• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

英紙「これが日本の核シェルター」【織部精機】

0 (1)

注文殺到の核シェルター、280万円から62万円まで「1日でも早く、今すぐ欲しい!」
核ミサイル開発をめぐる米朝対立が激化し、核戦争の危機が迫っているからか、核シェルターがバカ売れしている。
「シリアで化学兵器が使われたとみられる4月4日を境に、電話やメールが殺到するようになりました。それも単なる問い合わせじゃない。『1日でも早く欲しい! 今すぐ欲しい!』と懇願するようなものがほとんどです」(織部信子取締役)
とはいえ、核シェルターの設置には手間暇がかかる。コンクリート製の地下シェルターだと「費用2500万円、工期も数ヵ月が必要」になるという。

米朝戦争がいつ起きてもおかしくないとすれば、核シェルターを注文しても間に合わないのでは?

「シェルター=地下室と考える人が多いが、そうではない。自宅の部屋に放射能や化学物質を除去する空気清浄機を設置するだけで、十分にシェルターの役目を果たすことができるんです。当社では一台280万円であらゆる有害物質を除去できるスイス製空気清浄機を販売しています。これだとその日のうちに設置できます。今月売れた8件もすべてこの280万円タイプです」

「放射能、サリン、VXガスなどを除去できる空気清浄機がオススメです。停電になってもふいご状の蛇腹(じゃばら)がついていて、手動で空気を浄化できます。大きさも大型ポリバケツほどしかなく、価格も62万円とお手頃です。寝室などに設置しておけば、いざ核攻撃があっても家族全員でこもり、危険が去るまでじっとしていればいい。1日平均2、3台売れています」(織部氏)
詳細↓
yahoo

服用してみる

【刀鍛冶】「これが備前長船兼光を作成する現場だ」【海外反応】

服用してみる

【世界初】「中国、遺伝子組換えクローン犬を育成・・・」

no title

世界初の遺伝子組換えクローン犬、中国が育成に成功―中国メディア
北京希諾谷生物科技有限公司は5日、権威ある機関の鑑定を経て、同社が育てたビーグル犬「竜竜」と世界初の遺伝子組換え疾患模型犬「苹果」との一致率が99.99%以上に達し、代理出産した母犬とは親子関係はないことが確認されたと発表した。これは「竜竜」が「苹果」のクローン犬である証拠だ。「竜竜」は中国が初めて完全に独自に育てた体細胞クローン犬、世界初の遺伝子組換えクローン犬となる。科技日報が伝えた。
中国科学院広州生物医薬・健康研究院の頼良学研究員は「これは中国が韓国に続き2番目に犬体細胞クローン技術を独自に確立した国になったことを意味する」と述べた。
recordchina



服用してみる

「日本人が作った魚ロボがほぼ実物の動き」【海外反応】

服用してみる

「近い将来、日本人宇宙飛行士が月面へ!」 米「・・・#」【海外反応】

no title

JAXA「2030年、日本人宇宙飛行士を月面へ」
日本が2030年までに日本人宇宙飛行士を月面探査に送るという構想を明らかにしたと日本メディアが報じた。ANNなどによると、宇宙航空開発研究機構(JAXA)は28日、文部科学省で開かれた宇宙に関する委員会で、米国航空宇宙局(NASA)が月周回軌道に新たに宇宙ステーションを建設するという計画に参加して、着陸機の開発を主導する考えだと明らかにした。JAXAは2019年に月面に打ち上げる予定の無人月面探査機「SLIM(スリム)」の技術を活かして、宇宙飛行士が搭乗し、宇宙ステーションと月の間を移動する着陸機を開発する方針だ。
続く↓
yahoo

海外「捏造乙!」日本の『かぐや』が送信した月面ライブ映像【地球の出】
【90億ピクセル】超高解像度で見る、銀河系中心の姿がハンパ無い件・・・。
【宇宙の果てから】「なんかワカランけど、大きさスゲーヽ(゚Д゚)ノ」【量子まで】

服用してみる

カナダの狙撃兵、3.5km先のイスラム国戦闘員を仕留める【世界新記録】

no title

カナダ兵、3.5キロ先のISIS戦闘員狙撃
イラク第2の都市モスル奪還作戦を支援しているカナダ軍特殊部隊は23日までに、狙撃兵が3540メートル離れた距離から、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国」の戦闘員を狙撃することに成功したと発表した。
カナダ軍特殊部隊は現在、モスル奪還を目指すイラク治安部隊の後方で援護と助言に当たっている。3540メートルからの狙撃成功は世界記録となる。
高い場所から狙いを定め、10秒以内に命中させたとしている。
これまでの長距離狙撃記録は、2009年11月に英国の兵士が反政府武装勢力タリバーンのメンバー2人を殺害した際の2474メートルだった。
詳細↓
yahoo

服用してみる

「日本で発売された、錯覚で胸を大きく見せるTシャツがマジで凄い」【海外反応】

no title

妄想マッピングTシャツ
"人々がこっそり思い描いている妄想世界を実現するTシャツ。エコードワークス独自の妄想マッピング技術により、フロントにあしらった格子模様を胸いっぱいに膨らませ、ボリューム感を演出します。これであたなも人々の注目を集めること間違いなし!?…というコンセプトの「胸元が膨らんで見える風」プリントTシャツです。

サイズ・仕様
WS=身丈60/身巾42(cm)/ 4.7oz/ 綿100%
WM=身丈63/身巾45(cm)/ 4.7oz/ 綿100%
WL=身丈66/身巾48(cm)/ 4.7oz/ 綿100%
vvstore

服用してみる

【海外驚愕】「日本のロボット相撲がメチャクチャハイレベルでハンパ無い!」

服用してみる

海外「信用しない!」英紙「日本が原発内部撮影の為に、マンボウ型ロボットを開発」

4177351300000578-4610124-image-a-29_1497608716339

「ミニマンボウ」福島第1原発3号機へ投入 格納容器内を泳いで撮影 7月調査
原発メーカーなどでつくる国際廃炉研究開発機構(IRID)は15日、東京電力福島第1原発3号機で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の実態把握に向け、原子炉格納容器内部に投入する小型水中遊泳ロボットを、神奈川県横須賀市の港湾空港技術研究所で公開した。調査は7月中に行われる予定。
ロボットは直径約13センチ、長さ約30センチ、重さ約2キロで愛称は「ミニマンボウ」。カメラとLEDライトを前方と後方に1つずつ備え、スクリューを後方に4つ、上部に1つ搭載している。
3号機は格納容器内に燃料を冷却するための水が約6メートルたまっているとみられ、ロボットは有線ケーブルで遠隔操作されながら、スクリューで水中を遊泳。格納容器の底に溶け落ちたとみられる燃料デブリの広がりや、原子炉直下の様子の撮影を試みる。
詳細↓
yahoo

服用してみる

【F-35B】「岩国に垂直着陸する姿を見てみよう」【海外反応】

37c3541a9abdadd3bf1e074f7295745c

服用してみる

「日本の銀行やお店には、防犯用のボールが有るwww」「USA USA USA!」【海外反応】

anti-crime-orange-balls-550x461

服用してみる

「日本の最新ステルス戦闘機が完成!」【海外反応】

abdce8d7cfdb776fa02d30f6279c3d0a

最新ステルス戦闘機「F-35A」国産初号機が披露 三菱重工と米ロッキード・マーティン
航空自衛隊向けの最新ステルス戦闘機「F-35A」の国産初号機が、三菱重工と米ロッキード・マーティンによって2017年6月5日に公開されました。同機は青森県の三沢基地に配備される予定です。
合計42機の航空自衛隊への納入が予定されているF-35Aですが、2016年にはアメリカのフォートワース工場で生産された初号機が公開。そして愛知県の小牧南工場では、三菱重工によって38機がライセンス生産される予定です。
F-35Aはロッキード・マーティンの最新戦闘機「F-35 ライトニングII」の通常離陸機タイプで、ステルス性能と高いネットワーク中心作戦能力が特徴。老朽化した航空自衛隊の「F-4」戦闘機との置き換えが予定されています。また山口県の岩国基地には、短距離離陸・垂直着陸機(STOVL)タイプとなる米軍の「F-35B」が配備されています。
yahoo

米「F35の整備は日豪でどう?」→韓国「日本だけはイヤ」

服用してみる

海外「・・・?」 英紙「日本が五輪に向け、空飛ぶ車を開発中!」

410D1E7C00000578-0-image-a-98_1496488392780

「空飛ぶ車」にトヨタら支援、東京五輪で点火めざす
2020年開催の東京五輪・パラリンピックの聖火台に「空飛ぶ車」で火を灯したい――。そんな若手技術者らの夢をトヨタ自動車グループ15社が支援する。技術者自ら「奇跡がなければ実現できない」と語るほどの難しいプロジェクトだが、各社は先月、総額4250万円の資金支援を決めた。まずは18年末までに有人飛行ができる試作機の完成をめざす。
開発を進めているのは、トヨタの若手技術者など約30人が中心メンバーになっている有志団体「CARTIVATOR(カーティベータ―)」。代表を務める中村翼氏(32)の計画が12年9月に社外のビジネスコンテストで優勝したことをきっかけに発足、14年1月に開発に着手した。平均年齢およそ30歳というコアメンバーは勤務時間外の寸暇を惜しんで、開発に取り組んでいる。
「あと3年で本当に飛ばすとなると、かなりの奇跡を起こさないといけない」。中村代表は3日、豊田市でのロイターとのインタビューで、プロジェクトの厳しさをこう表現した。同氏によると、開発の現状は「自動車が浮上する最初の第一歩が見えてきた段階。ステップとしてはまだ10あるうちの1、2くらい」。メディアに同日公開した現在の試作機は、まだ安定浮上すらできず、わずか数秒で地面に落ちる。浮上時は騒音も大きく、課題は山積みだ。
続く↓
yahoo



服用してみる

「駐車場のラインを引く作業員のテクが見てて爽快」【海外反応】

服用してみる

【日本のモノレール】レールの切り替えを早送りで見てみよう【海外反応】

服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ