3FA4C3E700000578-4450062-image-a-41_1493260292900

世界初「すべて無料」のスーパー 値札なし、レジもなし
オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーができた。賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を、大手スーパーなどから譲り受けて提供する。まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。
シドニー南部の「オズハーベストマーケット」。約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。
運営するのは、2004年以来、オーストラリア各地で支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」。ロニ・カーン最高経営責任者が「これを見て下さい」と見せたのは賞味期限まで4日あるヨーグルトだ。大手スーパーではもう売れず、引き取った。こんな食品ロスの問題について「理解を深めてほしい」と言う。客にはスタッフが個別に付いて、説明をしながら選んでもらう。小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーはデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。
開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。客には代わりに寄付をお願いしている。4月の開店から5週間で2万豪ドル(約170万円)が集まった。寄付は団体の食事提供事業の費用にあてられる。客のジェニー・モーガンさん(42)は野菜やビスケットを手に「十分食べられる。困った人たちの手助けもしたい」と話した。
無料でも運営できるのには理由がある。約10人のスタッフはボランティアで、家賃や光熱費は趣旨に賛同したビルのオーナーの厚意で無料。こんな条件が満たされれば、別の場所でも展開したいという。
yahoo

tangerinedream アメリカ ↑20 ↓0
これは素敵な試みでしょう
世界でどれほどの量が廃棄されているか
こうした運動が進んで行けば、飢えに苦しむ人々が少なくなっていく



Malaya フランス ↑3 ↓28
貧しい人々だって、ブタのエサみたいなのは嫌がるだろ!



>>Malaya 
Peace n Love サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島 ↑7 ↓0
あなたは飢えに苦しんだ経験がありますか?
無いでしょうね・・・
実際に経験した事の無いモノについて、無知なコメントは控えてくださいね
例え粗末な食材だとしても、それを有難がる人々はいるんだから



nellakam スペイン ↑22 ↓0
他人が食べ残しを他のお客さんに出すのは、中東や北アフリカでは当たり前のように行われてるよ
実際に自分も、エジプトやチュニジアで目にして来た
高級料理店もやってる



>>nellakam 
good guy アメリカ ↑4 ↓0
だよね
自分もフードサービスのコンサルやってるんだけど、いろんな場所でやって来てる事
安価にすれば結構売れるんだ



chanechane オーストラリア ↑1 ↓0
利用してみたいけど、さすがに他人が食べ残したのはちょっと・・・><;
ツバキとか・・・
病気移されるかも知れないし・・・



ALEXIS アメリカ ↑19 ↓0
>>他人が食べ残した物

これは記事タイトルのミスリード
出すのは残飯じゃないよ
期限切れの商品とかだ



>>ALEXIS 
trojan オーストラリア ↑12 ↓1
コレ
ちゃんと調べないデイリーメールの事だから仕方ないけど



MtLoftyGuy オーストラリア ↑20 ↓4
自分も一度利用させてほしい・・・

dailymail