• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

海外「日本の医学、人々の勇気と愛に涙…」京大、コロナ肺炎患者に生体肺移植成功【世界初】

41534228-9453085-image-a-20_1617961365482

コロナ肺炎患者に世界初の生体肺移植 家族が提供、京大病院が手術
京都大病院は8日、新型コロナウイルスによる肺炎が重症化し、約3カ月治療を続けていた患者に、家族から提供された肺を移植した、と発表した。新型コロナ感染後の患者への生体肺移植は世界で初めてだとしている。
肺移植を受けたのは関西在住の女性患者。昨年末に新型コロナに感染し、呼吸状態が悪化して、関西の別の病院に入院。体外式膜型人工肺(ECMO)が必要な状態になった。ウイルス検査が陰性になった後も、後遺症で肺が二つとも縮んで硬くなり、元に戻る見込みがなくなった。家族から臓器提供の申し出があり、今月5日に京大病院に転院し、7日、夫と息子の肺の一部を患者に移植した。
詳細↓

服用してみる

「税金が国民のために使われてる日本が羨ましい」【防潮水門】

1920px-Ajigawa_Suimon_Osaka_JPN_001

服用してみる

「1930年代にこんな技術があったなんて信じられる?!」【ロストテクノロジー?】

服用してみる

「日本が次期戦闘機開発に本腰入れてる!」

Japan's_next-generation_fighter_aircraft_concept

空自の次期戦闘機開発 三菱重工業など国内企業8社で共同設計
航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機の開発を巡って、三菱重工業など日本企業8社が共同設計を始めた。政府は2035年の配備開始を目指している。日本企業主体で開発することで、国内の防衛産業の技術力維持を目指す狙いがある。
開発主体として三菱重工業と契約している。20年12月から、開発チームにSUBARU(スバル)、三菱電機、IHI、東芝、富士通、川崎重工業、NECの7社も参加し、共同設計を始めたという。
詳細↓


服用してみる

探査車「火星に着いたよー^^♪」→NASA全員「ぎゃああああ!!!♡♡(涙」【映像】

no title
no title

NASA火星探査車、着陸に成功 「恐怖の7分間」乗り越え
米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「パーサビアランス」は日本時間の19日早朝、火星への着陸に成功した。着陸は難易度が高いことから「恐怖の7分間」と呼ばれていた。今後、数年にわたり火星で探査を行い、数十億年前に存在していた可能性のある生命の痕跡を探る予定。

edlprofile



服用してみる

「未来だ!♡」政府、”空飛ぶ車”の試験飛行について指針策定。

ogp_file5c49040f45842

「空飛ぶ車」試験飛行に指針 国交省、令和3年度中に策定へ
赤羽一嘉国土交通相は12日の閣議後記者会見で、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」について、試験飛行の実施に必要な手続きなどを明示した指針を令和3年度中に策定すると明らかにした。政府は5年の実用化を目指しており、企業や自治体が試験飛行に取り組みやすいよう環境を整える。
続く↓

服用してみる

「日本から盗んだ技術乙です」中国、超高速リニアの試作車両を大公開【時速620キロ】

0 (1)

時速620キロ、中国の高温超伝導高速リニアモーター試作車が完成
中国が独自に開発して四川省成都市内で行われていた高温超伝導高速リニアモーターカーのサンプルの組み立て作業が13日午前中に完了しました。理論上の設計時速は620キロに達するとのことです。
高温超伝導リニア交通技術を利用した車両は節電型であり安定しています。また構造が簡単で、走行コストが低いなどのメリットがあります。
続く↓

0 (2)
0 (3)


服用してみる

「日本のAI婚活って、案外とスグレモノな気がする」

AI-Dating-Project-630x354

服用してみる

「日本が”宇宙にやさしい人工衛星”の開発を進めている♡」

37368994-9095635-image-a-60_1609251128864

世界初の木造人工衛星、京大計画 23年打ち上げ目指す
京都大と住友林業は23日、宇宙空間での木材活用の可能性を探る研究を始め、2023年に世界初となる木造の人工衛星を打ち上げる計画だと発表した。使用後に大気圏に突入させた際、金属製と違って有害物質が発生せず、環境に優しいのが特長だとした。
最も変形に強かったホオノキを用いる。国際宇宙ステーションと同じ高度約400キロで半年~1年間、定期的に木の強度や変形度合いのデータを地球に送信させる見通しだ。
詳細↓

服用してみる

「宇宙開発史上最大の偉業!」JAXA、リュウグウの試料採取に成功【はやぶさ2】

無題

リュウグウの試料採取に成功 はやぶさ2 JAXA発表
探査機「はやぶさ2」が地球に持ち帰ったカプセルに、小惑星リュウグウで採取した砂状の粒が入っていたと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が14日、発表した。試料採取に成功したことで、はやぶさ2は全ての計画を完璧に成し遂げた。
採取したカプセル内のガスも、リュウグウに由来することを確認した。
詳細↓

服用してみる

「日本の精巧な技術を物語るこの映像・・・圧倒される」

maxresdefault

服用してみる

中国「富岳の100兆倍速い量子コンピュータ作ったー!」

pcu5K3YBxV5JH8q_-F39

中国、世界最速スパコンの100兆倍速い量子コンピューター開発と主張
世界最速のスーパーコンピューターよりも計算速度が100兆倍近く速い量子コンピューターを開発したと中国人科学者が主張している。
中国国営の新華社通信はサイエンス誌に掲載された調査報告を引用し、中国人科学者が開発したのはボゾンサンプリングで最大76フォトン(光子)の検出が可能な量子コンピューター試作機だと伝えた。

服用してみる

「コレが未来か」防衛省、車載型レーザー開発へ【対ドローン兵器】

20670090-0-image-a-27_1573044580271

防衛省が軍事ドローン対策強化、撃墜システム技術実証に予算
防衛省は2021年度に、軍事転用した飛行ロボット(ドローン)対策を強化する。襲来するドローンをレーザーシステムで撃ち落とす技術実証試験を行ったり、高出力マイクロ波(HPM)を照射して墜落させる発生装置研究に取り組んだりする。無数のドローンで飛行場や艦船が攻撃された場合、従来の防空システムでは対処が困難で、軍事用ドローンの対応を急ぐ。
ドローンはヘリコプターより小型・静音で低空を飛ぶため、レーダーでも発見しにくい。最近はIoT(モノのインターネット)で外部とつながり、上空から撮影した発電所や空港などの画像を地理情報とともにテロに悪用するリスクが指摘されている。
防衛省は20年の「防衛白書」で、中国電子科技集団公司が人工知能(AI)を搭載した200機のドローンのスウォーム(群れ)飛行を成功させたと指摘した。
詳細↓

防衛省、車載型レーザー開発へ 対ドローン機動性確保
防衛省は小型ドローンを使ったテロなどに備え、車載型のレーザー装置を開発する。高出力レーザーの熱でドローンを攻撃し墜落させる。車両に載せて機動性を確保し、テロの発生場所まで迅速に移動できるようにする。2025年ごろまでに技術を確立し、早期の実用化をめざす。
続く↓

服用してみる

「働く日本人、その”ワザ”の数々に驚愕する件」【映像】

DESIGNATLARGE-gifu-prefecture-8

服用してみる

「地域活性化の為にも良い事!」日本・伝統建築修復の”技”、無形遺産に。

0036166960

伝統建築修復の技、無形遺産に かやぶき、彩色など ユネスコ評価機関が登録勧告
世界最古の法隆寺に代表される日本の伝統的な木造建築を修復する職人の技術をまとめた「伝統建築工匠の技」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の評価機関は、無形文化遺産に登録するよう勧告した。
登録が勧告されたのは、国が文化財保存に不可欠な「選定保存技術」に認定している古式の木工技術、かやぶき、装飾などの伝統技術17件(14団体)。政府が18年、ユネスコに提案したが、審査が先送りとなり、件数を増やして19年に再提案していた。提案書では「建築当初の部材と、取り換える部材との調和や一体化を実現する高度な技術だ」などと訴えていた。
国内の無形文化遺産は22件となる。
詳細↓

無題

服用してみる
スポンサードリンク
RSS
RSS
ちょっと一息/連載4コマ
最新記事
スポンサードリンク

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ