0 (1)

“月の起源”が明らかに?無人探査機「SLIM」運用再開 
世界初となるピンポイントの月面着陸に成功した無人探査機「SLIM」について、JAXAは、太陽電池パネルに太陽光が当たり、運用が再開したことを明らかにした。太陽光のエネルギーを補給したSLIMは早速観測を再開し、JAXAはSLIMに搭載されたカメラが撮影した画像を発表した。SLIMの近くにある月の岩は「トイプードル」と名付けられている。いまだに解明できていない月の起源などが分かるかもしれないと期待がかかっている。JAXAでは、SLIMの観測対象になる岩石に、相対的な大きさがイメージできるよう「しばいぬ」「ブルドッグ」など犬種の名前をつけている。
詳細↓

0 (2)


PraiseSaban
エンジンが壊れなかったらもっとスムーズに作業出来てたんだけどなあ
それでもこれだけの事をやってのけるのは凄い



>>PraiseSaban
jx2002
実は月面着陸だけでも未だにとんでもなく難しい
それを理解してない人も多い



>>jx2002
roadbeef
彼らの偉業をバカにしたコメントが多くてウンザリする
どいつもこいつも最低



>>roadbeef
wizoztn
基本、科学的知識が乏しくて、他人を批判することでしか気分良くなれないのがそういった書き込みしてんだと思う



>>↑
Eureka22
>>記事タイトル:日本の宇宙機関が月の起源に関する手がかりを得たかもしれないと発表

そもそも、このタイトルが煽ってんだよ
月面の石は、これまで何度も持ち帰られてるし究明もされてるのに、これじゃ「日本が初めてやり遂げた!」みたいに勘違いさせられる



>>Eureka22
mkaku
その通り



>>Eureka22
Ubisonte
>>月面の石は、これまで何度も持ち帰られてるし究明もされてるのに、

ジャイアント・インパクト仮説はかなり有力だけど、それでもまだ矛盾したままのポイントが数多く残されてる



DLimber
>>いまだに解明できていない月の起源などが分かるかもしれないと期待がかかっている。

月の起源に関しては既にアポロ計画で持ち帰った石によって手掛かりがつかめてる件

Lunar_Ferroan_Anorthosite_(60025)



>>DLimber
glytxh
まあ良いじゃん、より多くの手がかりは常に貴重だし

それにアポロの時は全ミッションを通してデータポイントが1つだけだったよ

沢山の岩石を採取したけど、変化に富んだ地形をそれほど探査したわけもない

月の起源についてはまだ議論が続いてて、一般的なコンセンサスは得られてる

データと仮説はかなり一致してけど、いまだ多くの未解決な部分も残されてる




>>glytxh
PettankoPaizuri
月って地球とテイアの衝突時に産まれたってのが決定的なんじゃないの?

テイア
ジャイアント・インパクト説において、およそ46億年前に原始地球に衝突し、そこから現在の地球と月が誕生したと考えられている太陽系の仮説上の原始惑星。
wikipedia

Low-Res_微信图片_20231027130950



>>PettankoPaizuri
Noelle-Nebula
その通り



peter303_
中国が持ち帰った月の岩は年齢がおよそ20億年で、他のサンプルの38億年から45億年に比べてえらい若くてみんなを驚かせたよね



>>peter303_
Noelle-Nebula

アポロ11号、12号、14号、15号、16号、17号の有人ミッション、ルナ16号、ルナ20号、ルナ24号、嫦娥5号のロボットによるサンプルリターンもある

さらに月面のいろんな地域がどれくらい古いかを物語るクレーターの数など、他の形式のデータも物語を深めてるね

アポロのサンプルは多様性に乏しんだけど、いずれにせよどのサンプルも重要かつ貴重