1

ティラノサウルスが甘がみ? 下あごは高感度センサー 福井県立大
福井県立大恐竜学研究所(同県永平寺町)は23日、白亜紀後期(約6800万~6600万年前)に栄えた肉食恐竜「ティラノサウルス」の下あごの化石を、世界で初めてコンピューター断層撮影(CT)で解析した結果、血管や神経管が非常に発達していたことを確認した、と発表した。下あごが人間の手のような「高感度の触覚センサー」として機能し、獲物を食べる際に骨をよけたり、子に「甘がみ」(優しくかむ行為)をしたりしていた可能性があるという。ティラノサウルスはどの恐竜よりも歯やあごの表面につながる血管や神経管が複雑に枝分かれしており、あご先に行くほど細かく発達していた。同じ場所に分布する神経も密度が高かったとみられ、高精度のセンサーのように発達していたと考察した。
グループの河部壮一郎准教授(比較解剖学)は「これまでティラノサウルスは何でもかみ砕いてしまうようなイメージだったが、エサが多い時は栄養のある部分の肉だけを食べていたり、卵のふ化を手伝ったりと繊細な一面もあったかもしれない。今後、新しい研究が進むきっかけにしたい」と話している。
詳細↓
no title


Wallys イギリス ↑25 ↓0
ティラノサウルスって、恐竜の中でも群を抜くレベルの殺戮マシンだったんだよね
あんなのは我々の地球上に何種類もウロついてたなんて凄い



Grant イギリス ↑16 ↓1
微笑んだり、キスも出来てたらしいぞ
単語の種類も80個
もしかしたら、会話や歌、口笛を吹いたりしながら、まるで人間のような振舞いをしていたかもなあ



>>Grant
Tuna Sandwich イギリス ↑16 ↓1
”幸せなら手をたたこう”を歌ったら手拍子したりしてw



random username22 イギリス ↑13 ↓46
恐竜に関する研究や調査の大部分はフェイクだから



>>random username22 
NewWave300 イギリス ↑21 ↓8
なに言ってんのお前www
UFOや心霊ならともかく、さすがに恐竜を否定する人ってあんまりいないわwww



Dee7773 イギリス ↑31 ↓2
自分が気になるのは、あの小さな前足…
あれはいったいどんな用途に使われていたのかなあ
小ささには絶対に意味があったハズなんだよ



>>Dee7773
Wallys イギリス ↑15 ↓3
鼻ホジ用だろ



>>Dee7773
Shirty56 イギリス ↑3 ↓1
相手に自分が弱そうに見せるため



>>Dee7773
Tuna Sandwich イギリス ↑8 ↓0
近くにいる獲物を効率的に引き裂くために小ぶりだった可能性



>>Tuna Sandwich
Realiist イギリス ↑5 ↓0
その可能性が高い
近接攻撃の場合は、短めの前足の方が相手に攻撃しやすい
短めな代わりに、筋肉が詰まってて鋭利な爪も生えてるというスグレモノ



>>Realiist
Global Ambassador イギリス ↑2 ↓0
人間の三倍の腕力を有していたって研究結果もある
かなり小ぶりだけど爪の長さは1m位あるからな
まあ、色々と有用な前足だったと思う



Nick イギリス ↑10 ↓0
大自然と歴史って面白過ぎ♡
あー、タイムマシンが欲しいよ
恐竜や生息している様子や、ピラミッドが建設されてる様子を間近で眺めてみたい…



The Ant Hill Mob イギリス ↑14 ↓0
以前、羽のないニワトリを飼ってたんだが、動きがまるでティラノサウルスだった