• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

日本の防衛費、概算要求が過去最大の5兆2986億円に。

_w850

<防衛費>概算要求過去最大 実質6%超の大幅増
防衛省は31日、2019年度予算の概算要求で過去最大の5兆2986億円(18年度当初予算比約2.1%増)を計上した。要求増は7年連続。過去に契約したF35Aステルス戦闘機など、高額な装備品の分割払い負担が増えたため、例年なら約2212億円を計上する米軍再編関連経費の額を明示しないことで概算要求基準の範囲内に収めたが、実質的には6%超の大幅増となる。
米軍再編経費を除いて比べた伸び率は7.2%増。陸上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入費など、米国の有償軍事援助(FMS)の新規契約額は約7割増の6917億円に膨らんだ。
yahoo

【軍事費】中国が顕著な伸び。世界は0.4%減【約213兆円】
米「みんな、ウチの国防予算縮小を支持してる?」

服用してみる

日本「米の次期大統領って誰だと思う・・・」【海外反応】

服用してみる

「なぜ日本は韓国の様に女性を政界に率先して登用しないの?」【海外反応】

服用してみる

安倍首相「9条2項維は維持の方向で・・・」【改憲案】

17748595_401
dw

首相「9条2項維持」 衆院予算委 改憲案で目標明言
安倍晋三首相は三十日の衆院予算委員会で、戦力不保持と交戦権の否認を定めた憲法九条二項を維持したまま、自衛隊を書き込む改憲を目指す考えを明言した。「二項を変えるということになれば、書き込み方で全面的な集団的自衛権の行使容認が可能になる」と答弁した。
安倍政権は一五年に成立させた安全保障関連法で、歴代内閣が違憲としてきた集団的自衛権の行使を容認。全面的な容認ではなく、日本の存立が脅かされ、国民の生命や幸福追求権が根底から覆される明白な危険がある場合など「武力行使の新三要件」を満たす場合に限定したとしている。
首相はこれを踏まえ、二項を維持した上での改憲なら、集団的自衛権行使は限定的に容認されるとの政府解釈は変わらず、安保法が定める新三要件が適用されるとも説明した。
自民党内では、二項を維持して自衛隊を明記する案と、二項を削除する案が議論されているが、首相は二項維持の方が公明党や世論の理解を得やすいと判断している。自民党は三月二十五日の党大会までに、首相の考えに沿って党の改憲案をまとめる方針。
tokyo-np

服用してみる

米紙「トランプが一年でついた嘘の数はなんと2140回!!」

donald-trump-reuters-650_650x400_71516484034
1年で「うそ」2140回=トランプ氏発言で米紙調査
21日付の米紙ワシントン・ポストは、トランプ大統領が政権発足から1年間でついたうそや誤解を招く主張が2140件に上ったと報じた。
同紙がデータベースを作って調べたもので、1日平均で5.9回に上る計算だ。
最近の例では、トランプ政権の税制改革をめぐって「米国史上最大の減税」と57回主張したが、財務省の統計によると、実際には史上8番目の規模。また、ロシアの2016年米大統領選への介入についても、44回にわたり「民主党のでっち上げ」などと語っているが、米情報機関は「高い信頼度で介入はあった」と分析している。
うその多くは原稿なしの演説やツイッターでみられる。誤りを指摘されても、そのまま続けることが多く、同紙は「繰り返せば本当らしく聞こえると考えているのだろう」と指摘している。 

服用してみる

トランプ「自分の長所は心の落ち着いた天才な部分」【海外反応】

15766311_G

トランプ大統領「私は精神が安定した天才」暴露本に対抗しツイート
ドナルド・トランプ米大統領は6日、ツイッター投稿で「私はとても(精神が)安定した天才だ」と自賛した。米国では5日、トランプ大統領の精神状態に疑いを投げ掛ける暴露本が出版されていた。
トランプ大統領は6日早朝の連続投稿で、「人生を通じて、私の最も大きな長所は、安定した精神と、そして、何というか、とても頭が良いということだ」「私は大成功を収めた実業家からトップのテレビタレントとなり、そして(初めての挑戦で)米国の大統領になった。私が思うに、これは頭が良いというよりも、天才と呼ぶに値するだろう……しかも、その点で非常に安定した天才だ!」とした。
米ホワイトハウスはジャーナリストのマイケル・ウルフ氏による新刊の暴露本「Fire and Fury: Inside the Trump White House(仮訳:炎と怒り―トランプのホワイトハウスの内側)」に対し、強硬な反発姿勢を取っている。トランプ政権は同書の出版差し止めに動いたものの、出版社は発売を5日に前倒しした。
続く↓
yahoo

服用してみる

オバマ前大統領「今の合衆国ってナチスっぽいよ?日系人収容所を思い出す」【海外反応】

no title

オバマ氏、現在の政治状況に警告 ナチス台頭を引き合いに
米国のオバマ前大統領は9日までに、米国の有権者に対し民主主義への参加の継続を促し、自己満足はナチス・ドイツの隆盛をもたらしたと警告した。
同会合のビデオ映像によると、オバマ氏は「民主主義の庭園の手入れが必要。そうしなければ物事は極めて急速に崩れる。我々はその事態が起きている社会を目撃している」と強調した。
ナチス・ドイツに触れ、1920年代や30年代に音楽や芸術、文学に満ちあふれていたウィーンの舞踏会に言及。この華やかさが永久に続くと思われたが、その後、6000万人の人々が死に、全世界が混沌(こんとん)に陥ったと指摘。「物事を注視し、投票しなければならない」と続けた。
また、米国の歴史的な事例を持ち出し、自らの政治的英雄とあがめるフランクリン・ルーズベルト元大統領による第2次世界大戦中の日系米国人の強制収容を指摘。この措置は米国の制度の脅威になったとし、検閲が承認されたマッカーシー時代や法統治に背き弾劾(だんがい)前に辞任した米大統領の存在に注意を向けた。
詳細↓

服用してみる

【メディア】トランプ「『ウソ報道の王者』を決めようぜ!」

no title

ウソ報道コンテストやればよかった…トランプ氏
トランプ米大統領は27日、「皆さんが大好きな大統領(私)に関するテレビの報道で、どこが最もウソつきで腐敗し、偏向しているか、コンテストを開くべきだ」とツイッターに書き込んだ。
トランプ氏は、保守系で政権寄りとされるFOXニュースを除き「全てダメだ」とし、特に問題のあるメディアとしてCNNテレビを名指しした。そのうえで「コンテストの勝者はフェイク(偽)ニュース・トロフィーを受け取ることになる!」と皮肉った。
詳細↓

服用してみる

トランプ「CNNをボコボコにしてやったわwww」【海外反応】

trump-cnn

トランプ氏、「CNN」をボコボコに殴る動画を投稿
トランプ米大統領は2日、自身のツイッターで、プロレスの場外乱闘で、顔が米CNNのロゴになっている男性を自身がボコボコに殴っている動画を投稿した。トランプ氏は最近、自分に批判的な米メディアを攻撃しているが、暴力を肯定する内容にメディア側は猛反発している。
動画は28秒間で、米紙ニューヨーク・タイムズなどによると、大統領になる前にプロレスのイベントに参加した際の映像を加工したもの。リング下にいる男性に対し、スーツ姿のトランプ氏が左腕ラリアットで倒し、何度も殴りつけている。倒された男性の顔には「CNN」のロゴが貼り付けられ、最後にはCNNを「詐欺ニュース」と批判している。
この映像を誰が作ったのかなど詳細は明かされていない。これに対し、CNNは声明を出し、「米国の大統領が記者への暴力を助長している悲しい日だ」と批判。「我々は仕事を続ける。大統領も自分の仕事を始めるべきだ」と訴えた。
トランプ氏は先月下旬にも、テレビ番組で自身を批判した女性キャスターについて「IQが低い」「整形手術でひどく出血」などと侮辱する内容をツイッターに書き込んだ。1日にはCNNを「ごみジャーナリズム」と罵倒するなどメディア攻撃を激化させていた。
yahoo



トランプ「メディアの言う「世論の政策反発」はフェイク!」

服用してみる

英紙「トランプ大統領就任式でのミシェル・オバマがコワいと話題に」【海外反応】

服用してみる

トランプ「この選挙は不正だ」 オバマ「しょーもな・・・」【海外反応】

no title

トランプ氏は「泣き言を言うな」 オバマ大統領が痛烈批判
米大統領選で不正が行われているとする共和党候補ドナルド・トランプ氏の主張について、バラク・オバマ大統領は18日、無責任な「泣き言」だと一蹴した。
数々のわいせつ疑惑や世論調査での支持率低下で苦しい選挙戦を強いられているトランプ氏は、ここ最近の動向を見る限り、さらなる焦土作戦に踏み切るとみられている。
トランプ氏が米大統領選で不正行為が横行しているとする危険な陰謀論を声高に訴えていることを受け、オバマ大統領は、訪米中のマッテオ・レンツィ伊首相を前に外交儀礼さえも取り払い、痛烈なトランプ氏批判を展開した。
オバマ大統領は合同記者会見の場で、「私の人生で、あるいは現代政治史の中で、投票が始まってもいない時点で、選挙やその過程に疑惑の目を向けた大統領候補など、一度も見たことがない。前代未聞だ」と述べた。
「無責任な話だ…大統領に期待するようなリーダーシップと強靭さが全く見えてこない。試合が終わってもいないのに、もう泣き言を言い始めるなんて」
「物事が自分の思うように行かなかったり、負けたりした際に他人を非難し始める人物には、この仕事に求められる素質はない」
「トランプ氏には、泣き言を言うのをやめて、票を獲得できるよう自分の主張に専心すべきだと忠告したい」
yahoo

【トランプ】女性に対する下劣で卑猥な発言映像が公開
【支持率急増】トランプ「なぜウチが日韓を守らなきゃならんのだ!」
トランプ「ケネディを駐日大使に選んだオバマはマジでバカ」
【拍子抜け】トランプ「今までの過激発言は、言い過ぎだったわ^^;」
服用してみる

【トランプ】過去のセクハラ被害を証言する女性が続出【海外反応】

no title

トランプ氏、わいせつ行為か=女性2人が証言-米紙
米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)が過去のわいせつ発言で批判を浴びている問題で、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は12日、トランプ氏に同意なく体を触られたりキスされたりしたと主張する女性2人の証言を報じた。
トランプ陣営は「記事全体がフィクション(創作)だ」と否定している。
同紙によると、ジェシカ・リーズさん(74)は30年以上前、ニューヨーク行きの飛行機でトランプ氏の隣の席になった。面識はなかったが、離陸後しばらくすると、トランプ氏がアームレストを上げてリーズさんの体を触り始め、胸をつかみ、スカートの中に手を入れようとしたという。
また、トランプ氏が保有する高層ビル内の企業の受付係だったレイチェル・クロックスさんは、22歳だった2005年、エレベーターの近くでトランプ氏にあいさつしたところ、頬や口にキスされたという。
トランプ氏をめぐっては、「スターなら(女性は)させてくれる。何でもできる」などと自慢している05年の録音テープが今月暴露され、謝罪に追い込まれた。ただ、「更衣室での会話のようなものだ」と述べ、実際に行動に移したわけではないと説明していた。
yahoo

トランプ氏のセクハラ記事は「作り話」、陣営がNYTに反論
米紙ニューヨーク・タイムズが12日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏に身体を触られるなどのセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ、セクハラ)を受けたとする女性2人の話を伝えたことを受け、トランプ陣営は記事は「作り話」と反論した。
陣営の広報担当は声明で「記事すべてが作り話であり、ニューヨーク・タイムズがこのような話題でトランプ氏に対する全く嘘の、組織的な中傷を始めることは危険だ」とコメントした。
yahoo

【トランプ】女性に対する下劣で卑猥な発言映像が公開
【支持率急増】トランプ「なぜウチが日韓を守らなきゃならんのだ!」
トランプ「ケネディを駐日大使に選んだオバマはマジでバカ」
【拍子抜け】トランプ「今までの過激発言は、言い過ぎだったわ^^;」
服用してみる

比大統領「国内での喫煙は全面的に禁止!」【海外反応】

無題

違法麻薬の次はタバコがターゲット 
ドゥテルテ比大統領が全国禁煙条例に署名へ

フィリピンのドゥテルテ大統領が近く、公共の場所での喫煙を全国で禁止する大統領令に署名する。地元紙インクワイアラーなどが報じた。
ドゥテルテ大統領はフィリピン南部ダバオ市の市長時代、同様の禁煙条例を作った。大統領令は、市条例を参考にして10月末までに作成される予定。
ダバオ市で施行された条例では、タバコだけでなく、水タバコ、電子タバコも禁止対象となる。喫煙者は定められた場所での喫煙のみが許されている。
多くの日本人駐在員が住むフィリピンの首都圏では、すでに路上喫煙を禁止する条例が施行されている地域もある。
地元英字紙ビジネスミラーによると、現行法でも、学校や医療機関、空港での喫煙は禁止されている。しかし、今までは事実上、「野放し状態」となっていた。
後、麻薬対策と同様に、すでに喫煙の取り締まりが強化されるとみられる。路上でタバコをバラ売りする露天商などの生活に影響が出る可能性が高い。

フィリピン国民からはツイッター上で、禁煙措置を歓迎する声が上がっている。
「神様、ありがとう!フィリピン全域で禁煙だ!」
「オフィスワークの人や、観光業にはプラス。喫煙者の友達には悪い気がするけど、全国禁煙となれば幸せ!」

年末にかけて、観光でフィリピンに行く人は要注意だ。公共の場所での喫煙を悪徳警官に発見され不当に拘束されるなど、とんでもないトラブルに巻き込まれないように。
yahoo

【リゾート地?】フィリピンの町長「中国が勝手に南シナ海を埋め立ててます・・・」
「ここは日本・フィリピン友好のスレ!」
【過去最大規模】日本のフィリピン支援。「彼らは決して恩を忘れない人達・・・」
服用してみる

ヒラリー「彼を選んじゃダメ」 トランプ「そしたらアンタはムショ暮らしになるもんな」【海外反応】

no title

“最も見苦しい討論会”と酷評~米メディア
アメリカ大統領選の候補者による、2回目のテレビ討論会が行われた。クリントン氏は女性蔑視発言が発覚したトランプ氏の大統領の資質を問うたが、トランプ氏は謝罪する一方、クリントン氏に関するスキャンダルを取り上げて激しく攻撃した。
両候補は登場した際に一定の距離以上は近づかず、握手をしないなど、冒頭から緊張感が漂った。トランプ氏はまず、女性をさげすんだ過去の発言を謝罪した。

共和党・トランプ氏「これはロッカー室での発言だ。恥ずかしく思っている。私ほど女性を尊敬している人はいない。許可なくキスしたことはありません」

民主党・クリントン氏「トランプ氏は大統領や最高司令官にはふさわしくない。トランプ氏の女性についての発言は、彼の本質をよく表している。彼は女性だけでなく、移民やイスラム教徒も攻撃している」

トランプ氏「ビル氏は女性にひどいことをし、クリントン氏もその女性を攻撃した。ビル氏に乱暴された女性ら4人がここに来ています」

討論会を前にトランプ氏は、アーカンソー州の知事時代のクリントン元大統領にわいせつな行為をされたと主張する女性たちに面会。自らの発言への批判を鎮めるだけではなく、非難の矛先を変えて反撃する戦略を鮮明にさせた。

終始、立ったままの状態で、落ち着いて答えるなど、前回よりは事前の準備をした印象のトランプ氏。一方でクリントン氏のメール問題などについて、「私が大統領だったら、彼女は刑務所にいれる」などとこれまで以上に強い非難を繰り返した。悪口レベルともいえる非難の応酬に、アメリカメディアは、「記憶に残る不快な討論会」「最も見苦しい討論会」などと酷評している。

合計3回のうち2回を終えた討論会。重要な政策論争を繰り広げるべきところが、女性問題という場外戦に終始スポットライトがあてられ、有権者が置き去りとなった印象。
yahoo

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると、元サイトへ飛ぶので注意】


【討論会】ヒラリー「アンタ最低ね!」 トランプ「私はそんな男じゃない!」
「日本にはトランプ氏が大好きな女性がいる・・・」
「日本のトランプ氏プロモ映像が笑うwww」
【物議】トランプ氏長男「シリア難民は毒入り菓子みたいなもんだよ?」
服用してみる

【討論会】ヒラリー「アンタ最低ね!」 トランプ「私はそんな男じゃない!」【海外反応】

no title

<米大統領選>テレビ討論会開始…性的発言にトランプ氏弁明
11月の米大統領選に向けた民主党のヒラリー・クリントン候補(68)、共和党のドナルド・トランプ候補(70)による2回目のテレビ討論会がセントルイスで始まった。2005年に録音されていた性的な発言が暴露された問題について、トランプ氏は「あのような発言に謝罪するし、誇りには思えない。(しかし)私ほど女性に尊敬の念を払っている者はいない。発言は(男性が品のない会話もする)『ロッカールームの会話』に過ぎない」と弁明した。
クリントン候補は「トランプ氏は女性だけではなく、移民や黒人、中南米系や性的少数者を傷つけてきた」と言明。大統領としての資質に問題があると指摘した。
両候補は討論会場に登場した際も握手もしなかった。
yahoo

トランプ、質問者の学生に「あんた、韓国人か?」
トランプ「何度でも言おう。韓国をタダで守る義理などない」
トランプ「坊や良いか?原爆は当然の報いだったんだよ!」
服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ