• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「なぜ西洋では、日本の様な優れた格闘技が生まれないの?」【海外反応】

1503272547508

服用してみる

「日本は群を抜いて健康的な国なのに、五輪でイマイチなのは何故?」【海外反応】

p14-whiting-a-20141015

服用してみる

錦織圭、今季絶望【海外反応】

ebd43846-82d7-11e7-a767-bc310e55dd10_1280x720_074630

錦織今季残り全休は「神様がくれたお休み」 沢松さん、来季の完全復活期待
テニスの錦織圭(27=日清食品)が右手首を痛めて今季残り試合の全休を決めたことについて、かつて女子ツアーで4勝した沢松奈生子さん(44)は17日、「ツアーのスケジュールはタイトで、心と体が追いつかない時期もある。ケガは大変だけど、メンタルにはいい休養になる。テニスの神様がくれたお休み」と前向きなとらえ方を示した。
また、今季フェデラーやナダルが休養明けに活躍していることを引き合いに出し「一度テニスを離れて、目標を見つめ直すいいきかっけになったと思う。(錦織も)心と体が元気なれば、ジャンプアップして戻ってこれる」と来季の完全復活を期待した。
続く↓
yahoo

服用してみる

トミック「好きじゃないから半分の力でやってるけどまあまあの成績」【テニス】

no title

テニスに「愛着ない」、トミックの本音止まらず
テニスのウィンブルドン選手権で「飽きた」ことを理由に無気力な試合をし、物議を醸したバーナード・トミック(オーストラリア)が、今度はテニスは純粋にお金稼ぎのためにやっているだけで、愛着はまったくないと言い放った。
母国のテレビ番組で、率直な態度でインタビューに応じた24歳のトミックは、自分の気まぐれなプレーがいやなら見に来なければいいと言い、「来るな。テレビで見ろよ。それならタダだろ」とコメントした。
自身について、完全に集中できるときと、やる気が出ないときの振れ幅が大きいと話した。

「テニスをやってきて、100パーセントを出したこともあれば、30パーセントだったこともある。だけどならせばキャリア全体で50パーセントくらいだ。本気を出さなくてもざっとこんなもんなんだから、自分でもすごいと思うよ」

そして、上を目指す選手にアドバイスはと聞かれると、トミックの答えは素っ気なかった。
「テニスなんかやるな。好きなこと、やってて楽しいことをやれ。テニスは大変だ。つらいつらい人生だ。自分は抜け出せないから仕方なくやってるだけ。テニスの方が僕を選んだ。夢中になったことなんて一度もない。まあ、気に入ってはいるよ」

「言った内容に後悔はない。いらつかせるために言ったんだから。僕の家は裕福じゃなかった。お金がなかった。それが今ではこんな豪邸に住んで、世界中に不動産を持っている。これが僕の選択だ。そのために働いてるんだ」

過去には最高で17位まで上昇したランキングも、73位まで後退したトミック。罰金を課された後には、受け入れがたい振る舞いだという理由でラケットのスポンサー契約を打ち切られている。
詳細↓
yahoo



全英・期待の若手】初戦敗退後「テニスつまんね・・・」→罰金+スポンサー解除

服用してみる

【全英・期待の若手】初戦敗退後「テニスつまんね・・・」→罰金+スポンサー解除【海外反応】

no title

全英で「テニスに飽きた」と失言のトミックが170万円罰金とスポンサー解除
男子テニスのバーナード・トミック(24、オーストラリア)がウィンブルドンでの1回戦敗退後に「正直に言うと、試合中に少し飽きてしまった」などと問題発言し、国際テニス連盟から1万1600英ポンド(約170万円)の罰金処分を科された。豪州のヘラルド・サン紙電子版などが伝えた。
24歳のトミックは2011年にはウィンブルドンで準々決勝に進出し、期待の若手として注目されていた。2016年1月には世界ランキング17位だったが、ウィンブルドン大会前は59位。1回戦敗退後に「一生懸命に取り組み、楽しみ、トロフィーを掲げたりすることに全力を出し切れる感じがしない。モチベーションを見つけられない」などと話していた。
ヘラルド・サンは、「ウィンブルドンの大会役員は、罰金はトミックの記者会見での発言に科せられたとしている。試合中にケガをしていないのにトレーナーを呼んだことではない、と大会役員は話した。“退屈”という言葉がどうやら怒りを買ったように思われる」と伝えている。
しかし、ガーディアン紙電子版は、「トミックは相手選手のリズムを崩そうと、ケガをしていないのに試合中にトレーナーを呼んだことも認めた。その結果、国際テニス連盟から1万1600英ポンド(約170万円)の罰金を科された。彼がこのトーナメントで稼いだのは3万5000英ポンドで(約396万円)。罰金はかなりの額を占めたことになる」と報じた。
いずれにしても、スポーツマンシップに反する態度と発言に対して、罰金処分を科されたようだ。
トミックは国際テニス連盟から罰金処分を受けただけでなく、スポンサーのヘッド社との契約も打ち切られた。

「我が社のスポンサードアスリートであるバーナード・トミックのウィンブルドンでの発言にとても落胆しました」。
「彼の意見は、我が社のテニスへの姿勢、テニスへの情熱、プロ意識、試合に対する敬意を全く反映するものではありません。従って、我が社はバーナード・トミックとのコラボレーションを打ち切ることを決めました」

とスポンサー契約打ち切りを発表した。

同紙はヘッド社がトミックとのスポンサー契約を解除したことについて、ノバク・ジョコビッチのコメントを求め、「ジョコビッチはヘッド社の判断を支持すると話したが、トミックはサポートを必要としているとも話した。我々はみんな欠点がある。その場の勢いで何か不適切なことを言ってしまうことがあるかもしれない。でも、ヘッドがこういう判断をしたのは理解できる。これまでの6,7年、最も才能ある若手の一人と言われてきた選手の正当なメッセージではなかったと思う。特にオーストラリアの彼をヒーローとしている多くの子どもたちにとっては」と話したそうだ。
詳細↓
yahoo



日「日本車とドイツ車、優れてると思うのはどっち?」

服用してみる

【海外驚愕】日本の小学生14人「超速縄跳び」でギネス記録。

20170625-00010001-theanswer-000-4-view

衝撃の60秒 小学生14人が「超速縄跳び」でギネス記録 世界絶賛「日本を誇りに思う」
富士市原田小の生徒14人が縄跳びで1分間225回…米メディアも特集「特筆に値する」
「衝撃の60秒」だ――。日本の小学生14人が、超高速の「神技縄跳び」でギネス記録を樹立した。1分間に225回という衝撃の記録は海を越えて海外で話題となり、米メディアが注目。大記録達成の瞬間を動画付きで紹介し、「偉業」として「特筆に値する」と絶賛。さらに映像を見た世界のファンから「アメージングだ…」「努力は称賛、そして尊敬されるべき」と感嘆の声が上がっている。

「必見 日本人の子供たちが世界の縄跳び記録を更新するこのビデオは魅了的だ」と特集したのは、アメリカで最も権威を持つスポーツ専門誌「スポーツ・イラストレーテッド」電子版だ。ギネス・ワールドレコード公式Youtubeで紹介された動画を紹介。「信じられないチーム縄跳びチャレンジ」というタイトル通り、そこには信じられないシーンが映っている。
詳細↓
yahoo



服用してみる

【感激の同着】「マラソンで、1位と2位がぬか喜び」【衝撃】

服用してみる

ブシャール「チート野郎はテニスに戻ってくんな」 シャラポワ「あん?」【海外反応】

231article

シャラポワ、代用薬は明かさずも強気 “妖精2世”は痛烈批判
ドーピングが発覚した際に、シャラポワは医療目的で長年に渡ってメルドニウムを使用していたと釈明した。1回戦を終えた後の会見では「合法的に使える代わりの薬は見つかったのか」と突っ込まれて「それは私とツアーとドクターが知っていればいい」と言葉を濁した。
競技力向上効果があるとされるメルドニウムは不整脈や心疾患の治療に使われ、シャラポワは06年から服用していたという。メルドニウムはラトビアで製造された抗虚血薬で、シャラポワが拠点とする米国では承認されていないだけに、その使用理由にも疑念が深まっていた。
主催者推薦を得ての復帰については、対戦相手のビンチ(イタリア)を始め、多くの選手から批判された。
yahoo

服用してみる

【女子テニス】セレナ・ウィリアムズが妊娠【海外反応】

wire-427263-1492642717-82_634x1127

テニス=元世界1位セリーナが妊娠、秋に出産へ
女子テニスで元世界ランク1位のスーパースター、セリーナ・ウィリアムズ(35、米国)が、現在妊娠中であり、秋に第一子を出産予定であることが分かった。広報担当者が19日に認めた。
また同担当者は、セリーナは今年はもう試合に出場しないが、2018年のシーズンには復帰する見込みだと述べた。
もし本当に現在セリーナが妊娠20週目であれば、1月に優勝した全豪オープンの時に既に妊娠しており、およそ2カ月だったことになる。
詳細↓
yahoo

服用してみる

【陸上800m】「先頭を走る選手に降りかかる悪夢が悲惨過ぎ・・・」【海外反応】

服用してみる

【テニス】怒りで手持ちのボールを強打→主審の目を直撃・・・【デビスカップ】

服用してみる

【驚愕の35歳】フェデラー、ナダルを倒し全豪優勝【海外反応】

3C9F6A6E00000578-4168678-image-a-96_1485693122479

フェデラー 全豪7年ぶりV、ナダルとの死闘制し歴代最多更新18勝目<男子テニス>
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は29日、男子シングルス決勝戦が行われ、第17シードのR・フェデラー(スイス)が第9シードのR・ナダル(スペイン)との死闘を6-4, 3-6, 6-1, 3-6, 6-3のフルセットで制し、7年ぶり5度目の優勝を果たした。四大大会では2012年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来 約5年ぶり、さらに歴代最多優勝数を更新する18勝目をあげた。
続く↓
yahoo

日本「黒人は『日本人は全然レイシストなんかじゃない』って言ってるぞ」
「『日本では人種差別がありますか?』という映像が有るんだけど・・・」
「アメリカ人の4割が『黒人の知り合い』を隠してるって・・・」
【錦織初戦の相手】テニス界の悪童「中国うぜえ#」←警告へ
服用してみる

海外「錦織vsフェデラー戦を振り返る・・・」

服用してみる

【全豪】解説者「ビーナスの事をゴリラなんて言ってない。ゲリラと言った」

maxresdefault
7230dd9a1f3fd123d24908b49a9baccd

ESPN、ヴィーナスに対する解説者の「ゴリラ」発言を取り消し
全豪オープンテニスに出場しているヴィーナス・ウィリアムスに対して、解説者のダグ・アドラー氏が「ゴリラ」という言葉を使用した問題で、米スポーツ専門チャンネルESPNは、同氏の発言を取り消した。アドラー氏は自身が使った言葉は「ゲリラ」だったと釈明しているが、ESPN側はもっと慎重になるべきだったとの見解を示し、同氏を担当から外している。
18日に行われた女子シングルス2回戦で、試合の解説を担当した元テニス選手のアドラー氏は、「相手がファーストサーブをミスすれば、圧倒的にヴィーナスが有利だ。ヴィーナスの動きはまるでゴリラだ。襲撃に備えている」と発言。それを見た視聴者は、すぐさまソーシャルメディアで嫌悪感をあらわにしていた。
テニス記者のベン・ローゼンバーグ氏も「最低のコメントだ」と批判し、自身のツイッターに「2017年になっても、ウィリアムズ姉妹がそんなことを言われ続けるなんて、ぞっとする」と投稿した。
ESPNは声明を発表し、「ESPN3で中継されていた全豪オープンで、ダグ・アドラー氏はもっと慎重に言葉を選ぶべきでした。彼は謝罪し、担当する予定だった残りの試合からは外れることになりました」と述べた。
その一方で、ESPNのウェブサイトでは「『ゴリラ』と『ゲリラ』は発音が似ているため、アドラー氏が話した言葉がどちらだったのか確認することは不可能だ」と伝えている。
yahoo

「日本の女子を虜にするゴリラがイケメン過ぎるwww」
「自国の、最も恥ずかしい過去を正直に言え」
フランス「結局さ、お前等ってフランス人に憧れてるんだろ^^?」
フランス「日本ってさ、アメリカに洗脳されてね?」
服用してみる

「日本vsデンマークのプレーが尋常じゃない・・・」【バドミントン】

服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ