にわたって経済、安保、アジア情勢などについて意見交換。蔡氏は米台のさらなる関係強化を希望するとともに、台湾の国際社会への参画に理解を求めた。 
ホワイトハウスのプライス国家安全保障会議(NSC)報道官はトランプ氏の電話会談を受け、中台関係に関する「長年の政策に変更はない」と確認。「『一つの中国』政策を引き続き堅持する」と述べ、平和的で安定した中台関係が米国の基本的な利益だと説明した。
トランプ氏は、中国の習近平国家主席とは11月14日に電話協議した。中国側の発表では、両者は米中の協力強化と前向きな関係構築の意向で一致し、早期会談を目指すことで合意していた。
トランプ氏は選挙戦で、米国は中国に雇用を奪われていると主張。中国を「為替操作国」に指定する方針を公約とするなど主に経済面から批判してきた。ただ、「一つの中国」原則や中台との政治的な関係については詳しい見解を明らかにしていない。
yahoo

カナダ「何故、アジアにいる欧米人は傲慢なのか?」
露「『日本人以外お断り』っていう表示、酷いと思わない(´・ω・`)?」
台湾「日本嫌いなのに日本にとどまる韓国人←コレなんで?」
服用してみる

岸田外相、日露首脳会談に先駆け、プーチン氏と対談【領土問題】

no title

岸田-プーチン会談 領土問題など意見交換
2週間後の日ロ首脳会談を前に、岸田外務大臣がプーチン大統領と会談しました。安倍総理大臣からの親書を手渡し、北方領土問題などを巡って意見交換しました。
岸田大臣は「プーチン大統領の山口訪問に向け、有意義な意見交換ができた」と会談の成果を強調しました。

岸田外務大臣:
「(北方)領土問題、平和条約締結問題についても(プーチン)大統領訪日を念頭に、我が国の考え方をしっかり伝えました。プーチン大統領の山口訪問に向けての準備状況について、有意義な意見交換ができた」

会談は予定より2時間遅れて始まり、約30分間行われました。会談のなかで、岸田大臣は「訪問を最大限、意義あるものにしたい」と述べ、領土問題に対する安倍総理の決意、そして日本の考え方を伝えました。これに対して、プーチン大統領は「訪日を有意義なものとしたい」と応じたうえで、山口での会談に向けて安倍総理宛ての親書を託しました。岸田大臣は3日にラブロフ外相と会談し、経済協力の書きぶりなど、首脳会談で合意できる成果文書の作成に向けた協議を行うことにしています。
yahoo

「お前ら、北方領土は日露どっちのモノだと思う?」
中国「ロシアが北方領土で軍事力を見せつけてるよ」
「日本って案外デカいな・・・」
服用してみる

英・子役俳優「日本はイルカ漁をやめて!」【ゲーム・オブ・スローンズ】

服用してみる

【日本】「初雪に戸惑うネコが超カワイイと話題」【海外反応】

服用してみる

「自国の北部と南部←どんな違いが有る?」【海外反応】

服用してみる

【南米墜落】「副操縦士が美女過ぎた・・・」離陸前の新たな機内映像

screen-shot-2016-11-30-at-091644

シャペコエンセ サポからロナウジーニョ待望論、SNSでキャンペーン
ブラジル1部シャペコエンセのサポーターから、元ブラジル代表FWロナウジーニョ(36)に対する待望論が浮上した。ブラジル紙グロボ(電子版)は1日、「ロナウジーニョが来年シャペコエンセでプレーするよう、ファンがSNSキャンペーンを展開している」と伝えた。
02年W杯優勝メンバーでブラジル代表で10番を背負ったロナウジーニョは、バルセロナ、ACミランなどで活躍。フルミネンセ(ブラジル)を昨年9月に退団した後は無所属となっており、ファンは「#ronaldinhonachape」というハッシュタグをつくりSNS上でキャンペーンを展開。ロナウジーニョのインスタグラム、フェイスブック、ツイッターなどに「来年シャペコエンセでプレーしてください」「クラブを助けて」など、数千件のメッセージが届いているという。
またアルゼンチンのニュースサイトでは、元アルゼンチン代表MFで昨年1月に引退したファン・ロマン・リケルメ氏(38)が現役復帰して半年間シャペコエンセでプレーする可能性が伝えられている。もし両者の加入が実現すれば、ブラジルとアルゼンチンの元10番が共演し、クラブ再建に力を貸すことになる。
事故直後にコリンチャンス、フルミネンセ、サントスなど、ブラジル1部のライバルクラブから来年、所属選手を無償で期限付き移籍させるという支援策を発表している。
詳細↓
yahoo

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると、元サイトへ飛ぶので注意】


【南米墜落】記録されていた機長の断末魔
「日本の洗顔フォームすげえええ!」
服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ