• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「圧巻・・・」新燃岳の噴火映像【海外反応】

1058149377
sputniknews

<新燃岳噴火>風評被害を懸念 街を覆う降灰再び 観光関係者、行楽シーズン重なり
霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)が噴火し、噴火警戒レベルが3(入山規制)に引き上げられた11日、東側の宮崎県高原町では道路や車に火山灰が降り積もった。町は住民への注意喚起や被害調査に追われ、観光関係者は秋の行楽シーズンに噴火が重なった影響を懸念した。
新燃岳から約8キロの場所で農産物直売所を営む黒木親幸さん(69)は噴火前、外で硫黄のにおいがするのに気付いた。すぐに噴煙が上がり、灰が降り始めた。
6年前の噴火で町は広い範囲に避難勧告を出し、店は15日間休業した。この日は客足が鈍く「長引くのが心配」と表情を曇らせた。
続く↓
yahoo

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると、元サイトへ飛ぶので注意】


服用してみる

【次は?】ユネスコ:米に続きイスラエルも脱退へ【海外反応】

wire-1520189-1507816183-514_634x422

イスラエルもユネスコ脱退へ=米国に追随
イスラエルのネタニヤフ首相は12日声明を出し、米国の国連教育科学文化機関(ユネスコ)脱退発表を「勇気ある道徳的な決定」だと歓迎し、イスラエルもユネスコから脱退するよう外務省に指示したことを明らかにした。
首相は「ユネスコは不条理劇になった」と批判。ユネスコは2016年10月、アラブ諸国の主張に沿う形で聖地エルサレムの保護に関する決議を採択。今年7月には、ヨルダン川西岸にあるパレスチナ自治区ヘブロン旧市街を世界遺産に登録することを決定し、イスラエル側は、イスラム教とユダヤ教の共通の聖地を擁する場所でありながら、ユダヤ教との関わりが考慮されていないとして強く反発した。
続く↓
yahoo

服用してみる

韓国「中・韓・日・台・香港・マカオによる東アジア連合の結成はいつですか^^?」【海外反応】

Q1oBRfH

服用してみる

「米はずっと日本を縛って来たのに、今は『軍を持て』←矛盾してね?」【海外反応】

f8bc126e48311726657802

服用してみる

【中国】急ブレーキ→荷台の鉄柱が運転席を直撃の恐怖」【海外反応】

TB2ZMAbiFXXXXbiXpXXXXXXXXXX_!!2058852946

服用してみる

「東京に女性の太腿をテーマにしたカフェがオープン♡」【海外反応】

2_33019

フェチ過ぎるカフェ爆誕 
店内もフードもグッズも女性のふとももだらけの「ふともも写真の世界カフェ」期間限定オープン

女性の美しいふとももをテーマにした「ふともも写真の世界カフェ TOKYO」が期間限定オープンします。きれいな足に囲まれて、めっちゃフェチな一時が過ごせそう。
「ふともも写真の世界カフェ TOKYO」は、写真家・ゆりあさんによる女性のふとももに特化した個展「ふともも写真の世界展」をモチーフにした店舗。店内には同氏の過去作品に加え、グアムで撮影された撮り下ろし作品が展示され、カフェ全体がふとももだらけの空間になっているとのこと。
続く↓
yahoo

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると、元サイトへ飛ぶので注意】


【妖怪】reddit「足洗邸って知ってるか?」【日本の民話】
足に出来たアザがキリスト過ぎるwww。

服用してみる

「日本では古来から、陶磁器の修復までもがアートだった♡」【海外反応】

3ca88f61befdd8f744f98522b6dfee03--kintsugi-japanese-pottery
pinterest

金継ぎ
割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法。金繕い(きんつくろい)とも言う。
破損部を漆で修復した痕跡は縄文土器にもみられる。室町時代以降、蒔絵など漆を使う工芸技術と、修理した器もありのまま受け入れる茶道精神の普及により、金継ぎに芸術的な価値が見いだされるようになった。本阿弥光悦作の赤楽茶碗(銘「雪峰」)のように、文化財に指定されたり、骨董として珍重されたりする金継ぎ陶磁器もある。現代においても、愛用の器を修理して長く使い続けたり、金継ぎの過程や跡をアートとして楽しんだりするために、金継ぎの請負業者や教室が存在している。
wikipedia

服用してみる

【映像】「泥酔男の黒人差別が酷い」←「だからって何しても良いのか#」【海外反応】

服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ