• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「シールは貼り替えられますか?」埼玉の企業が開発、世界最小のルービック。

0 (1)

世界最小のルービックが登場 1個19万8千円
六面立体パズル「ルービックキューブ」の日本発売40周年を記念した企画展が今月24日から東京都内で開催されるのを前に、報道機関向け発表会が23日に開かれ、公式商品として世界最小のルービックキューブがお披露目された。
世界最小のルービックキューブは各辺の長さが9.9ミリのアルミニウム製で、重さは約2グラム。バンダイの子会社メガハウスが金属加工メーカーの「入曽精密」(埼玉県入間市)と協力して開発した。23日からメガハウスの販売サイトで予約受け付けを始め、国内販売価格は1個19万8千円。
続く↓

0 (2)

服用してみる

【不信感】「日本の実物大ガンダムのポーズが許せない」【山下ふ頭】

no title

日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散
日本の横浜で建造されていた「実物大」のガンダムが完成し、動画がソーシャルメディアで拡散している。このガンダムの売りは「動く」ことだ。
ガンダムが置かれているのは、横浜の山下ふ頭。建造中は、周辺区域は関係者以外立ち入り禁止とされ、一般の人は近づくこともできなかった。
高さ18メートルのこのガンダムの建造は2014年にスタートしたが、調査とプランニングだけで2年を要したという。
詳細↓


服用してみる

「炭素繊維で作ったシャツが凄すぎる」バットで殴られても切りつけられても平気【映像】

glossary_cfrp

服用してみる

「トランプのアイデアなのに」広大・ウシオ電機、紫外線でコロナを無力化させる装置を開発。

_w850

紫外線でコロナを不活化 広島大とウシオ電、感染対策に
広島大は4日、人体への影響が比較的低いとされる波長222ナノメートルの紫外線に、新型コロナウイルスの感染力をなくす不活化効果があることを確認したと発表した。建物内で照射する装置を使えば感染対策に有効だという。
一般的に殺菌やウイルス抑制に使われている波長254ナノメートルの紫外線に比べ、波長222ナノメートルの紫外線は皮膚がんなどのリスクが低いとされる。ウシオ電機(東京)がこの波長に近い紫外線のみを照射する装置「Care222」を開発して9月から販売を開始。共同でコロナへの効果を調べていた。

服用してみる

「住宅の横を通過する時は窓がスモークになる列車←コレ、やり過ぎじゃね?」

maxresdefault

服用してみる

「日本のコンビニでは既にロボット店員が働き始めている」

無題

日本のコンビニ、遠隔操作ロボットで商品陳列
日本のコンビニエンスストア大手のファミリーマートとローソンが遠隔操作できるロボットを使った商品の陳列を試験運用している。
ローソンは今週、東京の店舗に最初のロボットを配備した。ファミリーマートは先月から試験運用を始めており、2022年までに20店舗に導入することを目指している。
台車で移動し、カメラとマイク、センサーを搭載している。両手には3本の「指」があり、ペットボトルや缶などの商品を陳列することができる。
離れた場所にいるスタッフが操作する。人間の「操縦士」がVR(仮想現実)端末のヘッドセットと特別製のグローブを装着。ロボットが持っている商品を自身の手で「感じる」ことができるという。マイクとヘッドホンで店舗にいる人とコミュニケーションを取ることもできる。
理論上はロボットは世界のどこからでも操作が可能だという。
詳細↓


服用してみる

「ネーミングに難が・・・」日本一高いビル、27年に完成予定【390m】

_w850

390m 日本一高いビルの名称は「Torch Tower」に決定
2027年に完成予定の日本一高いビルの名称が「Torch Tower(トーチ タワー)」に決まりました。高さ390メートル、東京タワーより高いビルになります。
「日本を明るく元気にする、唯一無二の街作りを推進していきたい」(三菱地所 吉田淳一 社長)
新型コロナによるオフィス需要の減少が見られる中、大規模なビルづくりが成功するのか注目されます。
詳細↓

服用してみる

「日本が遂に実現させた・・・」空飛ぶクルマ、有人飛行試験を初公開。

_w850

空飛ぶクルマ、有人飛行試験を初公開 スカイドライブ
愛知県豊田市を拠点に「空飛ぶクルマ」を開発中のスカイドライブ(東京)が、有人の飛行試験を初めて報道陣に公開した。機体に搭乗したパイロットの操縦で地上約2メートルの高さまで浮上。試験場を時速約4キロで旋回し、約3分間のフライトを披露した。機体の改良を進め、2023年の販売開始をめざしている。
19年12月から有人の飛行試験を始め、現時点の最高速度は時速40~50キロ、飛行時間は最長5~10分程度だという。
詳細↓



服用してみる

「今年はヤメテ><!」小惑星のサンプル搭載した”はやぶさ2”、豪に着陸へ。

無題

「はやぶさ2」カプセル オーストラリア政府が着陸許可 12月6日大気圏突入
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、探査機「はやぶさ2」のカプセルをオーストラリア南部の砂漠地帯に着陸させる許可を、同国政府から得たと発表した。カプセルには小惑星リュウグウで採取した試料が入っている。カプセルは、12月6日に地球上空で探査機本体から切り離されて大気圏に突入し、着陸後に回収される。
続く↓


服用してみる

ケンタ「今後はプリンタで印刷したお肉をご提供!」

0 (2)

KFC、3Dプリントで作ったチキンナゲットを販売…
環境コストが大幅減、この秋にロシアで
ケンタッキー・フライド・チキンは、3Dバイオプリンティング技術で作ったチキンナゲットを今秋、ロシアで試験販売すると発表した。
バイオプリンティングは、3Dプリントの技術を利用して生体物質を結合させるもので、医療分野では組織や臓器の作成にも利用されている。
従来のチキンナゲットの生産工程よりも環境に優しいとしている。
研究所で作成された肉は十分に研究開発が進んでいて、多くの投資家がまもなく市場に出回ることを期待している。
詳細↓

0 (1)



服用してみる

「SONYが有能すぎるTシャツ用エアコンを発明してくれた!♡」

0 (3)

エアコンを着る! 暑さ対策にぴったりなソニー「REON POCKET」レビュー
ソニーがクラウドファンディング「First Flight」を通じて商品化した“着るエアコン”のようなウェアラブルデバイス「REON POCKET(レオンポケット)」、一般販売が7月1日からスタートしました。
ソニーの画期的なレオンポケットは、背中の首もとを冷やしたり暖めたりするデバイスです。本体はスリムなワイヤレスマウスのような形で、重さは約85g。レオンポケット本体と、モバイルアプリ「REON POCKET」をインストールしたスマホ(iOS・Android)をペアリングして、本体を操作します。正しく身に着けるために専用のインナーウェアも必要です。
専用インナーウェアの首もと(後ろ側)あたりに設けられているポケットに装着。レオンポケットの冷たい(暖かい)部分を、直接肌に接触させて使います。シリコンで覆われたパッドの中に、電圧をかけると発熱/吸熱(冷却)して冷温感を生む素子が組み込まれています。
レオンポケットと専用インナーウェアは、全国の家電量販店、雑貨店やソニーのオンラインストアで購入できます。本体は13,000円(税別)、インナーウェアは1着1,800円(税別)で、インナーウェアはホワイトとベージュから選べます。サイズがメンズS/M/Lに限られるため、早く女性も使えるようにしてほしいところです。
詳細↓

0 (1)
0 (2)



服用してみる

「日本がひたすら羨ましい・・・」新幹線、新型N700Sがデビュー【時速360km】

0 (5)

13年ぶり新型新幹線「N700S」デビュー
東海道・山陽新幹線に2020年7月1日(水)、13年ぶりのフルモデルチェンジ車両「N700S」がデビューしました。
「N700S」の「S」は、「最高」を意味する「Supreme」が由来です。
従来のN700系(N700A)との外見における違いは、ロゴ、N700Sは運転台付近側面に青い線が追加されている、N700SはヘッドライトがLED、ヘッドライト部分にエッジが立っている(盛り上がっている)、といったものが挙げられます。
詳細↓

N700Sは名前こそ700を踏襲しているが、「N700系以来となる13年ぶりのフルモデルチェンジ」(JR東海)という位置づけ。床下機器の配置を最適化して、16両編成の基本設計をそのまま用いて12両、8両などさまざまな編成長にして東海道新幹線以外の線区にも適用できるという。「すでに引き合いは来ている」(金子社長)といい、長崎新幹線や台湾新幹線などへの導入が期待されている。
小型・大容量のリチウムイオンバッテリーを標準装備していることで、架線停電時のバッテリー走行が可能になった。地震発生時にトンネル内や橋梁の上など、乗客の避難が困難な場所で緊急停止した際、架線から電力を得ることなく乗客の避難が容易な安全な場所まで自力で走行することができる。トイレの利用も可能だ。
東海から四国にかけて広がる南海トラフ地震の発生が心配されている中、このバッテリー走行性能は、非常に重要な役割を果たすかもしれない。
詳細↓


服用してみる

「日本が画期的過ぎるマスクを開発!♡」

0 (2)

音声認識で伝わるスマートマスクの可能性
マスクを着けたままソーシャルディスタンスを保ち、コミュニケーション。 声が通りにくかったことはないだろうか。
そんな問題を、ロボット開発のベンチャー企業が解決しようとしている。
ロボットの開発を行うベンチャー企業のドーナッツ ロボティクスが開発している翻訳ロボットは、訪日外国人向けに、羽田空港での導入を予定している。
そんなロボットベンチャーが、新たにマスクの開発に乗り出した。話した内容が、スマホの画面に・・・現在開発中の「スマートマスク」だ。
マスクの中に音声を認識するマイクが搭載されていて、スマートフォンにBluetoothで送る仕組み。
マスクをしたまま2メートル離れた人とコミュニケーションを取るのは、なかなか難しい。意思の疎通がなかなか取りづらいし、実は仕事をする側はもっと離れたいと思っている。わたしたちのスマートマスクが世の中に普及すれば、離れたところでも、声と文字でコミュニケーションを取ることができる」
早ければ、2020年の秋の販売を予定している。
詳細↓

0 (1)

服用してみる

日本のAIロボ「あたし、ハリウッドからオファーが来ちゃって・・・(照」

0 (2)

アンドロイド「ERICA」、SF映画で主演に?
対話型アンドロイド「ERICA」(エリカ)が、製作費7000万ドル(約75億円)のSF映画(原題は「b」)で主演を務めるという。The Hollywood Reporterが報じた。人工知能(AI)による俳優を起用した初の映画になるとプロデューサーらは述べている。
映画の筋書きは、ある科学者が人間のDNAを完全なものにするプログラムを開発したが、予想外の危険があることが分かり、自分が設計したAIの女性の逃亡を助けなければならなくなるというものだ。監督やERICAと共演する俳優はまだ発表されていない。
ERICAは、Tony Kaye氏が監督を務める別の映画でデビューする予定だったが、スケジュールの都合がつかなかったため、プロデューサー陣は別の方向性を探ることになったと報じられている。
詳細↓

服用してみる

「なんだかなあ」中国リニア、JRの最高速度にほぼ追い付く【走行試験】

0 (1)

中国リニア、時速600キロ 試験走行、JR記録に迫る
中国製のリニアモーターカーが26日までに時速600キロの走行試験に成功した。JR東海が2015年のリニア中央新幹線の試験で記録した最高時速603キロにほぼ追いつき、技術競争が激しくなりそうだ。
試作車は鉄道車両メーカーの中国中車が手掛けた。現在は1両編成だが、5両編成の車両の開発にも取り掛かっているという。
詳細↓



服用してみる
スポンサードリンク
RSS
RSS
ちょっと一息/連載4コマ
最新記事
スポンサードリンク

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ