no title

特定技能、5年間で最大82万人受け入れ見込み
人手不足の産業で外国人労働者を受け入れる在留資格「特定技能」を巡り、政府が2024年度から5年間で最大82万人の受け入れ見込み人数を試算していることが関係者への取材で判明した。19年の制度導入時に設定した5年間の受け入れ見込み人数の2倍以上の想定で、深刻化する人手不足を解消するため、外国人労働者に依存する傾向がさらに強まりそうだ。
詳細↓


Asiaman7 ↑11 ↓2
>>関係者によると、現行12分野の24年度からの受け入れ見込み人数は、「製造業」が17万3300人(23年度までは4万9750人)▽「飲食料品製造業」が13万9000人(同8万7200人)▽「建設」が8万人(同3万4000人)▽「農業」が7万8000人(同3万6500人)。新たな分野として追加検討されている、バスやタクシー、トラックの運転手として働く「自動車運送業」は2万4500人▽運転士や車掌、鉄道関連の技術者らの受け入れを想定する「鉄道」は3800人。

たとえば鉄道とか林業とか道路作業とかって、どんな特定の技能が必要なんだろ?
もしかして単に「若くて健康」みたいなのだけが条件?



>>Asiaman7 

sakurasuki ↑1 ↓8

>>たとえば鉄道とか林業とか道路作業とかって、どんな特定の技能が必要なんだろ?


現行の研修生プログラムでは、日本に来る前に訓練を積むのが条件

日本人の場合でも研修生とかインターンとか呼ばれて訓練を積むようになってる

とにかくこの制度は基本的に安い労働力を得るためのスキームに過ぎない




dagon ↑3 ↓4
>>無期限就労が可能な別制度がある「介護」を含め、現行の全12分野で永住に道を開く仕組みを整えた。政府は「自動車運送業」「鉄道」「林業」「木材産業」の4分野を追加することも検討している。

特定技能なんて全く必要なさそう…

ホワイトカラーがやってる大半の仕事がオートメーション化されつつある今、日本人労働者がいますぐ適応できないようなブルーカラー仕事なんてあるのか?

安価な労働力の確保ってだけだろうね

まったく脳の無い日本の中間管理職以上に高い給料を支払うための最後の手段




sakurasuki ↑1 ↓8
てか現時点でさ、過酷な労働条件や低賃金のおかげでたくさんの実習生が逃げ出してんだよ?


そんな可能性を持つ外国人をさらに80万人に増やすの?!



Gaijinjland ↑6 ↓0

なんの特技も取り柄もないような若い外国人が80万人…

それがたった3ヶ月だけの訓練を受けて日本へ…

その中に一体何人くらい「憧れの日本で、低賃金で働く!♡」って思ってんだろ?

ほぼ居ないような…

そんな風に考える自分が間違ってれば良いんだけど…




HopeSpringsEternal ↑0 ↓0

日本の労働人口は今後30年間、毎年60万人以上減少すると言われてる

労働人口の平均年齢もどんどん上がっていく




HopeSpringsEternal ↑0 ↓0
たとえ途上国の人間だとしても、待遇は日本人と同等にしてあげないと
誰だって”Bチーム”で働くのなんてイヤだし



spin ↑5 ↓0

特に円安ドル高が強固な現在の状況で、極めて重要なのは給与の引き上げ

それをやらない以上、優秀な人材は来ない

「アメリカの方が良いや」ってそっぽ向かれて終わり




>>spin
Sanjinosebleed ↑1 ↓1
円安だわ労働条件は最悪だわじゃ、穴を埋めるのは難しいかもね



>>spin
anonymouse ↑4 ↓7
途上国の人間だったら軒並み日本に憧れてるとか思ってたら大間違い
未体験の日本の食と文化を体験する…欧米諸国とかのハイエンドな白人労働者にとっては魅力だろうけど、アジアの途上国の人間たちにとっては「で?」って感じなんじゃない?



Yubaru ↑3 ↓0
>>5年間で最大82万人受け入れを見込む

見込むのは勝手だけど、現実って全然違うよ
日本の政府は昔から水晶玉の中ばかりを覗く傾向があるけど、常に見込みや目論見が外れてばかりじゃん



Jim ↑9 ↓14
>>5年間で最大82万人受け入れを見込む

奴隷のように働いてくれるアジア諸国の安い労働者が欲しいだけ!




>>Jim 
Mr Kipling ↑2 ↓1
じゃなくて日本人労働者が集まらないから仕方なくやってる



>>Mr Kipling
Mr Kipling ↑2 ↓0

ちなみに国民がやってくれない仕事をやってもらうために低賃金の外国人労働者を受け入れた欧州の様々な国…

外国人労働者たちは色々な差別で社会的に虐げられた

結果、彼らの2世、3世による、新たな下層階級が生まれ、犯罪率もうなぎ登りになった