• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「BBCは日本の勝利が面白くないだろうね」【W杯】

4D688F0B00000578-5860727-image-a-58_1529415475680

海外メディアも日本の番狂わせを続々報道「感動火花」「評論家の度肝抜く」
FIFAランキング61位の日本がワールドカップグループHの初戦で同16位の格上のコロンビアを2-1で下す大番狂わせを演じた。45位をひっくり返すジャイアントキリングを海外メディアも一斉に報道した。
欧州をカバーするスカイスポーツは、「日本が大迫勇也のヘディング弾で10人のコロンビアから感動的な初戦勝利を決めた」と報じた。
英のインディペンデント紙は「審判は仕事をこなしてビデオ判定は必要とせず、ハメス・ロドリゲスの途中起用のギャンブルは失敗、日本は評論家の度肝を抜く」との見出しで「日本が、試合開始早くからの数的有利を生かし、グループHをこじ開け、2018年ワールドカップで、また大きな番狂わせを起こした」と伝えた。
同じく英のデイリー・メール紙も「大迫が、カルロス・サンチェスが前半3分にハンドで退場となった後、10人で抵抗したコロンビアを打ち砕く勝利のヘディング弾」との見出しで報じた。
ミラー紙も「香川と大迫が10人で戦った南米チームを沈める」との見出しで「コロンビアのカルロス・サンチェスは、2018年のワールドカップで最初の退場選手となり、日本はサランスクで愉快な2-1の勝利を手に入れた」と続けた。
高級紙であるガーディアン紙は「大迫が日本のために10人のコロンビアから驚きの勝利をつかむ」との見出しで初戦での日本の勝利を伝えた。
米のタイム誌は、「この感情的な選手よりも日本の勝利に熱狂した人はいないだろう」との表現で2-1とするヘディングシュートを決めた大迫を絶賛した。
詳細↓
yahoo

「何であれが一発レッドなの…」
史上2番目のスピード退場となったコロンビア代表MFが嘆き節

C・サンチェスは、「不運すぎた。最悪の出だしだ。誰も望んでいない結果だった」と肩を落とし、問題のプレーに対する判定については、少なからず疑問を感じているようだった。
「僕が言うことができるとすれば、あれは単なるハンドだったということさ。何であれが一発レッドカードだったのか……正直言って分からないよ。だけど、すでに判定は下されてしまったわけだし、試合にも負けている。僕はポジティブになるしかない」
雌雄が決してしまった以上、次戦に向けて切り替えるしかない。2戦目のポーランド戦に出場できないC・サンチェスは、「どんな形でもチームを支えたい。僕らは前進するために勝利にしがみつくしかない」と、死地から脱出を目指すチームを支える覚悟を口にした。
詳細↓
yahoo

服用してみる

【MLBに衝撃】大谷、右肘靱帯損傷でDL【海外辛口】

201806062249821602968

【MLB】大谷が右肘靱帯損傷でDL 指揮官もショック「重要な選手を2名失うようなもの」
大谷離脱に大きな衝撃、ソーシア監督「現実を受け止めて前に進むしかない」
右肘内側側副靱帯に2度の損傷があることが判明し、8日(日本時間9日)に10日間の故障者リスト(DL)に入ったエンゼルス大谷翔平投手。7日(同8日)にロサンゼルスでスティーブ・ユン医師の診察を受け、PRP多血小板血漿(PRP)注射と幹細胞注射を受けた右腕は、今後はノースロー調整とトレーニングを行い、3週間後に再度肘の状態を確認するという。エンゼルズのマイク・ソーシア監督は「重要な選手を2名失うようなこと」と衝撃の大きさについて語った。
続く↓
yahoo

服用してみる

海外「明日のInoue!」井上尚弥、日本人最速3階級制覇【BOX】

4C9EB19F00000578-0-image-a-28_1527253648523

井上尚弥 112秒殺!日本人最速3階級制覇「怪物ぶりは十分アピールできた」
プロボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦 王者ジェイミー・マクドネル―同級2位・井上尚弥(2018年5月25日 東京・大田区体育館)
階級を上げても、強さばかりが際立った。挑戦者で同級2位の井上尚弥(25=大橋)が、王者のジェイミー・マクドネル(32=英国)を初回1分52秒にTKOで下し、井岡一翔(井岡)のプロ18戦目を抜いて日本人歴代最速となる16戦目での世界3階級制覇を達成した。
「怪物ぶりは十分にアピールできたと思います」。井上尚は初回に左ボディーで最初のダウンを奪い、一気の連打を繰り出すとレフェリーが試合を止めた。前日計量など3日連続で公式行事に遅刻した王者に怒りの鉄拳制裁。当日計量では井上尚の6キロ増に対し、王者は2倍の12キロ増。体格差が心配されたものの、それも杞憂(きゆう)だった。
日本人5人目の世界3階級制覇。これで具志堅用高(協栄)に並ぶ世界戦6連続KO勝利、通算10戦目(11試合)の世界戦KO勝利は内山高志(14試合)に並び、いずれも日本人歴代最多タイとなった。
通算戦績は16戦16勝14KO無敗。
詳細↓
yahoo



服用してみる

「スクワット、ベンチプレス、デッドリフト←お前等の数値を教えろ」【海外反応】

squat-bench-dead

服用してみる

「オオタニサン、スゴイ><!」大谷衝撃の2勝目【メジャーリーグ】

f142c604e106f568eac2abf018bf8cee

大谷衝撃の2勝目 7回1安打無失点毎回12K快投
<エンゼルス6-1アスレチックス>◇8日(日本時間9日)◇エンゼルスタジアム
エンゼルス大谷翔平投手(23)が衝撃の2勝目を挙げた。本拠地で投手デビューを果たすと6回までパーフェクト。7回1死後に初安打を許したが7回を1安打無失点、毎回の12三振を奪った。
敵地で初登板初勝利を挙げたアスレチックス戦にホームのロサンゼルスで初登板。1回の立ち上がり、3者連続三振に仕留め地元ファンを熱狂させた。
2回も1三振を奪い3者凡退。3回も2三振を奪い3人で料理。4回も三振を奪い3者凡退。5回は3者連続三振の快投。6回も1三振を奪い3者凡退。6回まで1人の走者を許さず11三振を奪うあっぱれな快投。
7回1死から2番セミエンに左前に初安打を許すと、ここまでの快投をねぎらいファンから拍手。続く3番ローリーに四球を与え初めてピンチを招いたが最後は5番オルソンを142キロのスプリットで空振り三振に仕留めガッツポーズ。7回を1安打無失点に抑えた。
1930年に投手で1勝、打者で3試合連発を記録したベーブ・ルースをも超えた。大谷フィーバーはさらにヒートアップしそうだ。
yahoo



服用してみる

大坂、元女王を粉砕。敗戦ショックのセレナは試合後会見拒否【海外反応】

201803211713619818146

大坂なおみ 憧れの元女王セリーナ破る、マイアミOP3年連続初戦突破<女子テニス>
女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、プレミア・マンダトリー)は21日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク22位の大坂なおみが元世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)を6-3, 6-2のストレートで破り、3年連続の初戦突破を果たした。
前週のBNPパリバ・オープンで悲願のツアー初優勝を果たした20歳の大坂はこの日、憧れの元女王セリーナから主導権を握り、終盤の4ゲームを連取して第1セットを先取。
詳細↓
yahoo

大坂に敗れたセレーナが会見拒否、罰金処分へ マイアミOP
大坂なおみの前に初戦敗退を喫した元世界ランキング1位のセレーナ・ウィリアムス(米国)が、試合後の会見を拒否したことで、女子テニス協会から最大1万ドル(約106万円)の罰金を科される見通しとなった。
それでも、試合終了から90分以上が経過してから短い声明を出したセレーナは、「すべての大会が、自分が最高の状態になる上で改善すべき点をより理解する機会になっている」とした上で、「なおみは素晴らしい試合をした」と大坂を称賛。さらに「復帰の道を歩み続ける中で、一日一日の進歩を楽しみにしている」「この信じられないような旅で私が踏む一歩一歩を応援し続けてくれるファンに感謝の気持ちでいっぱい」と付け加えた。
詳細↓
yahoo

服用してみる

【WTA】大坂なおみ、日本人初のツアー初V【海外反応】

skysports-naomi-osaka-tennis_4257634
skysports

大坂なおみ 悲願のツアー初V、準四大大会で日本勢初優勝の快挙<女子テニス>
女子テニスのBNPパリバ・オープンは18日、シングルス決勝が行われ、世界ランク44位の大坂なおみが第20シードのD・カサキナ(ロシア)を6-3, 6-2のストレートで破り、悲願のツアー初優勝を果たした。四大大会に次ぐグレードの「WTAプレミア・マンダトリー」で日本勢女子の優勝は史上初の快挙。
続く↓
yahoo

服用してみる

「東京五輪マスコットが決定したらしい」【海外反応】

20180228-00137483-nksports-000-19-view

東京五輪マスコット「未来ロボット型」のア案に決定
2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが「未来ロボット型」のア案に決定した。全国にある小学校約28万クラス中、20万クラスが投票した「全国小学生総選挙」(22日締め切り)により選ばれ、大会組織委員会が28日、開票結果を発表。得票数は10万9041票だった。
一般市民が投票し、マスコットを決めるのは五輪史上初めて。ア案の作者は福岡県のキャラクターデザイナー谷口亮さん(43)。
マスコットは五輪・パラリンピックで対となっている。ア案の「五輪版」は、大会エンブレムでも使われている青い市松模様をあしらった、伝統と近未来性を併せ持つキャラクター。伝統を大切にしながらも、常に最新情報をキャッチし、瞬間移動もできる設定。
「パラリンピック版」はピンク色の市松模様で、桜の触角があり、超能力を持つ。自然を愛し、石や風と話せて、見るだけで物が動かせる。性格は正反対も、お互いを認め合う大の仲良しなところが「共通点」だ。
詳細↓
yahoo

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると、元サイトへ飛ぶので注意】


服用してみる

高木選手「美帆だけじゃなくて、菜那もいるんだぞ^^!」【金メダル】

_w850

高木菜那 2つ目の金に「美帆だけじゃなくて、菜那もいる」
日本の高木菜那(25)=日本電産サンキョー=が大勢で一斉に滑る新種目の女子マススタートで金メダルを獲得した。女子団体追い抜きに続く2つめの金メダル。五輪で日本の女子選手が同一大会「金」2個を獲得するのは夏季を含めて史上初の快挙となった。
両手を突き上げた高木菜は「やった~」と叫んだ。ラスト100メートルほどのデッドヒートを制し、こん身のガッツポーズ。「本当に、金メダルが取れてうれしい」と満面の笑みを見せた。
妹の美帆は、今大会の1500メートルの銀、1000メートルで銅メダルを獲得。団体追い抜きではともに金メダルを獲得した。妹の個人種目での「2つのメダルが刺激になった」と振り返った菜那は、自身が2つの金メダルを手にしたことに「取りたいとは思っていたけど、まさか取れると思っていなかったのでちょっと信じられない気持ちでいっぱい。新しい種目で結果を残せた。美帆だけじゃなくて、菜那もいるんだぞと見せられた」と最高の笑顔で喜びを口にした。
yahoo

服用してみる

【平昌】加の女子アイホ選手、メダル拒否で炎上【準優勝】

497B333D00000578-5422315-image-a-1_1519306703597

米国女子、5大会ぶり金=カナダ5連覇ならず〔五輪・アイスホッケー〕
アイスホッケーは22日、女子の決勝が行われ、米国がカナダをゲームウイニングショット(GWS)の末に3―2で破り、長野大会以来5大会ぶりに金メダルを獲得した。カナダの5連覇はならなかった。
米国は第1ピリオドにナイトが先制点。第2ピリオドに逆転されたが、第3ピリオドにラムルーモランドが同点ゴールを決めて延長へ持ち込み、最後はGWSを制した。
yahoo

服用してみる

韓国紙「日韓のスケーターが見せた美しい友情に世界が感動」【平昌】

_w850

小平奈緒、あの“美しき抱擁”に相次ぐ称賛 オランダの英雄は「素晴らしい光景」
イ・サンファを慰める小平奈緒の優しさに世界が感動「美しく、可憐」「素晴らしき仕事」

平昌五輪スピードスケート女子500メートルで小平奈緒(相沢病院)は36秒94という五輪新記録でスピードスケート日本女子初となる金メダルを獲得。銀メダルに終わり、リンク上で号泣するイ・サンファ(韓国)を抱きしめながら慰める一幕があった。
平昌五輪のハイライトになるかもしれない。順位が確定した江陵オーバル。本拠地のファンの大歓声を追い風に、五輪3連覇を目指した“氷速女帝”だが、小平の記録にわずか「0秒39」及ばなかった。韓国の国旗を手に、スタンドの観衆に挨拶しながらも号泣が止まらないイ・サンファ。手を差し伸べたのが小平だった。日の丸の国旗を背負った新女王は、涙に濡れる傷心のライバルを優しく抱きしめた。
2010年バンクーバー五輪のスピードスケート男子1500メートルで金メダルを獲得し、オランダテレビ局「NOS」で解説者を務める同国の英雄、マルク・タイテルト氏もツイッターで「素晴らしい光景だ。ライバル関係がお互いのベストを引き出す。そして、2人には深いリスペクトが存在する」と称賛していた。
詳細↓
yahoo

_w850

8

服用してみる

羽生結弦の演技後、海外メディア「プーさんの洪が!」

494A2DE900000578-5399477-image-a-47_1518790659209

羽生結弦、演技後の“大雨”に海外メディア注目「プーさんの洪水が押し寄せた」
平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの五輪連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマーク。右足首の故障からぶっつけで挑んだ大一番で完璧な演技を披露し、首位に立った。海外メディアは演技後、客席のファンが次々に投げ込んだ「くまのプーさん」に注目。「プーさんの洪水が氷上に押し寄せた」と報じている。
「いつも通り、ウィニー・ザ・プー(くまのプーさん)の人形の洪水が氷上に押し寄せた」と表現。観衆が投げ込んだ黄色い可愛いぬいぐるみは200から300に迫ろうかという数で、リンクに届かずに通路に転がっているのもあった。
大会前の記者会見で、ネイサン・チェン(米国)も「ユヅの後に演技したことは、これまでも何回かあるんだ。僕が唯一忘れてはいけないことは、くまのプーさんの雨だね」と語るなど、羽生と黄色いディズニーキャラクターの絆は有名だった。
大会前の記者会見で、ネイサン・チェン(米国)も「ユヅの後に演技したことは、これまでも何回かあるんだ。僕が唯一忘れてはいけないことは、くまのプーさんの雨だね」と語るなど、羽生と黄色いディズニーキャラクターの絆は有名だった。
yahoo

服用してみる

「くたばれ#」韓国ネット、自国選手の失格に逆上→他国選手のSNSでテロ【平昌】

無題

<平昌五輪>的外れの愛国心…韓国ネットユーザー、選手失格でSNSテロ
4年ぶりに韓国人の「SNSテロ」が再現された。ショートトラック女子500メートル銅メダルリストのキム・ブタン(23、カナダ)のインスタグラムが韓国ネットユーザーのコメントで炎上した。競り合いの相手となった韓国の崔ミン禎(チェ・ミンジョン、20)は失格となったが、ブタンはそうではなかったからだ。
崔ミン禎は13日江陵アイスアリーナで開かれた2018平昌冬季オリンピック・ショートトラック女子500メートル決勝で2位で決勝ラインを通過した。3位でスタートを切った崔ミン禎は2周を残してアウトコースから追い上げ2位に順位を上げた。最終周では先頭のアリアナ・フォンタナ(28・イタリア)と競い合ったが、22センチの差で逆転に失敗した。
だが、銀メダルはチェ・ミンジョンのものにはならなかった。ビデオ判定の結果、追い抜きの過程でブタンを押したとされ、ペナルティーにより失格になったのだ。4位だったブタンは銅メダルの獲得後、走り回って喜んだ。ブタンは「リンクから離れようとしたがエリス・クリスティ(28・英国)が私に『ちょっと待ってみて』と言った。クリスティは何が起ころうとしているか知っているみたいだった」と語った。また、「レースの状況を全く思い出せなくて、何のことが分からない」と言った。崔ミン禎は涙を見せながらも「判定を認める」と潔さを見せた。韓国コーチ陣も「前日、チームミーティングで外側からの追い抜きに対する強い制裁があるという話をした」と続けた。
だが競技を見守っていた韓国ファンの考えは違った。ブタンも崔ミン禎を押したのに、崔ミン禎だけが失格にされたというのだ。一部はブタンのインスタグラムに悪質なコメントを残した。ハングルで書かれたものもあったが、「dirty medal(汚いメダル)」など英語で書かれたものもあった。結局、ブタンはアカウントの閉鎖に追い込まれた。カナダCBCは「韓国人が審判の代わりにブタンを批判した」と伝えた。
韓国ネットユーザーが相手選手に「サイバーテロ」を加えたのはこれが初めてではない。2014年ソチ五輪でも同じようなことがあった。偶然にも種目も同じショートトラック女子500メートルだった。当時、パク・スンヒ(26)はトップを滑っていたが、クリスティに押し退けられて転倒した。パク・スンヒは再び起き上がって遅れを取り戻したが、銅メダルに甘んじなければならなかった。このことを受けて韓国人はクリスティのSNSに悪質コメントを書き込んだ。クリスティは当時、「韓国人のコメントがとても恐ろしくて寝られなかった。人々が私を殺したいと考えていた」と打ち明けた。
行き過ぎだコメントを自制する動きもある。ブタンを非難するのではなく、崔ミン禎を慰めるべきだというものだ。韓国選手も競争者に対する過度な批判をありがたく思っていない。スピードスケートに転向して平昌五輪に出場したパク・スンヒは「クリスティとは五輪以降、良い関係を結んだ。クリスティはいい人。今回のオリンピックでは『あまり批判しすぎないでほしい』と呼びかけている」とコメントした。
yahoo

服用してみる

【平昌・ドーピング違反】斎藤選手「見に覚えない」【海外反応】

b40e2986f94ec6d35427e9b754923a45

斎藤慧のコメント(要旨)=ドーピング検査陽性反応〔五輪〕
ドーピング検査の陽性反応を示した斎藤慧が12日付として、日本選手団を通じてコメントを発表した。要旨は次の通り。
今回、このような検査結果が出たことに大変驚いています。ドーピング(違反)を行おうと考えたことはこれまでに一度もありません。アスリートとして絶対にしてはいけないと理解していました。また、けがをした時や体調を崩した時に処方される薬については、事前に専門家に相談していましたし、日常の食事や飲み物にも気を付けていました。
今回検出された物質は利尿剤で、本来は高山病予防などの治療薬だそうですが、筋肉増強剤を隠蔽(いんぺい)する目的などで使う人がいるため、禁止薬物にされていると聞きました。私は、筋肉増強剤を使用したことがありませんので、それを隠そうなどとは考えませんし、利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません。この薬を使用するメリットも動機も私にはありません。
1月29日の合宿中に受けた検査ではどのような禁止薬物も検出されず、陰性だったため、自らの意思で何かの薬物を摂取したという事実はありません。今回の検査結果が出てしまったことには偶発的に起きた出来事により、禁止薬物が無自覚のまま口に入ったものとしか考えられません。
今回の結果については身に覚えのないことで、不可解であると感じ、自身の身の潔白を証明するために戦っていきたいと考えておりますが、今、それを要求することはオリンピックを戦っているチームに迷惑をかけると思ったので、暫定資格停止という決定を受け入れ、自発的に選手村を出てチームを離脱いたします。
最後までチームジャパンの一員として同じ場所で戦いたいと思っていましたが、残念です。チームを離れても一員として仲間を応援しています。
yahoo

服用してみる

「真央さんに憧れてた!」長洲未来、米に初のトリプルアクセル成功をもたらす。海外「アメリカ人?!」

491E9AEA00000578-5379973-image-a-34_1518413011578

長洲未来「浅田真央さんみたいなすごいジャンプを」五輪史上3人目のトリプルアクセル成功
平昌五輪第4日 ▽フィギュアスケート団体女子フリー(12日・江陵アイスアリーナ)
平昌五輪フィギュアスケート団体女子フリーで米国の長洲未来(24)が3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を成功させた。加点1・57点がつく美しいジャンプで137・53点の自己ベストをマークし、2位に食い込んだ。五輪でのトリプルアクセル成功は1992年アルベールビル大会の伊藤みどり、10年バンクーバー、14年ソチ大会の浅田真央に次いで3人目。米国人では初の快挙。
4位でメダルに届かなかった2010年のバンクーバー五輪で、浅田真央のトリプルアクセルに心を奪われた。
「8年前に浅田真央さんが、プレッシャーがかかる五輪の舞台で決めていてすごいなと思った。浅田真央さんみたいに自分も、そういうすごいジャンプをやりたいと思った。五輪の舞台で跳べてすごくうれしい」
「スケーターの人生は本当に短い。私は24歳になってやっとトリプルアクセルを跳べるようになった。ソチの涙を使って、頑張ってきた。私は選手として『トシ』って言われるけど、他の選手も諦めないで」。日本人の両親を持つ長洲は日本語でユーモアたっぷりに、スケーターたちにエールを送った。
詳細↓
livedoor

服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ