• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

ブラジル大統領の発言に世界がドン引き【コロナ】

20200331-00010011-newsweek-000-3-view

ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は、新型コロナウイルスは「ちょっとした風邪」にすぎないと一蹴し、国民に働いて経済を動かし続けるよう呼びかけている。ロックダウン(都市封鎖)にも反対で、自らの支持者に対してその理由をこう言った。
「私たちはみな、どうせ死ぬのだ」
「ウイルスは存在する。私たちはそれに立ち向かわなくてはならない。男らしく戦おう。子どものようにふるまうのはやめよう!」
「派手に恐怖心を煽り、イタリアでどんなに死者が出ているかを大きく報じる。パニックを広げるためにメディアが使う常套手段だ」
「60%から70%の国民が感染することでブラジルに免疫がつく」
テレビ演説でも「新型コロナウイルスはまもなく終息する」と断言。それと同時に、小規模事業者は営業を再開し、貧困層が仕事に戻れるようにしてほしいと呼びかけた。「私たちは生活を続けていかなくてはならない。雇用を維持すべきだ」
アメリカのドナルド・トランプ大統領とよく並べて語られるボルソナロは3月29日、全国規模の隔離を命じるよう求める州知事たちとの何週間にも及ぶ論争を跳ね返し、パンデミック軽視の姿勢をますます鮮明にした。ブラジル保健省の発表では、同国における新型コロナウイルスの感染者数は4661人、関連死者数は165人だ。それでもボルソナロは、3月15日に支持者たちと会った際、握手で挨拶を交わしていた。最近では、他国で行われている外出制限等に触れ、「大量監禁」だと批判した。
詳細↓

 

服用してみる

「こんな状況の中、日本女性の心遣いに泣いた」【コロナ】

how-to-be-happy-practicing-compassion-pic-1080x608

 

服用してみる

「家に入るなコラ!」父親、呑気に旅行に行ってきた息子を門前払い【コロナ】

0facc131b10b34ed94bf2f44f111ee8e

「近付くな! 」
アメリカの父親、忠告を無視して春休みの旅行を楽しんできた息子を実家に入れず
【新型コロナウイルス】
アメリカのニューヨーク州ナニュエット在住のある父親は、春休みにテキサス州サウスパドレ島を旅行してきた大学生の息子を自宅に入れることを拒否した。
ピーター・レバインさん(51)は、息子のマットさん(21)に旅行を切り上げて早く家に帰ってくるよう説得を試みたがダメだったと語った。
家には年老いた祖父母も住んでいるため、息子を家に入れたくなかったという。祖父母をウイルスにさらしたくなかったからだ。
「息子とは毎日話し、家に帰ってくるべきじゃないかと伝えました。激怒しました。状況はどんどん悪化しているのに」とピーターさんは話した。マットさんは「自分やその友人が屋外で集まって、ライブ音楽を聴いている写真」を送ってきたという。
マットさんとその友人がサウスパドレ島から戻ると、ピーターさんは空港まで迎えに行くつもりはない、ナニュエットの実家には自分たちでどうにかして帰ってこいと息子に伝えた。
「家に向かって歩いてくる息子たちに、わたしは『そこで止まれ! それ以上、近付くな! 』と言いました」
「息子を愛してます。でも、ここには泊まらせませんでした」
詳細↓

 

服用してみる

海外「日本の副総理『WHOはCHO(中国保健機関)』←これ好き♡」

EPf7du-UcAEGHbU

麻生副総理・財務相「WHOはCHO(中国保健機関)の声も」
WHO=世界保健機関のテドロス事務局長が「中国政府が報告した死者数や感染者数をうのみにしている」などとして、インターネット上で辞任を求めるキャンペーンが行われていることに関連して、麻生副総理兼財務大臣は
「早い話が、WHOが『ワールド・ヘルス・オーガナイゼーション』ではなく、『チャイニーズ・ヘルス・オーガナイゼーション』ではないかと、『CHO』に直せという声が、わんわん出たことがもとだ」と述べました。
詳細↓

 

服用してみる

【海外激怒】中国政府「医師達よ、治療に熊胆使ってみろ」

26450234-8155815-image-a-26_1585243988893
26450230-8155815-image-a-25_1585243964202

熊胆
クマ由来の動物性の生薬。古来より中国で用いられ、日本では飛鳥時代から利用されているとされ、材料は、クマの胆嚢(たんのう)であり、乾燥させて造られる。健胃効果や利胆作用など消化器系全般の薬として用いられる。苦みが強い。漢方薬の原料にもなる。
古来、日本は熊胆を利用しつつもクマの個体数が維持されており、世界的にみても珍しい。
ツキノワグマやヒグマなど全てのクマ科はワシントン条約により規制されており、カナダ・ロシアなどの輸出国による輸出許可書がない限り国際取引は禁止されている。 海外旅行での取得の際には輸出国で所定の手続きを取らねばならないとされている。
近年、日本では狩猟者が減少していることや、乾燥技術の伝承が絶たれていることなどから、熊胆の流通量が減り、取引価格が上昇している。このため、中国などから輸入されている(中国は生産量の一割を消費し、韓国・日本に対する供給国とされる)。

コロナウイルスが猛威を振るう現在、中国政府は医療機関に対して、熊胆を使用してみるよう呼び掛けているらしい。
これに対して、早くも動物愛護団体から「悲劇だ」「心底ガッカリしている」「動物由来のウイルスに対して、さらに動物を痛めつけた薬を使用するとか・・・皮肉だ」等の非難の声も上がっているという。
利用されるツキノワグマは絶滅危惧種のリストに入っている。

 

服用してみる

「日本は中国にブチキレて良い」【東京五輪延期決定】

26308966-8143989-image-a-16_1584987924013

東京五輪、1年程度延期 IOC承認、新型コロナ感染拡大
安倍晋三首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で会談し、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、7月24日に開幕予定だった東京五輪を1年程度延期することで一致した。
五輪の延期は史上初。
詳細↓

服用してみる

「K-1の強行開催←どう思う?」【コロナ禍】

20200323-03230029-sph-000-13-view

「払い戻しできないので来た。感染は自己責任」K―1強行開催にファンの声
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、国や埼玉県が開催自粛を求めていた格闘技イベント「K―1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」が22日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で予定通り行われた。この日午前11時に開場し、午後9時まで約6500人が来場した。政府の方針に従い、多くのイベントが通常通りの開催を見合わせる中、主催者側は万全の感染対策を行ったとしているが、波紋を呼びそうだ。
観戦に来た40代の会社員男性からは「払い戻しできないと聞き、チケットを無駄にしたくないので来た。こういう状況なので、感染は自己責任。とはいえ、高校野球も自粛しているのに開催はちょっと…」と開催に対する疑問の声も聞かれた。
詳細↓

服用してみる

海外メディア「日本の首相、やっと諦める」【五輪】

0 (1)

安倍首相、東京五輪延期を容認 「完全実施困難なら」
安倍晋三首相は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国際オリンピック委員会(IOC)が今夏開催の東京五輪の延期を決めた場合は受け入れる意向を表明した。
続く↓

0 (2)
0 (3)

服用してみる

「日本が休息を取る良い機会だね!」【中韓の訪日客激減】

20200319-00000045-asahi-000-9-view
0IuGIqdSxG95Vt6yanTgPUzLM88w3S6wuuk21ses

中国人訪日客、前年比87%減 2月、新型コロナが影響
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2月の訪日外国人客数は前年同月より58・3%減の108万5100人になった。東日本大震災直後の2011年4月(62・5%減)に次ぐ減少幅だ。特に中国人客は87・9%減の8万7200人で、前月の22・6%増から一転し、今の調査方法となった1975年1月以来、最大の下げ幅となった。観光庁が19日発表した。
日韓関係の悪化で昨夏から大きく落ちこんでいる韓国人客も、79・9%減の14万3900人だった。減少は8カ月連続で、下げ幅は前月の59・4%よりさらに広げ、今の調査方法で最大になった。
詳細↓

服用してみる

IOC会長「五輪はサッカーとは違う。安易に延期とか言うな#」

20200321-00000560-san-000-view

延期簡単でないと認識 IOCバッハ会長
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が東京五輪の延期は簡単ではないとの認識を示した。「週末のサッカーの試合のように延期することはできない」と述べ、いかなる決定を下すにしても信頼できる明確な情報が必要だとした。
「(参加する)1万1千人のアスリートの夢を壊す。中止は最も公平でない解決策だ」と否定的な考えを示した。
詳細↓

服用してみる

「日本は山中に放置された車さえアート♡」

62008826b26049f4e93563fb15b802c2

 

服用してみる

「だから?!さっさと謝罪しろ##」【武漢、封鎖以降初の感染者ゼロ】

26146648-0-image-a-6_1584582409043

中国・武漢、封鎖以降 初めて新たな感染者ゼロに
中国では湖北省武漢市で1月23日に交通規制がかかり、事実上封鎖されて以降、初めて新たな感染者がゼロとなりました。その一方で、イタリアでは18日、新型コロナウイルスによる死者が前日よりも475人増えて2978人となり、1日の増加数としては過去最多を更新しました。
このままのペースで増加した場合、あと1日から2日で中国での死者数を超える恐れが出てきました。

服用してみる

都知事「中止はない」←「いや延期って言ってるだけなんだが」【国内で広がる五輪開催への疑問】

_w850

五輪延期なら…会場「1年先まで予約いっぱい」確保大変
新型コロナウイルスの感染拡大で、この夏の東京オリンピックの延期論が広がる。ただ、延期という選択をしても、課題は山積みだ。
年間300件ほどの展示会が開かれる、国内最大級の大規模展示場「東京ビッグサイト」(東京都江東区)。約8万平方メートルの展示面積は五輪・パラリンピックの招致時から、国際放送センターやメインプレスセンターとして使われる計画が立てられていた。
東展示棟は2019年4月~20年11月、西展示場は20年5月~9月、展示場としての使用を中止。展示会の関連企業からは悲鳴が上がっていただけに、都幹部は「1年先まで予約はいっぱい」と話す。
ビッグサイトによると、仮に21年や22年の夏に延期になったとしても、この時期はすでに予約を希望している主催者がいて、契約に向けて「調整中」という。都の担当者は「すでに合意された契約があるならば、変更してもらうことは金銭補償にもつながりかねず、極めて難しいのではないか」と話す。
詳細↓

 

服用してみる

コロナ生還者「大丈夫、パニックにならないで」←「いや油断は禁物」

25906866-8103421-image-a-8_1584049906602

「パニックにならないで」 陽性判定も回復の米女性、新型コロナを語る
パニックにならないで。でも、高リスクの人たちのことを考えて、体調が悪いと感じたら外出しないで──
エリザベス・シュナイダーさん(37)が住む米ワシントン州の最大都市シアトルは、世界的に流行している新型コロナウイルスによる感染症で、米国で最も多くの死者が出ている。シュナイダーさんは「みんなが少しでも希望を持ってくれれば」との思いから、11日のAFPのインタビューで自らの体験を語ってくれた。
「もちろん、のんきに構えていればいいという話ではない。高齢者、基礎疾患のある人はたくさんいるから」もし体調が悪いなと感じたら、そういう高リスクの人たちに自分が近づかないよう、「細心の注意を払って外出を控えるべき」
「朝起きたら、倦怠(けんたい)感があった。でも、その前の週はずっとものすごく忙しかったし、仕事に行かなくちゃと思って起きたときにいつも感じるだるさと変わらなかった」
しかし昼前には頭痛が始まり、熱も出て、体のあちこちが痛くなった。
半休をとって家に帰ることにした。
しばらく寝て起きてみると、大変な高熱になっていた。測ってみると、39.4度もあった。「その頃にはもう震えが止まらなくなっていて、悪寒もし、手足がヒリヒリと痛んだ。それでちょっと不安になった」
シュナイダーさんは薬局へ行ってインフルエンザの薬をもらった。熱は数日のうちに下がり始めた。
2、3日してから、友人のフェイスブックの投稿で、同じパーティーの出席者の中に似た症状が出た人たちがいたことを知り、怪しく思い始めた。
検査の結果、新型コロナウイルス感染症で陽性反応が出たと告げられた。
検査結果が出たころには、シュナイダーさんの症状はすでに治まっていた。
「命に別条があるほどの症状でなければ家にいて、薬局で買える薬とたくさんの水を飲んで、よく休むこと。見たかったテレビ番組の一気見とかしていれば治る」
詳細↓


服用してみる

「怪しい・・・」米大統領、コロナ検査で陰性反応。

0 (3)
0 (2)

トランプ大統領、新型コロナ検査で陰性 専属医
ドナルド・トランプ米大統領(73)は新型コロナウイルス検査で陰性だったと、ホワイトハウスの医師が14日、明らかにした。
7日、フロリダ州に自身が所有するリゾート施設「マーアーラゴ」で、訪米したブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領と会談。その後、ボルソナロ氏に同行したブラジル政府高官が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。
詳細↓

0 (1)

服用してみる
スポンサードリンク
RSS
RSS
ちょっと一息/連載4コマ
最新記事
スポンサードリンク

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ