• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

【日本○位】世界、子育てに適した国家ランキング発表。

ext

usnewsが毎年行う「世界の国家ベストランキング」。
今回、その内の「子育てに最も適している国家ランキング」が発表された。
主な採点の基準は教育制度、国家経済の安定度、福祉、生活の質、家庭生活に思いやりのある国家政策等だ。




服用してみる

「慰安婦かよ」前澤友作氏お見合、応募者21700人に。

_w850

前澤友作氏お見合い番組、応募者21700人に! 17日10時締め切り
インターネット衣料品通販大手「ZOZO」の創業者で前社長の前澤友作氏(44)が出演するインターネットテレビ局「AbemaTV」のお見合い番組「前澤友作 真剣お見合いドキュメント FULL MOON LOVERS」(放送日未定)への応募者総数が、16日午後5時時点で21700人に達したことが分かった。
続く↓
mainichi

服用してみる

「春節が来るし怖い・・・」【中国の新型肺炎、日本で初確認】

_w850
51936694_401

新型肺炎、日本で初確認 中国・武漢への渡航歴
中国中部の湖北省武漢市で原因不明の肺炎の発症が相次いでいる問題で、武漢市への渡航歴がある人が日本国内で肺炎の症状を訴え、国立感染症研究所のウイルス検査で同じ肺炎の陽性反応が出ていたことが16日、関係者の話で分かった。日本国内での患者の確認は初めてで、政府は同日中にも関係省庁との間で対応を協議するとみられる。
yahoo

服用してみる

「理想的・・・♡」64年間連れ添った夫婦、なくなる時も数時間差に。

23182424-7867933-image-a-11_1578552614857

64年間連れ添った夫婦、最期は手を繋いで仲良く永眠─クリスマス・イブの朝に…
夫婦として64年連れ添った末に、手を繋ぎながら共に永眠に着く──しかもクリスマス・イブに。そんな映画のような最期を遂げたのは、アメリカ・オハイオ州のビル・シャフラス(88)と妻のナンシー(85)である。
ビルは2019年のクリスマス・イブの午前7時、老衰によって息を引き取った。そしてナンシーは、それからわずか4時間後の午前11時にこの世を去った。州内のブルックデール高齢者介護施設でのことだった。
1955年に結婚した2人のあいだに子供はいなかったが、彼らはどこへ行くにも一緒だった。介護施設に入ってからは、歯医者へ行くにも一緒だったという。
死の数週間前、ビルはついにベッドから出ることができなくなってしまった。そこで姪のパットは、ビルとナンシーのベッドを隣同士にぴったりとくっつけた。
「それから人生最後の数週間、2人は手を握り合っていました」
詳細↓
yahoo

服用してみる

「日本の司法はおかしい」豪男性が釈放【我が子に会いたい一心で不法侵入】

0 (1)



no title
0 (3)

服用してみる

「子象を守る母親象が結構性格悪い・・・」【映像】

maxresdefault

・撮影された場所はカリフォルニア州のサンディエゴ・ズー・サファリ・パーク
・自分の子に近づこうとする他の子象の間に割って入り、更に前足で払いのけた。
・押された子象は、勢い余ってそのまま転倒・・・。

動画 elephant kicks over calf after too close to its own baby

服用してみる

「良かったねMasako!♡」【天皇皇后両陛下、英国ご訪問決定】

_w850

両陛下、春に国賓で英国へ 即位後初の外国訪問
天皇、皇后両陛下が英エリザベス女王の招待を受け、今年4~6月ごろに国賓として英国を訪問される方向で調整が進んでいることが14日、分かった。
天皇、皇后の英国訪問は、エリザベス女王の即位60周年祝賀行事出席のため上皇ご夫妻が訪れた2012年以来。
菅義偉官房長官は記者会見で「わが国と英国は長きにわたり友好関係を進展させてきており、わが国皇室と英国王室の交流は両国の友好関係に重要な役割を果たしてきている」と述べた。
日本の皇室と英王室の関係は深く、昭和天皇が1971年に、上皇さまが98年に国賓として訪問。女王は75年に国賓として来日している。
詳細↓
yahoo




服用してみる

ゴーン「私の凄い逃亡劇が映画化。みんなも観てくれよな^^!v」

23394336-7886913-image-a-10_1579026162363

ゴーン被告、“逃亡劇”のハリウッド映画化に前向き
日産前会長のカルロス・ゴーン被告は、自身の逃亡劇をハリウッド映画にする提案があったことを認め、前向きな姿勢を示しました。

「(Q.ハリウッドからアプローチはあった?)ええ。(Q.実現しそうなんですか?)当然でしょう」(ゴーン被告)

ゴーン被告は妻のキャロル容疑者と再会した時について問われると、アメリカ人がトルコの刑務所から脱獄する映画を引き合いに、「まるで映画“ミッドナイト・エクスプレス”のようだと感じた」とも述べました。
今後については、アメリカのハーバード法科大学院や投資家のイベントなど多くの講演依頼が来ているとした一方で、何か固定された役職に就くことは考えにくく、あったとしても投資分野になるだろうとの見通しを語りました。
詳細↓
yahoo

服用してみる
RSS
RSS
ちょっと一息/連載4コマ
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ