• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

博物館「アンネの日記には下ネタがあった!!」【海外反応】

AnneFrankChildhood

アンネの日記に「下品なジョーク」 紙で隠した2ページ初公開
第2次世界大戦中にナチス・ドイツの強制収容所で死亡したユダヤ人少女、アンネ・フランクの日記のうち、茶色い紙で隠されていた2ページ分の内容が研究者らによって初めて明らかにされた。性にまつわる「下品なジョーク」が書かれており、当時10代前半のアンネが持っていた性への関心が示されていた。
オランダ・アムステルダムにある博物館「アンネ・フランクの家」のロナルド・レオポルド館長は「アンネ・フランクは性的な関心について無邪気に書いていた。他の思春期の若者と同じく彼女もこの問題に関心を持っていた」と述べている。
アンネの最初の日記帳の中では2ページが茶色い紙で隠されていたが、デジタル画像処理技術でその内容が明らかになった。
同博物館によるとアンネは1942年9月28日の日記に「だめになったこのページに『下品なジョーク』を書きます」として、性的なジョーク4つと、性教育と売×について33行の文を書いていた。ユダヤ人で当時13歳だったアンネは家族と共にアムステルダムで2か月にわたってナチスから身を隠していた。
アンネがこの2ページを茶色い紙で隠した理由は分かっていないが、日記の中でアンネは日記が他人から読まれるのではないかという心配を何度か書いていた。
続く↓
dailymail

服用してみる

「中国人による反日の書き込みって凄いけど・・・」【海外反応】

1470215366_00s

服用してみる

母親が自撮り中、手を滑らせ赤ちゃんが落下死←「母親は悪くない」

the-hub-mall
tripadvisor

エスカレーターで母親の腕から滑り落ちた女児、3階下へ転落死(印)
インドから悲劇のニュースが飛び込んできた。ショッピングセンターでエスカレーターに乗った母親がバランスを崩し、腕に抱いていた女児が滑り落ち階下へ転落、女児は体を床に激しく打ち付けて死亡したという。『Metro』『news.com.au』などが伝えている。
インドのラージャスターン州ガンガナガルにあるショッピングセンター「CGR Mall」内の監視カメラが悲劇の瞬間を捉えた。生後10か月の女児が、エスカレーターから3階下のフロアへと転落したのである。
監視カメラの映像には、母親と父親が上りエスカレーターに乗り込む直前、幸せそうに自撮りをしている様子が見られる。目撃者の話によると、夫はエスカレーター上でも家族で自撮りをしようと試みたようだ。しかし母親がバランスを崩した瞬間、女児が母親の腕から離れエスカレーターの手すりの外側に転落してしまったのだ。一瞬とも言える事故に両親は取り乱し、エスカレーターを逆走してフロアに戻り階下の女児を躍起になって探す姿や、エスカレーターとの隙間から階下を見下ろし叫ぶ母親に、何事かと周りの客らも騒然とする様子が監視カメラに捉えられていた。
現場に急行した救急隊員らが女児を病院へ搬送するも、全身を強く打っていたため病院先で死亡が確認された。警察は「今回の件は事故であることが明らかになっており、その子の家族は法的措置を取ることを拒否している」と述べている。
女児の両親は、事故が起こったショッピングセンターの近くにあるクリニックに定期的に女児を連れてきており、この日も受診の後にショッピングセンターへ立ち寄ったとされている。
続く↓
techinsight

【閲覧注意】
Toddler Slips Out Of Mum's Arms And Plunges Three Floors Off Escalator To Her Death

服用してみる

北朝鮮「脅して来るトランプとは会わない」 海外「会うよ、Kimは」

f-nkthreat-a-20180517-870x453
japantimes

北朝鮮、米朝首脳会談取りやめ示唆=南北閣僚級会談を急きょ中止
北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、米韓空軍が開始した航空戦闘訓練「マックスサンダー」を強く非難、16日に予定していた韓国との閣僚級会談を中止せざるを得なくなったと伝えた。
また、6月12日の米朝首脳会談についても、取りやめを示唆した。これに対し、米政府は会談の準備を続ける姿勢を示している。
同通信は、米韓訓練について「(北朝鮮への)空中からの先制打撃(攻撃)と制空権掌握を目的としている」と批判、南北首脳会談で署名された「板門店宣言」に対する「露骨な挑戦」で「意図的な軍事的挑発」だと反発した。
その上で「米国と南朝鮮(韓国)が北南関係の改善と朝米対話局面が戦争演習の免罪符になると考えるなら、それより大きな誤算はない」と主張。さらに「米国も朝米首脳対面(会談)の運命について熟考しなければならない」と警告した。
詳細↓
yahoo

服用してみる

韓国人「母国にあるマックのメニューを見せ合うスレ」【海外反応】

服用してみる

「日本の列車が25秒早く出発した事をお詫び」【海外反応】

4C3BCCDA00000578-5728027-image-a-15_1526323744690

新快速、早すぎて乗れなかった 定刻より25秒早く出発
JR西日本は11日、琵琶湖線の能登川駅(滋賀県東近江市)で、同日午前7時12分発の西明石行き新快速電車(12両)が25秒早く発車したと発表した。数人が乗れなかったという。
JR西によると、車掌は、発車の定刻を同11分と勘違いしてドアを閉めた後、1分早いと気づいたが、ホームに客の姿が見えないのを確認して出発したと説明したという。しかし実際はホームに客数人が取り残され、「定刻より早く出発した」と男性客1人から連絡を受けた駅員が謝罪したという。JR西は「お客様に大変迷惑をかけた。基本動作を徹底し、再発防止に努める」としている。
yahoo

服用してみる

Gap、中国地図をあしらった衣類で台湾とチベットを省略→謝罪・回収【海外反応】

4C3EBE0B00000578-5729169-image-m-37_1526343781319

米ギャップ、中国の「不正確な地図」印刷したTシャツ販売で謝罪
 米アパレル小売り大手ギャップ(GPS.N)は14日、中国についての正確ではない地図を印刷したTシャツを販売したことについて謝罪するとともに、今後は再発防止のため「厳格な検査」を行うと表明した。
問題となったTシャツでは、地図で南チベットや台湾、南シナ海など中国の領土・領海が省略されているという。カナダの店舗で撮影されたという写真が中国のソーシャルメディア、微博(ウェイボ)に投稿された。
ギャップは14日夜、微博に投稿した声明に「ギャップ社は中国の主権と領土保全を尊重しています。このたび一部の外国市場で販売されたギャップブランドのTシャツが中国の正確な地図を反映していなかったことが発覚しました。この意図的ではない間違いについて当社は心からお詫びします」と記した。
の上で同社は、問題となった商品は中国市場から回収され廃棄されたと付け加えた。
msn

服用してみる

「このロボット、そのうち人間を殺し始めるだろ・・・」【海外反応】

screen-shot-2017-11-15-at-3-21-11-pm

あのボストン・ダイナミクスの“ロボット犬”、来年の発売に向けた進化の裏側
ボストン・ダイナミクスの四足歩行ロボット「SpotMini(スポットミニ)」が2019年に発売されることが明らかになった。これまでにも犬のように歩き回ったり、ドアを開けたりする動画が話題になってきたこのロボット。今回は発売に向け、いかなる進化を遂げたのか。動画とともに解説しよう。
続く↓
wired

服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ