134016480229213211530_torima_20120612033850

心斎橋通り魔 遺族「死刑以外ない」 事件から3年…判決ようやく
白昼の繁華街で、通行人の男女2人が無差別に殺害された大阪・心斎橋通り魔事件から3年。殺人罪などに問われた無職、礒飛京三被告(40)に対し、大阪地裁は26日、死刑を言い渡した。被害者の遺族が求め続けた極刑の結論。後回しにされた主文が法廷に響くと、犠牲となった音楽プロデューサー、南野信吾さん=当時(42)=の父、浩二さん(71)は静かに両手で顔を覆った。浩二さんは被害者参加制度を利用し、初公判から傍聴を続けた。「今ここにいることがつらく苦しい」と葛藤を抱えながらも、「どういう気持ちで私の大事な息子を殺したのか知りたい」と、意見陳述や被告人質問にも臨んだ。バンド活動に青春をささげ、メジャーデビューも果たした自慢の息子。3人の娘に恵まれた幸せな生活を、礒飛被告に唐突に断ち切られた。遺体の首や腹には14カ所もの刺し傷があった。「人をなぜ殺すの。なぜ普通に慎ましやかに暮らせないの」と涙ながらに礒飛被告に向かって叫び、「死刑以外に考えられない。それが人としての責任の取り方だ」と訴えた。

もう一人の犠牲者、飲食店経営の佐々木トシさん=同(66)=の長男(45)も「最後の親孝行」として公判を傍聴した。両親の離婚を機に3歳で父方の祖母に引き取られ、佐々木さんとは長く連絡を取ることができなかった。だが約10年前から交流が始まり、「本当の親子になっていこう」と、失われた母子の時間を懸命に埋めていたところだった。意見陳述では「理不尽な犯行でかけがえのない母を失った。死刑でなければこの世に正義はない」と声を震わせた。長男は閉廷後、「何の落ち度もない2人を何回も刺して殺害した。死刑は当然だ」とのコメントを発表した。ただ、「それでも母は生き返らない。遺族はその現実と向き合いながら生きていかなければならず、静かに見守ってほしい」と改めて無念さをにじませた。
yahoo

【死刑執行】政権交代後6人目。海外「グッジョブ!」「反対派の気持ちが理解出来ない」
【日本】死刑囚2人の刑執行。「抑止力にはならない」「民意が第一」「Asaharaは?」
「死刑についてはどう思ってる?」
【閲覧注意】「メアリー・ベルっていう当時10歳の少女の話を知ってるか?」
ドイツ「ここは、日本を愛する俺のスレ」
【死刑囚】薬物注射で死刑失敗→意識回復後に死亡。海外「ざまあ」
【麻薬密輸容疑】桜木市議泣きながら「だまされた」【中国・法廷】

CrazyJoe ↑1
Good!



jcapan
 ↑2
自分の命を絶つことが出来なかった弱虫に対して最高のご褒美



Yubaru ↑2
政府が手伝う形の自殺だね!



khulifi ↑1
さっさと処刑しろ
二度と同じ事をさせないためにも



Speed ↑5
無期懲役にするべき
自分が犯してしまった殺傷事件を常に思い出させながら生かしておくべきなんだ

【日本】2名の死刑を執行【海外反応】
【死刑執行】政権交代後6人目。



>>Speed 
Moonraker ↑2
それこそ犯罪と同じレベルの過ちだ
別に事の男は、死刑判決を受けた初めての人間という事ではない
これからもこんな人間は出て来るよ
我々はこの現実を、「国家から許可された復讐」として受け入れるべき
なにしろ、公共の大部分が望んでいる事なんだから



sandhonour ↑1
無作為に罪のない他人を殺すなんて・・・
どれだけ臆病な輩なんだよ
弱虫らしい最期がお似合いだ



Kuribo1 ↑3
常日頃から話題に上ってる、頭のイカレタの怪物みたいな未成年たちにも、同様の処置が下される事を願います!

「人が死ぬのを見てみたかった・・・」

軽い刑だけで後は見逃すとかじゃなくてさ#



Moonraker ↓2
死刑は殺人事件を助長します



stormcrow ↑1
人生に疲れたって理由でさ、なんで自殺じゃなくて他人に手を出すんだろうかね・・・?



cevin7 ↑1
>>「死刑判決を下されるほどの犯罪を犯す・・・自分にはその神経が心底理解できない」

こういう事を言う人がいるよね
自分が考えるに、こうした輩は目の前の現実から逃避したいだけなんだと思う
おそらく、「刑務所での生活の方が、今よりもマシだろう・・・」って考えての犯罪なんだと思うよ

英「死刑制度がある国は素晴らしい!」6歳少女、連れ去られる最後の姿・・・
【10歳児】「まだ寝たくない」→警察に通報=^^=。 海外「ドコが可愛い話か」
「世界各国の刑務所事情ってどんなんだ?」
【閲覧注意】死刑判決の瞬間に取り乱し、法廷で暴れる黒人男性に海外「いい気味」
【閲覧注意】刑務所でナースやってるけど質問ある?
 【英・4歳男児虐待死】最期の姿:それでも坊やはママを追った。


japantoday