20180303-00010003-norimono-000-4-view

海自「いずも」空母化するには? ヘリ護衛艦、どんな改修が必要になるのか
2018年3月2日(金)の参院予算委員会で、安倍晋三首相は海上自衛隊に所属する護衛艦「いずも」の空母化検討を示唆しました。また、小野寺五典防衛相は、F-35Bが「いずも」での運用が可能かどうかを調査していることを明らかにしました。
「いずも」は、平成22年度計画におけるいずも型護衛艦の1番艦として2012(平成24)年1月に起工され、2015年3月に就役したヘリコプター搭載護衛艦で、母港は神奈川県の横須賀基地です。「いずも」のベースとなった同じヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」型に比べて、空母を意識した設計となっています。
F-35Bは短距離で離陸と垂直着陸が可能なSTOVL機で、アメリカ海兵隊の強襲揚陸艦に搭載して運用されており、各国の空母にも搭載されると見られています。
甲板は「オスプレイ」の着艦に対応するため、エンジンの排熱に耐えられる耐熱素材となっていますが、F-35Bを運用するとなると耐熱用の改修は必要になるかもしれません。
詳細↓
yahoo

pangas ↑2 ↓1
新型F-35の運用なんて容易でしょ
デッキに修正を加えるだけだもん



maybeperhapsyes ↑2 ↓1
元から空母としてのキャパを有してる艦だし
日本だってバカじゃない
我々は解ってるよ



MaximumMan ↑0 ↓0
これが当初からのプランだったのは誰もが知ってる事・・・
むしろなんでヘリ空母なんて作ったんだろうか?



Halwick ↑1 ↓0
Izuno型のヘリ空母は元から「将来的に空母へ改造できるように」と念頭に置いた設計がなされてたんだろうしね
ハンガーデッキ(格納、整備を行うエリア)やエレベーターもオスプレイとF-35を許容できるようになってる
デッキもF-35の排熱には耐えられるんだよ
唯一改修が必要なのは、F-35Bが発艦する為のスキーのジャンプ台の様なデッキだけだ
ただこれに関しては、日本の完全な武装化を認めていない憲法九条を修正して制限を取り払う事が必要となる
現状でその制限解除に対しては反発があるならば、この改修は実現しない
しかし北朝鮮が核弾頭を積んだミサイルを日本の領域に着弾したり、中国が尖閣諸島に上陸して軍事基地を建設したりするような事が起きれば、日本は憲法九条の制限を取り払って自衛以上の軍拡を進めなければいけなくなる



OssanAmerica ↑4 ↓1
仮に空母化転用の研究がなされていなかったとしたら、設計した人間は無能でクビになってるだろ
空母化と言うオプションは当然考慮に入れられてたに決まってる
これが日本政府流のやり方



dcog9065 ↑2 ↓0
Izunoが有る程度、その本来の役割を幾らか満たす事になりそうで良かった
外洋海軍用のれっきとした航空母艦を所有するのは、歴史と伝統を持つ日本にとっては何でもない事
過去にベストな軍用艦を建造・使用して来た実績があるのだから



xin xin ↑3 ↓0
そろそろ日本も自分達を自分自身で守る「普通の国家」になるべき時
北朝鮮や中国・・・
彼等の周囲には「良き」隣国がいる・・・

日本人、そして日本を愛する世界の人間達は、地政学的な現実に対して目を覚まさないとけない



Halwick ↑3 ↓0
どうやら「平和的で良識ある」中国も、原子力空母の建造の着手に動いているらしいしね・・・

China eyes building nuclear-powered aircraft carriers

China-Aircraft-Carrier-630x378



kibousha ↑1 ↓0
航空母艦を新たに建造するのではなく、今有る護衛艦を空母化か
こりゃ戦争も近いな・・・

japantoday