• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

【大統領選】トランプ「露のサイバー攻撃?あったと思うよ」【海外反応】

no title

トランプ氏、ロシアのサイバー攻撃認める 当選後初会見
トランプ次期米大統領は11日(日本時間12日)、ニューヨークで、大統領選後初となる記者会見を開いた。ロシアが米大統領選にサイバー攻撃で介入したとされる問題について「ロシアがやったと思う」とロシアの関与を認めた。
会見では、ロシアがプーチン大統領の指示で、米大統領選にサイバー攻撃を仕掛けたと米国家情報長官室が結論づけた問題について「他の国にも攻撃されたと思う」としながらもロシアの関与を認めた。
米メディアによると、米情報機関は、ロシアがトランプ氏に関しても不名誉な情報を持っている可能性をトランプ氏に伝えているという。トランプ氏は「米情報機関が流したかもしれない」と批判した。「虚偽ニュース」と断じ、「(情報のような)事実は起きていない」と述べた。トランプ氏は11日、「ロシアが、私に対する影響力を行使しようとしたことは一度もない。私はロシアとは関係ない。取引もなく、融資もなく、何もない!」とツイートした。
詳細↓
yahoo

トランプ「我が社にいるブスは、片っ端から解雇しろ」
服用してみる

「欧米が日本やアジアに知性で勝つ事は可能だと思う?」【海外反応】

服用してみる

【マップ】「日本は欧州から侵略されなかった6ヶ国の一つ」【海外反応】

服用してみる

「ロシア偉い・・・」 プーチン「次世代の国民にはタバコ買わせない」【海外反応】

no title
azattyq

次世代へのたばこ販売禁止 ロシアで提案、2015年以降出生の全国民に
9日付のロシア紙イズベスチヤは、2015年以降に出生したロシア国民について、成人になった後もたばこを買えないようにする販売禁止措置を保健省が関係省庁に提案したと報じた。
主要国で異例となる成人へのたばこ販売禁止措置が実現すれば、禁煙化がさらに加速し、ロシア市場でビジネスを積極展開する日本たばこ産業(JT)にも影響が出そうだ。ただ、ロシアの成人年齢は18歳のため、販売禁止措置の導入は33年となる見込みだ。
ロシアはかつて喫煙大国だったが、プーチン政権は健康被害を問題視し、2008年に世界保健機関(WHO)による「たばこ規制枠組み条約」に加盟して対策を本格化。毎年、課税強化でたばこを値上げし、ホテルや飲食店での喫煙も全面的に禁じている。
同紙によると、ロシアの成人喫煙率は09年に39%だったが、16年は33%にまで減少したという。
sankei

【閲覧注意】「タバコの箱に描かれてある警告表示を見せて」
「ウチのタバコ警告表示が強烈なんだけど・・・」
【世界各地】500円で買える食品量の差をざっと見てみよう
「みんな、日本の朝食は素晴らしいよ!」
服用してみる

【映像】英紙「日本で、猿が鹿に欲情」【海外反応】

no title

シカと交尾試みるサル、屋久島で「極めて珍しい」事例を確認
鹿児島県屋久島で、雄のサルが雌のシカと交尾を試みるという「極めて珍しい」場面を撮影したとする論文が10日、学術誌プリマーテスに発表された。
異種間交尾はごくまれな現象で、研究チームによると報告例は今回がわずか2件目。ただ、主に飼育されたり捕獲されたりした動物間で例外的に確認されることはあるという。
研究チームは、1匹の若いニホンザルが、自分よりもずっと大きな雌シカ少なくとも2頭の背中に乗っている様子を撮影した。
フランスのストラスブール大学のマリー・プレ氏はAFPに対し、「曖昧さは一切なく、明らかに性行為だ」と指摘している。
さらにこのサルは、まるで自分の雌ジカを「守る」ように他の雄ザルを追い払う様子も見せたという。
研究チームはこの行動について、雌をめぐる争いが激しい群れでの「交尾相手の不足」と、繁殖期に伴うホルモン量の増加が要因となったと分析している。



論文によると、異種間交尾についての初の科学論文は2014年のもので、南極でペンギンとの交尾を試みたオットセイの事例が報告され、大きな注目を集めた。
afpbb



【モオォーーーッ廿TT~】トラック横転→積荷の牛達、放り出される。
【画伯】プーチン「ネコはこう描けよ?」→中学生「はははwww((((;゜Д゜)))」
【帰国】日本「おいアメリカ、佳子さまを太らせただろ」

服用してみる

「その国の『世界一』を示した地図がコレ」【海外反応】

服用してみる

「元ミスニュージーランドのアタシが、大量の日本食にチャレンジしたわよ♡」【海外反応】

no title
enfemenino

ニュージーランド人モデルで大食いyoutuberのNela Zisser が直近にチャレンジしたのは日本食。
彼女は今週、テレビ収録のために日本を訪れていた。
服用してみる

トランプ、政権幹部に娘婿を起用【海外反応】

no title

トランプ氏、娘婿クシュナー氏を上級顧問に起用
ドナルド・トランプ次期米大統領は9日、長女イヴァンカさんの夫で不動産・出版事業を手掛けるジャレッド・クシュナー氏(35)を自身の上級顧問に起用すると発表した。
トランプ氏は声明で、「ジャレッドは選挙戦と政権移行チームにおいて計り知れないほど貴重な人材であり、私の政権の幹部として迎えることを誇りに思う」と述べた。10日に36歳になるクシュナー氏は、トランプ政権の最も若い幹部になる。
昨年の選挙戦で、ほぼ裏方に徹しつつも大きな影響力を及ぼしたクシュナー氏は、トランプ陣営を勝利に導いた人物とされる。ただクシュナー氏の新職就任には、法律上の問題が障害となる可能性がある。
米国では、ジョン・F・ケネディ元大統領が在任中に弟を司法長官に任命したことに批判が集まり、反縁故法が成立。同法の下では、大統領が親族を要職に起用することは禁止されている。
しかしトランプ氏の顧問らは先に、閣僚ではなく大統領府職員という形であれば、そこまで厳密な縛りはなくなるという見方を示していた。
yahoo

トランプ「オバマは訪日の際、不意打ちの真珠湾について話したか?」
トランプ、確定申告公開要求に「イヤだ」
トランプ「日本と韓国は核武装しても良いよ」
服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ