no title

2018年のハウス・オブ・ザ・イヤーの家とは?
「大阪の宮本にある家」と呼ばれる独創的なオープンコンセプトの家は、国際的な建築とデザインの雑誌Dezeenによって2018年のHouse of the Yearに選ばれました。
大阪にあるこの家は、神戸を拠点とするTato ArchitectsのYo Shimadaによって設計されました。彼は、インテリア全体を機能的なスペースと13の階層に分割された流れるような独創的な階段で区切ったレイアウトが特徴です。
家族は、家の中のどこにいようとも、お互いを感じられる距離感のある空間を望んでいました。また分離されたプライベートルームや収納ルームを望んでいませんでした。
十分な収納スペースを作りながら、家が1つの空間のように感じることを可能にするフォームを見つけるために、建築家は2階建ての建物と同等の天井の高さのデザインを提案しました。高さ700 mm(約27.5インチ)の高さで13の異なるフロアで接続されています。これにより、さまざまなレベルをテーブルや棚として使用することもできます。
詳細↓
realestate

20_House_in_Miyamoto_Plans-468x923

21_House_in_Miyamoto_Section_perspective





0 (3)
0 (7)
0 (1)
0 (2)
House-in-Miyamoto-Osaka-Tato-Architects-Via-ArchDaily-1024x683
0 (5)
0 (6)
0 (8)






Peachtree オーストラリア ↑582 ↓5
そこら中が落下して大怪我する場所だらけ



>>Peachtree 
welldam アメリカ ↑133 ↓3
ホントに・・・
まるで死のトラップって感じ
こんな家での子育てとかは考えられない



>>welldam 
x5 butterfly オーストラリア ↑90 ↓1
あー、この家での子育ては悪夢だわ><;



Dusted オーストラリア ↑23 ↓0
自分の場合は寝ぼけやすいからな・・・
入居してから数日のうちに落下して死ぬと思う



>>↑
Fatthinslim アメリカ ↑15 ↓0
みんなに同意
一見しただけで危険極まりない



Conrad アメリカ ↑75 ↓8
こんなの建築許可下りないだろ
手摺とかが足りてない時点でダメだ
日本のように厳格な建築基準法がある国なら猶更だ







RosemontSeneca アメリカ ↑443 ↓3
ダメダメ!
全ての点で間違ってる



Bellpig イギリス ↑424 ↓2
この家で酔っ払うの禁止



>>Bellpig 
Jim-bo イギリス ↑9 ↓78
べつにこの家に住む人が酔っ払うかどうかなんて解らんだろ
お前が酔っ払いなだけだ・・・
自分の基準や価値を他人に押し付けて批判すんな



Schmengler アメリカ ↑198 ↓0
ノーサンクス
エッシャーの失敗作みたいな家に住むのはムリ

0611escher1_666



>>Schmengler 
JGP10 アメリカ ↑33 ↓2
www



me アメリカ ↑140 ↓3
こんなもん、一度足を踏み外しただけで人生終了じゃん

>>家族は、家の中のどこにいようとも、お互いを感じられる距離感のある空間を望んでいました。

ファミリーフレンドリー?
違うでしょ



PaulaP アメリカ ↑118 ↓2
見てるだけで頭が痛くなって来る
一日に何回上り下りしなきゃならないの?
しかも各スペースが激せま・・・



Prof. Ding Dong イギリス ↑4 ↓50
アホっぽいデザインの家だな
きっとブレグジット支持派が住んでんだろ



stephenjjj2 アメリカ ↑14 ↓38
いや超絶に頭良いでしょこんな風に空間を創り出せるなんて



>>stephenjjj2 
me アメリカ ↑22 ↓1
芸術作品だとしたら高評価かもしれないね・・・
でもこんな家に実際住める?!



gazzab イギリス ↑9 ↓18
超可愛いじゃん♡



>>gazzab 
Stakes アメリカ ↑6 ↓17
だよね!
気に入った



>>↑
theIntelligentOne アメリカ ↑9 ↓17
同意



MELLOW イギリス ↑2 ↓12
冗談抜きで気に入ってしまった・・・
是非住みたい物件





dailymail