2_feature_1600x900_mercury

日欧共同の宇宙探査機が水星を初観測
2025年に2つの探査機を水星周回軌道上に乗せることを目的とした日欧共同の宇宙探査機が、太陽系内で最も太陽に近い惑星である水星に接近し、その姿を初めて捉えた。探査機は水星の重力を利用して減速しながらフライバイ。高度200km以下で水星を通過し撮影。画像には、水星の北半球と、特徴的な痘痕(あばた)状のクレーターが写っており、その中には幅166kmのレルモントフ・クレーターも含まれている。
詳細↓

_w850
no title


King Rollo イギリス ↑35 ↓7
JAXAとESAは人類の誇りだな
こんなに凄いことをやってのけてくれるんだから



>>King Rollo
Godsavethe... イギリス ↑48 ↓8
彼等、本当は木星まで行かせようとしてたんだよ
でも燃料が足りなかったの^^;



ZMan イギリス ↑31 ↓5
想像を絶するレベルの複雑で難しいミッションをサンクスJAXAとESA
今後10年で、水星という奇妙な惑星に関する知識が深められると思う
期待してます!



Doge To The Moon カナダ ↑24 ↓6
ひゃあああ、凄い



bodcbn イギリス ↑23 ↓3
うっとりする♡
出来ればもっと沢山の写真が見たいなー



MooPeppers イギリス ↑32 ↓5
確かに凄いけど、これって1975年のマリナー10号からやってることだぞ
何も変わってない



>>MooPeppers
WiltonJames イギリス ↑7 ↓5
でもお前は1975年以来、1mmも成長してないじゃん



>>MooPeppers
PTG イギリス ↑1 ↓0
×1975年
●1974年



jay_speaks イギリス ↑18 ↓0
たしかにNASAのマリナー10号は画期的で凄かった

1024px-Planet_Mercury_-_GPN-2000-000465

でも当時よりも技術の発展している現代なら、さらなる未知の探求が期待される



slightly unhinged イギリス ↑2 ↓47
水星に関するミッションはアメリカ
このミッションも実はアメリカ主導



>>slightly unhinged
thesigers.01 イギリス ↑31 ↓1
なんでそんなに愚かなのか…
これはれっきとした日本と欧州の共同ミッションだよ



Cooper6 イギリス ↑90 ↓6
しかし人類って、一体どこまで凄いことが出来ちゃうんだろうな
でも一方、地上の人間たちはどれだけ愚かな生活をしていることか…



>>Cooper6
Deep fried alien イギリス ↑35 ↓1
ホント、人類って極端だわ



>>Cooper6
joey イギリス ↑0 ↓8
宇宙探査も愚かで単なるお金の無駄遣いだと思うけど



SubconsciousMind アメリカ ↑8 ↓50
はいウソ!
なにものもヴァン・アレン帯を通過することは出来ません



>>SubconsciousMind
Completely Average アメリカ ↑19 ↓3
はいバカ



>>SubconsciousMind
Nobodys-Surprised イギリス ↑12 ↓3
放射線が影響するのは生体組織と言われてる
探査機みたいな機械は別



Stuart イギリス ↑148 ↓6
驚愕だよ…
家のWi-Fiなんて庭先に出るだけで電波が届かなくなるのに、彼らは2億kmとか離れてる水星の間近まで送りこんだ探査機を奇麗に操作しちゃうんだから
自分はとりあえずプロバイダー替えるわ



>>Stuart 
Deep fried alien イギリス ↑27 ↓0
>>自分はとりあえずプロバイダー替えるわ

それか水星に引っ越した方が手っ取り早いかも
うちも同じ問題抱えてるから一緒に行く?



>>Deep fried alien
mycroft イギリス ↑4 ↓2
解決するかもしれないけど、月々の通信料ハンパないと思う