• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「日本には混雑時に座席が上昇格納される鉄道がある」

服用してみる

「日米の2nm半導体って本当に実現すんのかな」

00

ハリス氏、日米で供給網強化訴え 半導体企業に
来日中のハリス米副大統領は28日、日本の半導体関連企業の幹部らと駐日大使公邸(東京都港区)で会合を開いた。中国の覇権的な動きやロシアのウクライナ侵攻によって経済安全保障の重要性が増す中「日米はサプライチェーン(供給網)の強靱化に取り組む責務を共有している」と述べ、日米協力の深化を訴えた。
続く↓
yahoo

2nm量産はこんなに困難、非現実的すぎて噴飯物の日本の半導体製造強化策
米国では、半導体の国内製造を促進する法律「CHIPS and Science Act」(CHIPS法)が成立したが、サムスン電子(Samsung Electronics)やSKハイニックス(SK Hynix)など韓国の半導体メーカーが補助金を受け取るかどうか、微妙な状況になってきている。
続く↓
yahoo

服用してみる

「日本が”自動車にギョロ目の装着”を思案中…」

0 (1)

自動運転車に“目”をつけると歩行者との事故が減少!? 東大で実証実験
「アイコンタクト」で歩行者に意図を伝えるため、「目」を付けた自動運転車で安全性を高める実験が東京大学で行なわれた。研究グループは、「視線の提示によって交通事故を減らすことができるのか?」を調べるため、車体に「目」を付けた実験車両を製作。実験車両は人間が運転し、「目」も人間が操作しており、カメラ側を見ている場合は停車し、別の方向を見ている場合は通過した。この動画を18~49才の男女各9人の計18人にVRゴーグルを使って見せ、道路を横断するかしないかの判断をさせて検証したという。男性の場合、車が通過する状況にもかかわらず道路を渡ろうとする「危険な場合」は、普通の車が約49%だったのに対し、「目」があると約18%に減少。また女性の場合は、車が停止する状況でも渡ろうとしない「安全な場合」が、普通の車は約72%から「目あり」では約34%に減った。
詳細↓
yahoo




服用してみる

「日本の夜空にスターリンク衛星が…」【映像】

20220901-00010001-sorae_jp-000-1-view

スペースX、スターリンク衛星を新たに52機投入。総数は3399機に
スペースXは日本時間2022年9月25日に、「ファルコン9」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた「スターリンク衛星」は無事に軌道へ投入されたことが、同社のSNSや公式サイトにて報告されています。スターリンク衛星は、スペースXの衛星インターネットサービス「スターリンク(Starlink)」で用いられる通信衛星です。同社は、高度や傾斜角が異なる「シェル1」~「シェル8」に分類された軌道へ、最大4万2000機のスターリンク衛星投入を計画しています。
詳細↓
yahoo

服用してみる

「とうとう日本がロボットに”笑い”を与えようとし始めた」

erica03

研究者がロボットに同時に笑うことを教える
ユーモアや笑いを認識するのが難しい人もいます。 ロボットの場合はさらに複雑です。 日本の研究者たちは、ロボットに笑いを教える方法を考え始めました。 これを行うために、彼らはいつ、どのように笑うかを知らせる「AI 笑いシステム」を開発しました。人型ロボット「エリカ」の人工知能 (AI) ベースの笑いシステムを開発する際、いつ、どのように笑いに参加するかという問題は、京都大学の科学チームにとって大きな課題でした。彼らの研究の目標は、AI システムが人間の笑いのニュアンスを認識できるようにして、人間とロボットの間の会話を、敏感な反応として一緒に笑うことで強化することであると述べています。
詳細↓
kansaiben

no title



服用してみる

「小樽でやったポケモンGOのドローンショーがヤバすぎる」

unnamed

服用してみる

「日本には猫の気持ちを代弁してくれるアプリがある♡」

FBtVR1JXMBQnCR8

猫語翻訳アプリ「にゃんトーク」で愛猫と心を通わせてみる
2021年10月より話題になった、猫語翻訳アプリ「にゃんトーク」。このアプリを使えば、ニャーニャーと鳴いている愛猫が何を訴えているのか、知ることができるんです!
続く↓
biglobe

服用してみる

外国人「行程増やしてどうする」ファミマ、飲料陳列ロボの導入を拡大。

_w850

「飲料陳列ロボ」、ファミマで導入拡大 300店舗に 人による補充業務“ゼロ”目指す
ファミリーマートは8月10日、飲料の陳列業務を自動化するロボット「TX SCARA」の導入を拡大すると発表した。「従業員への負荷が大きい業務を24時間行い、これまで人間が行っていた飲料補充業務を完全になくすことを目指す」(同社)という。8月下旬から、300店舗を対象に順次導入する。
続く↓
yahoo

服用してみる

「時差ボケなくなる?」日航も購入予定の超音速機、最高速度はマッハ1.7。

no title

超音速機ブーム、アメリカン航空が最大20機発注へ 洋上でマッハ1.7
アメリカン航空は現地時間8月16日、米ブーム・スーパーソニックが開発中の超音速旅客機「オーバーチュア」を最大20機、追加40機分のオプション付きの購入に合意したと発表した。65-80人の乗客を乗せて洋上でマッハ1.7、陸上でマッハ0.94で飛行し、航続距離は4250海里(7871キロ)になる計画。マッハ1.7は現在最速の民間航空機の2倍の速度で、マイアミからロンドンまで5時間弱、ロサンゼルスからホノルルまで3時間で飛行でき、世界で600以上の路線を半分の時間で飛行できるという。また、日本航空(JAL/JL、9201)が2017年12月にブームと提携して1000万ドルを出資し、将来の優先発注権を20機分確保している。
詳細↓
yahoo

服用してみる

海外「利点がワカラン…」都庁に3種類の警備ロボが配備!

1 (1)

都庁に自律走行警備ロボを配備!庁舎の警備水準向上へ
東京都はこのほど、都庁舎に自律走行の警備ロボットを新たに配備することについて発表した。警備水準の向上と効率的な警備の実現に向けた取り組みの一環として行うものだという。

●明治大学発のロボットベンチャーSEQSENSEが開発した「SQ-2mk2」は、独⾃の3次元センサー技術や⾃⼰位置推定技術、リアルタイム経路計画技術を駆使することで、⾼い⾃律移動性能を有している。

●セコムの「セコムロボットX2」は、レーザーセンサーで自己位置を特定しながら敷地内の巡回ルートを自律走行し、搭載したカメラで画像監視を行うことができる。

●同じくセコムの「cocobo」は、X2が搭載している機能に加え、AIや5Gといった最先端技術を活用したセキュリティロボット。

詳細↓
jidounten-lab

1 (3)
1 (2)



服用してみる

「素敵すぎる♡」声を失った人そっくりの音声で話すAI…日本の大学生らが開発。

_w850

事前に学習、声失くしてもAIで再現
がん手術などで失った声を人工知能によって再現する、東京工業大の学生らが創業したベンチャー企業のサービスが注目を集めている。AIが手術前に声の高低やアクセント、会話の速度を学習。合成音声が本人そっくりの声で、文字入力した文章を読み上げる。声を失う手術などを予定している人には無償でサービスを提供。
詳細↓
chunichi

服用してみる

英「元はウチのアイデアだったのに#」中国、世界初の永久磁気浮上による実験線を竣工。

no title

中国初の永久磁気浮上軌道交通プロジェクト、実験線が竣工
中国初の実験線「紅軌」が9日、江西省カン州市興国県で竣工した。最大の注目点は、ゴムタイヤの荷重に頼らずに走行することで、永久磁石材料と軌道が反発する原理を利用して、ノッチの中で浮遊状態を維持し、摩擦ゼロ運転を実現し、モーター駆動だけで運行することができる。
詳細↓
excite



服用してみる

外国人「は?!意味不明…」福岡の企業が”子どもの車内置き去り”の防止装置を開発中。

タイトルなし

「車内の異常が分かる装置」を福岡の企業が開発中
直方市で電子機器の設計・開発を行う株式会社サイバネテックが、「幼稚園バス等を対象にした置き去り検知システム」を試作し、近隣にある幼稚園の協力を得て実証実験を実施。
システムは車内の状況を知らせる「送信機」をバスに取り付け、幼稚園の事務所などに設置した「受信器」からモニタリングを行う仕組みだ。
詳細↓
nippon

1511281

服用してみる

「日本が”社内で立ったまま仮眠できる箱”を開発…」

no title

職場で立ったまま一休み 「仮眠ボックス」北海道旭川の企業商品化へ
仕事に疲れたら、繭のような「仮眠ボックス」で立ったまま一休み――。そんな商品が近くお目見えする。開発するのは家具の街・北海道旭川市の地場企業。オフィス家具大手のイトーキ(東京)が技術協力し、商品化を目指している。ボックス内に頭やおしり、ひざなどが移動しないよう支持具を施すことで、立ったままの休憩や睡眠が可能になる仕組みになっている。

服用してみる

「サイバーナイフ←最先端の放射線治療が凄すぎる」【画像】

maxresdefault

服用してみる
スポンサードリンク
RSS
RSS
ちょっと一息/連載4コマ
最新記事
スポンサードリンク

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ