Simo Hayha - The White Death


badass-simo1



Kamon2011
第二次世界大戦時、歴史上最大の射殺数(505人)を誇ったスナイパー(狙撃手)。
「白い死神」って呼ばれていたフィンランド人。

シモ・ヘイヘ

1905年12月17日 - 2002年4月1日)は、フィンランドの軍人。フィンランドとソビエト連邦の間で起こった冬戦争では、ソビエト赤軍から“白い死神”と呼ばれ恐れられた。スナイパーとして史上最多の確認戦果505名射殺の記録を残している。


 軍人になる前は猟師農民として働いていた。伝えられるところによると、彼の家には自らの射撃の腕前によって得た多くのトロフィーが飾られていたという。


 平均気温-20℃から-40℃という酷寒の中で、純白のギリースーツに身を包んで狙撃を行い、その活躍によって赤軍兵士から“白い死神”や“災いなす者”などとあだ名された。


Simo_Hayha

 狙撃において、フィンランドが独立後、旧宗主国のロシア帝国が開発したモシン・ナガンM1891を土台に改良したモシン・ナガンM28を使用していた。身長約152cmと小柄であったが、120cm以上あるこの銃を手足のように自由に扱ったと言われる。モシン・ナガンには3.5倍から4倍の倍率を持ったスコープが装着できたが、これを使用せず、銃身に付いた鉄製の照星と照門のみで狙撃を行った。これは、猟師時代からの射撃姿勢への慣れと装備の軽量化に加え、スコープのレンズによる光の反射で自らの位置を悟られるのを嫌ったことによる。


 ヘイヘの狙撃は連続的な射撃と精度を両立していたとされる。狙撃訓練課程では150mの距離から1分間に16発の射的に成功したという逸話が残され、実戦でも300m以内ならほぼ確実に目標の頭部を狙撃したと言われている。


 公式確認戦果である505人は世界最多記録として知られるが、このなかには狙撃銃以外の火器による殺害数は含まれていない。サブマシンガンの名手でもあり、“殺戮の丘”の戦闘ではKP31サブマシンガンを用いて、記録では200人以上、非公式なものを含めれば狙撃で殺害した505人よりも多くの敵兵士を倒したと言われている。これらの記録は戦争開始から負傷するまでの約100日間のうちに残されており、1939年のクリスマス直前の12月21日だけでも25人の赤軍兵士を殺害し、クリスマスの夜には通算殺害数が138人に達していたという。


 重大な脅威であるヘイヘを排除するべく、赤軍は大砲による攻撃やカウンタースナイパーの配置などの対策を講じた。
シモ・ヘイヘ



Kamon2011

ロシア人が大量に殺害されてから、ヤツを殺す専用のプロのスナイパーを送り込んだのに、彼の手によって全滅させられてしまったんだよね。さらに専用の大砲も配備したが、結局彼は生き残った・・・。やがて流れ弾を顔に受けたんだがそれでも生き残った。後スコープ無しでやり通したってのも特筆もの。

220px-Simo_hayha_second_lieutenant_1940



metalmusicatheism
流れ弾で?
銃の暴発で顔半分失ったんだと思ってたわ。



Ze_Carioca
使ってたモシン・ナガンってスゴイ銃だったんだよな。
今では沢山の弾薬付きのが$100以下で入手出来るし売れ行きも良い。



Memoren
厳密に言うと、第二次大戦じゃなくて冬戦争なんだよな。



>>Memoren
ToTheBlack
厳密に言うんだったら、第二次大戦の定義に拠るから。
対戦に参加していた二カ国の騒乱の中で起きた戦いなんだから、第二次大戦って言っても構わないんだよ。



Kozbot
この人物を描いた映画があったって良いもんだがな。



LoyalTillTheEnd
恐るべしフィンランド。

【冬戦争においてのフィンランドとロシアの軍事力及びダメージ数比較】
fdccax



ConkerBirdy
フィンランド人は戦いになると狂気になる。



Legionaairre
「スウェーデンに憧れてます」みたいなフィンランドの地形がキライ。

名称未設定 1



>>Legionaairre
KOPFJE
フィンランドに対して最大の侮辱を言ってしまったな。



vanilsa
実は二番目だったって聞いたことがあるんだが、一番目は誰だか知ってるか?



>>vanilsa
4VaginasInMyMouth
505人が二番目だって?
有り得ねえだろ。



>>vanilsa
名無し。
ないない。
絶対に一位。
確認されてるだけでも700名だぞ。
こう言う議論の問題点って、その数を確かめられないって部分なんだがな。

彼に続くのは第一次大戦時のカナダ人、フランシス・ペガァマガボウで378名、次が第二次大戦時のソビエト人、リュドミラ・パヴリチェンコ(女性)で309名。



Orcatype
第一次大戦でも他にいるんじゃないの?
第一次大戦の生存者達のインタビューが入ったDVD見た事あってさ、その中の1人が「ドイツ人を何人殺したかわからねえ、でも3桁は行ってたな」だって。そんなに有名な戦士ってワケじゃなくて、110歳位まで生きたって事で名が売れてたんだ。



>>Orcatype
CallowMethuselah
新種のチャック・ノリス系ジョークかよ。



apullin
Juicy_Fart
akhiker
heyway
BalboaBaggins

redditでの

シモ・ヘイヘ人気は異常。




D3m0nk1d
子供の頃からの自分にとってのヒーロー。
沢山の書籍も読み漁った。
怪物だったんだよ。



BenDown
マジでスゴイ人物。
フィンランド人として誇りに思ってる。



RossRau5
中三の時に「白い悪魔」でレポート書いてA評価もらったし。



SeanRP
初めて買ったライフルがモシン・ナガンなのは、彼が使ってた事も理由の一つ。
気に入ってるぜ。



Kifufuufun
最長距離450mってどんだけー。



MusicMagi
殺人はイクナイ・・・。



RadioactiveClownsSux
要は殺し屋だったって事な?



hwytothedangerzone
晩年の彼。

【画像リンク 2002年サイン会】
名称未設定 1



Morbanth
ジャーナリストによるインタビュー(96歳の誕生日)。
「なぜそんなに射撃が上手かったのか」

「訓練だね」

「仕留めた時の気分は?」

「恐怖だよ」




toxicomano
皆は「700人の命を奪った事がスゴイ」って言うけど、自分は一個人が「自国よりはるかに強大な国」を恐怖に陥れたって所の方に感銘を受けるなあ。そして相手が総出で彼の命を付け狙っていたのにも拘らず生き延びた・・・。有り得ない話だよ。戦争は恐ろしい。でも特定の人の際立った成績ってのは魅力的だし感心させられるよね。

badass-simo2



Imperialistic-Wolf
友達が「すんごいヤツで、メタルバンドも彼を題材にして曲作ってるんだぜ」だって。
写真の数々が興味深いよ。






TIL During WWII a Finnish sniper killed over 500 Soviet soldiers in under 100 days, survived a head shot and is the quickest to gain the rank of Second Lieutenant in Finish history. He died at the age of 96.

TIL there was a Finnish sniper called "The White Death" in WWII who has the largest confirmed kill count in history.




Simo Hayha - The White Death