• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「日本の過去を飛ばすな#」 修理復元されたゼロ戦が日本の空を飛行中。

_w850

神戸空港にゼロ戦 旧機体を復元、日本各地飛行中
旧日本軍の機体を復元した零式艦上戦闘機「零戦」が神戸空港内ヒラタ学園神戸エアセンター(神戸市中央区)に駐機している。イベントなどで日本各地を飛行中で、同空港に立ち寄った。一般公開はしていない。
旧機体は、三菱重工業が1940年代初頭に製造し、太平洋戦争中、南方戦線で撃墜されたとみられる。
10年からニュージーランド在住の会社経営、石塚政秀さん(56)が所有する。「特攻に使われるなど負の歴史を背負っているが、当時の航空産業の粋を集めた技術遺産ともいえる。後世に残し平和を考える史料としても活用したい」と話す。
服用してみる

「日本が、ミサイル攻撃に対する避難法の告知CMを開始」【海外反応】

kutsu_170623jalert03

「北」ミサイルの避難方法 テレビCM開始
政府は、北朝鮮の弾道ミサイルが日本に落下する可能性が生じた場合に身を守る方法を周知するテレビCMを、23日から全国で2週間放送。
CMは、「政府からお知らせします。弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合、Jアラートを通じて、屋外スピーカーなどから国民保護サイレンと緊急情報が流れます。屋外では、頑丈な建物や地下に避難を。近くに建物がなければ、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。屋内では窓から離れるか、窓のない部屋に移動を。お問い合わせは内閣官房、消防庁、または自治体へ」との内容となっている。
続く↓
yahoo



服用してみる

【海外激怒】タカタ、民事再生法を申請。

2001-Honda-Accord-deployed-airbag

世界トップクラスの自動車安全装置メーカー、タカタなど3社が民事再生法の適用を申請
上場企業では1年9カ月ぶり

タカタ(株)は、6月26日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。
2004年以降に国内外で発生した当社製エアバッグの不具合・異常破裂に伴う大規模リコール問題が経営を圧迫。2015年11月にはホンダが当社エアバッグ部品の採用中止を表明するなど、以降は自動車メーカーの間で“タカタ離れ”の動きが世界的に進行。2016年5月末時点でリコール対象台数が世界で1億2000万台規模に達し、1兆円超ともいわれるリコール関連費用について、自動車メーカーとの負担割合を巡る協議が喫緊の課題となるなか、包括的な再建計画の策定を目的に外部専門家委員会を設置。外部スポンサーによる再建を前提に支援企業の選定を進めるなか、今回の措置となった。
詳細↓
yahoo

米「タカタ製エアバッグのせいで、17歳女子高生が死亡した!」
米当局「しっかりと責任を取れ」 タカタ「言い掛かりだ」【エアバッグ】

服用してみる

【中国で爆発的ヒット】「爪ようじボーガン」が「危険だ」と物議【海外反応】

3255

大人気の「爪ようじボーガン」が物議、販売中止要請も 中国
中国で爪ようじやくぎを放つことができるおもちゃのボーガンが大人気となっている中、保護者らは子どもの失明や重大な事故につながる恐れがあるとして、商品の販売中止を求めている。
「爪ようじボーガン」の呼び名で知られるこのおもちゃは、もともとは爪ようじのみを飛ばして遊ぶ目的で開発された商品。インターネットや店舗で7元(約110円)ほどで販売されている。
爪ようじの代わりにくぎを放つとガラスが割れるほどの威力がある。同紙以外の国営メディアも、射程距離は20メートル以上になるとし、鉄くぎも飛ばせると伝えている。
上海日報は、「『爪ようじボーガン』はあっという間に全国に飛び火し、小中学校の児童の間で人気を呼んでいる」と報じ、「非常に小型とはいえ、風船を割ったり段ボールを貫いたりするほどの威力がある。爪ようじの代わりに鉄くぎが使われれば、危険な武器になる」と警鐘を鳴らしている。
同紙によると、販売店では商品が早々に売り切れ、必死に需要に対応しようとしているところだという。
yahoo

服用してみる

米女性「私はヒュンダイに辱められた」 生理でユニを汚したコンパニオンを解雇【海外反応】

170531-hyundai-feature

ヒュンダイ「生理中の女性の雇用はNG」 経血でコスチュームを汚したコンパニオンを解雇(米)
「私たちは無機質なロボットなどではない。人間、そして女性なのです。月経というものを恥じる気もありません。」
そんな言葉とともに雇用主への激しい怒りを訴えているのは米国の27歳の女性。有名モーターショーでコンパニオンとして働くなか、彼女に一体何が起きたというのであろうか…。
『New York Post』紙電子版などが報じたところによれば、女性はレイチェル・リッカートさん(27)。この4月にマンハッタンのジャビッツセンターで開催された『2017年ニューヨーク国際オートショー』において「ヒュンダイ」のコンパニオンとして雇用されたが、彼女はある日、女性として言葉に言い表せないほどの屈辱を味わった。原因は月経。男性たちはもっと女性の体を理解するべきだと彼女は強く主張する。
イチェルさんは勤務2日目という4月13日、月経の期間に入っていたため生理用品を使用しながらヒュンダイのブースに立ち、美しい新車に華を添えていた。そろそろ生理用品を交換しなければと感じつつもチャンスは訪れず、トイレに行った時にはすでに月経血が漏れ出してコスチュームを汚してしまっていたという。彼女はすぐに派遣会社の「Experiential Talent」に連絡し、「自分で洗濯するため少し時間が欲しい。着替えたらまた働く」と告げたが、返事は「家に帰り連絡があるまで自宅待機を」というものであった。そして連絡が来たのは15日の朝。「ヒュンダイ側が月経中の女性の起用を好ましく感じていない」といった理由でレイチェルさんは解雇を言い渡された。計5,000ドルの収入を見込んでこのショーのコンパニオンに志願した彼女だが、出演した分の報酬すら支払われなかったという。
techinsight

セルビア「ココは中国製オモチャのパッケージを愛でるスレwww」
お前等が訪れた中で、「二度と行きたくない」って思う世界の街はドコ?
トルコ「お前等、まさかトイレはウォッシュレット使ってるよな?」

服用してみる

【炎上】黒人乗客「あんたはレイシストだ#」→空港の女性スタッフを泣かす【映像】

服用してみる

「法廷に現れた被告が完全にジョーカーwww」【海外反応】

ハロウィン ジョーカー5

服用してみる

【英テロ】被害者を介抱したホームレス達に世界が泣く【海外反応】

40B966F100000578-4536044-image-a-23_1495587779162

英マンチェスター爆発、被害者介抱したホームレス男性に称賛
英中部マンチェスターのコンサート会場で起きた自爆攻撃で、現場付近で物乞いをしていたホームレスの男性が瀕死状態の女性を抱きかかえてみとっていたことが分かり、英雄として称賛を集めている。
コンサートが行われていた「マンチェスター・アリーナ」で22日、サルマン・アベディ容疑者が爆発物を起爆させた際、クリス・パーカーさん(33)は会場の入り口付近で物乞いをしていた。
何人もが命を落とし、逃げ惑う人々でパニックが起きる中、パーカーさんは犠牲者を助けようと現場に駆けつけた。
「爆発音が聞こえたかと思うと、白い光が走り、煙も見えました。その後、泣き叫ぶ声が聞こえてきたんです」。パーカーさんは涙ぐみながら当時の様子を振り返った。
「私は(爆発の衝撃で)床にたたきつけられ、それから起き上がりました。逃げ出そうとは思いませんでした。助けなければ。そう直感して駆け出していたんです」
「小さな女の子もいました……両足を失っていた子が。売り物のTシャツでくるんでやって『ママとパパはどこ?』と尋ねると、その子はこう言うんです。『パパは仕事。ママはあっち』と」
パーカーさんは、少女の母親は亡くなってしまったのだと思ったと語っている。
パーカーさんは現場で1人の女性の最期をみとったという。「私の腕の中で息を引き取りました。60代の女性で、家族と一緒に来ていたと話していました」

現場で被害者に手を貸したホームレスの人は、パーカーさんだけではない。
会場近くで路上生活を送るスティーブン・ジョーンズさん(35)も、同じように「本能的に」助けに行った。
「マンチェスターには善良な人たちがたくさんいて、困っている私たちにも手を差し伸べてくれます。だから私たちもお返しをしないといけないんです」
報道を受けて、クラウドファンディングのウェブサイトにパーカーさんやジョーンズさんのための募金ページが開設された。それぞれ1万ポンド(約145万円)を超える寄付金が寄せられている。
詳細↓
yahoo

服用してみる

千葉で捕獲されたメガマウス、死ぬ【海外反応】

screenshot_2017-05-23_201-25-0024

「メガマウス」が死んだ あまりに早すぎる死にネットでは驚きの声が相次ぐ
5月23日、千葉県館山市で保護されていた「メガマウス」が死んでいるのが確認された。前日の22日に館山市の沖合で定置網にかかったのを保護され、市内の会社が引き取っていけすで保護されていた。NHKニュースが伝えた。
朝日新聞デジタルは22日、この「メガマウス」の保護を報じるニュースで、東京海洋大名誉博士のさかなクンも潜って確認したと伝えていた。
さかなクンは「丸い頭と大きな口が特徴で、メガマウスで間違いありません。元気に泳ぐ姿に会えるなんて夢のようでギョざいます」と話したという。
また、これまでの「メガマウス」は網にかかった後に死んでしまったものが多く、世界的にも飼育例はない、とも伝えていた。
Twitterでは、保護からのあまりに早い死への驚きや悲しみの声が広がった。
huffingtonpost

日本「北欧諸国の旗って、○○○に見える・・・」←北欧「なに?」
「ノルウェー、スウェーデン、フィンランド。正直、違いがワカラン(´・ω・`)」

服用してみる

【冴えない村】全体をカラフルにペイント→投稿→観光客殺到【海外反応】

4062AD6B00000578-4495596-image-a-30_1494937408915

服用してみる

【1億年前】完全な姿の恐竜化石が発見される・・・【カナダ】

maxresdefault

皮膚も装甲も「そのまま」、1億年前の恐竜化石を公開 カナダ
皮膚や装甲板など、生きているときの外見をほぼとどめた状態の恐竜の化石が15日までにカナダの博物館で一般公開された。1億1000万年前の恐竜で、同国の鉱山から見つかったという。
カナダ・アルバータ州にあるロイヤル・ティレル古生物学博物館が展示したこの化石はノドサウルスと呼ばれる四足歩行の草食恐竜のもので、約5.5メートルの長さを持つその体は戦車のような装甲板で覆われている。
従来の化石と違い頭部から尾のあたりにかけて皮膚から化石化しているため、骨格は確認することができない。博物館は「無傷の鎧で体を包んでいる」と説明する。
このノドサウルスはこれまでに確認されていなかった種類で、博物館の専門家によればアルバータ州から出た恐竜の化石としては最古のもの。
詳細↓
yahoo

服用してみる

「日本の若き資産家が、こんな絵を123億円で落札」【海外反応】

_w850

バスキアの作品123億円、日本人社長が落札
競売会社サザビーズが18日に米ニューヨークで行った競売で、1980年代、落書き風の絵画で活躍した米国の画家、バスキア(1960~88年)の人の顔を描いた作品「UNTITLED」(82年)が、約1億1050万ドル(約123億円)で落札された。
同社によると、額は、ポップアートの巨匠、ウォーホルを抜き米国人芸術家の作品としては最高で、80年以降に制作された芸術作品でも最高だという。
落札したのは、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の運営会社の前沢友作社長(41)。前沢さんが会長を務める公益財団法人「現代芸術振興財団」によると、作品は将来、千葉市内に建設予定の私設美術館に所蔵されるという。前沢さんは昨年5月にも別のバスキア作品を約5730万ドルで落札している。
yahoo

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると、元サイトへ飛ぶので注意】


【賛否】「街中を落書きしていた少年たち、自分達も落書きされる」

服用してみる

眞子さまご婚約【海外反応】

wire-580211-1494941098-262_634x510

眞子さま婚約へ=大学の同級生小室圭さんと―都内の法律事務所勤務
宮内庁によると、お相手は大学時代の同級生で東京都内の法律事務所勤務の小室圭さん(25)。今後、正式な婚約内定発表や、一般の結納に当たる納采(のうさい)の儀などを経て挙式となる見通し。皇室典範の規定では、眞子さまは結婚とともに皇籍を離脱することになる。
小室さんは横浜市在住で、母親と祖父との3人暮らし。眞子さまと同じ国際基督教大学(ICU)を2014年に卒業し、以前は銀行に勤務。現在は都内の奥野総合法律事務所・外国法共同事業に勤める傍ら、一橋大大学院国際企業戦略研究科に在籍し、経営法務を専攻している。
10年度には、藤沢市観光協会が募集している観光大使「湘南江の島 海の王子」に選ばれ、活動。趣味はバイオリン、スキー、料理と同協会のホームページで自己紹介していた。
詳細↓
yahoo

服用してみる

【中国】「この警官、良い人だと思う?アホな人だと思う?」【交差点】

no title

服用してみる

「誰か引き取って!」 里親に二度捨てられた犬、殺処分まであと一週間【海外反応】

no title

服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ