• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「その昔、日本はこんなに凄い車を作っていた。その名も・・・」【海外反応】

Toyota-Mega-Cruiser-civilian-version-8-6490-default-large

トヨタ・メガクルーザー
トヨタ自動車が生産していた多目的自動車。陸上自衛隊向け高機動車の民生用として1996年(平成8年)1月に登場した。航空自衛隊と海上自衛隊は高機動車ではなく、この車種を採用している。
登場時にはその大きさや外観から「和製ハマー」とも呼ばれた。エアコン、オーディオ取り付け用2DIN スペース(センターコンソールにあり、運転席側を向いており、助手席側からは操作できない)など、ある程度の快適装備は有しているが、高価格にもかかわらずタコメーターすらないインストゥルメンタルパネルや、4速ATしか用意されないなど、開発の主眼が災害時の救援や人命救助などの任務を迅速に遂行する点に置かれており、いわゆる一般消費者向けのSUV的な自動車ではない。最終組み立ては岐阜県各務原市の岐阜車体工業で行われた。
wikipedia

「日本が、トランプの日本車バッシングに反論してるけど」

服用してみる

「もはや中国の方が日本よりも技術でリードしているのだろうか?」【海外反応】

n-CHINA-BULLET-TRAIN-628x314

今や、日本よりも中国の方がテクノロジーにおいて発展している・・・?
日本は今まで、テクノロジー分野でのかがり火的存在だった。
しかし現在、テクノロジー関連の記事には常に中国の名前が真っ先に出てくる。
自分は中国に住んで10年が経過する。
そんな自分が近ごろ日本を訪れた時、なぜか技術的遅延を感じてしまった。
もちろんとても発展していると感じる部分もそれなりには有ったのだが・・・。
そこで自分は、日本と中国の優劣について取り上げることにした。



服用してみる

「3Dプリンターで第二次世界大戦の戦艦を沢山作ってみた」【海外反応】

服用してみる

「日本の資産家出資のロケットが打ち上げ失敗したみたい・・・」

77cef39bf86c420f91ebba9f3302746a_640px
auone

射場に上がった炎、爆発音 ロケット落下、観覧席に沈黙
元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)の小型ロケット「MOMO」2号機が、打ち上げ直後に落下、炎上した。
小型ロケット「MOMO」2号機の射場から約4キロ離れた有料観覧席には、多くの家族連れが集まり、打ち上げを見守っていた。
午前5時30分、カウントダウンがゼロになり、ロケットのエンジンが噴射する赤い炎が見えると、「おー」と歓声が湧いていた。だが直後に炎があがり、「ドン」という爆発音が遅れて聞こえた。
距離が離れているため、肉眼では炎しか見えず、観覧席からは「どうなったの」「いつ上がるの」と不安がる声が次々に起こり、その後沈黙の時間がしばらく流れた。
計画では、打ち上げから約4分で宇宙空間(高度100キロ)に到達し、そのまま弧を描いて太平洋上に落下する計画だった。
詳細↓
yahoo

【宇宙の果てから】「なんかワカランけど、大きさスゲーヽ(゚Д゚)ノ」【量子まで】
【12光年の彼方】英米豪「地球型惑星って、案外近場に有るかも知んない・・・」

服用してみる

「記憶だけで自国の形を書け」【海外反応】

no title

服用してみる

「日本ってつくづくアナログを大事にする国だわ・・・」【海外反応】

fl20130323a1b

服用してみる

中国「我が宇宙ステーションを使用したい国は申込書を提出するアル!」【海外反応】

no title

中国「中国の宇宙ステーションは世界に開いている」
中国が2022年末に完工予定の宇宙ステーションを国連加盟国のどの国にも使えるようにすると米国のITメディア「The Verge」が29日(現地時間)、報じた。
報道によると、国連ウィーン事務局中国大使のShi Zhongjun氏は声明書を通じて「中国宇宙ステーションは中国だけでなく世界に開いている」とし「宇宙探査はすべての国の利益となるべきだ」と明らかにした。
中国は国連加盟国の大学や民間企業、公共機関などに対し、中国が建設中の宇宙ステーション使用申込書を今年8月31日までに提出するよう薦めている。申込書が通過すれば、中国宇宙ステーションの内・外部で加盟国が開発した実験施設で実験をすることもできるほか、中国が宇宙ステーション内に設置した施設を活用することができる。
続く↓
yahoo

服用してみる

「日本には750年前のレシピで作られ続ける○○が有るんだって」【海外反応】

2e66392508e8735943e14fab51bff757-e1434679816903
onlynativejapan

750年の伝統を継ぐ湯浅醤油! 角長 手作り醤油
角長の醤油は、昔ながらの製法で、時間をかけじっくりと手作りで作られた醤油です。濁り醤(にごりびしお)は、通常、圧搾、加熱して作られる醤油とは違い、麹がつくった醤油の汁のみを取り出した生醤油です。
だから、まず、味が違います。
角長の湯浅醤油は食材の風味を活かし、深みがあります。例えば、刺身も、湯浅醤油をつけることによって、魚の旨味が更に深くなります。
そして香りが違います。
醤油を熱々ごはんに少し落としてみてください。ごはんの熱により暖められた醤油の良い香りが広がります。
国産の原料にこだわり、昔ながらの吉野杉の江戸桶で丹精込めてじっくりと約1年3ヶ月醸造して湯浅醤油は作られます。だからこそ、味、香りが普通の醤油とは違うのです。
kisyuzanmai

服用してみる

「このロボット、そのうち人間を殺し始めるだろ・・・」【海外反応】

screen-shot-2017-11-15-at-3-21-11-pm

あのボストン・ダイナミクスの“ロボット犬”、来年の発売に向けた進化の裏側
ボストン・ダイナミクスの四足歩行ロボット「SpotMini(スポットミニ)」が2019年に発売されることが明らかになった。これまでにも犬のように歩き回ったり、ドアを開けたりする動画が話題になってきたこのロボット。今回は発売に向け、いかなる進化を遂げたのか。動画とともに解説しよう。
続く↓
wired

服用してみる

「日本の除湿剤とか消臭剤って効果有んの?」【海外反応】

服用してみる

「その国が他国よりも自慢できる事柄を示した地図www」【海外反応】

spam_email_screen_stock-100664936-large

服用してみる

米ロッキード「日本、F22とF35のハイブリッド機を共同開発しない^^?」【海外反応】

439545084936a20006e7e8386ecbfd87


空自F2後継機、米社がF22とF35両機ベースの開発案打診
航空自衛隊の「F2」戦闘機の 後継に、米空軍の「F22」と「F35」両方を土台にした機体を開発する案が浮上していることが分かった。両機を手がける米ロッキード・マーチンが、日本 政府に非公式に打診した。門外不出とされてきたF22の高性能技術を得られることから、日本が米国との共同開発に踏み切る可能性が高まった。
日米の複数の関係者によると、ローキードはF22の機体に、F35の電子機器類やステルス技術を組み合わせた戦闘機の開発案を日本の防衛省に伝えた。ロッキードは米政府と議会の認可を得た上で、夏までに正式に提案する。
双発エンジンのF22は高いステルス性と制空能力を兼ね備え、今も米空軍史上最高の戦闘機とされる。日本は一時期輸入を模索したが、米議会が認めなかった。トランプ政権はこのほど米国製兵器の輸出を緩和する方針を打ち出しており、今回は認可される可能性がある。
F2 後継機である「F3」の国産を目指していた日本は、三菱重工業 を共同開発のまとめ役に、IHI が手がけるエンジンや、高性能半導体を使った三菱電機のレーダーをなどを活かしたい考え。「F22とF35のハイブリッド機で、どちらの戦闘機よりも高い 性能が期待できる」と、関係者の1人は言う。
続く↓
yahoo

服用してみる

「日本の8歳児が、テレビ画面のブルース・リーとシンクロ」海外「やべええ!」

39d76e67

  • 日本の奈良県に住むRyusei 'Ryuji' Imaiはブルース・リーが大好きな8歳児。
  • ブルース・リーを完璧に再現するべく、彼は日々ヌンチャクの練習に勤しんでいる。
  • 毎朝6時から、1時間半にわたる練習を続けている。
  • インスタグラムには既に3万人のフォロワーがついている。
  • 映像で披露しているのは、映画「燃えよドラゴン」の物真似だ。

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると、別サイトへ飛ぶので注意】


服用してみる

「日立製作所が確率の高いガン検査法を研究中!」【海外反応】

4B3E746D00000578-5624219-image-a-17_1523958926059

日立製作所、尿検体を用いたがん検査に関する実証試験開始
同社は16日に、尿検体を用いたがん検査の実用化に向けた、体外診断分野では初となる実証試験を開始すると発表した。
この実証試験では、臨床情報(がんの有無)付き尿検体の回収から検体搬送時の温度のトレースや時間の管理、液体クロマトグラフ/質量分析計(LC/MS)によるバイオマーカーの定量分析、さらに、がん検査モデルの構築とそれに基づくがんのリスク判別、臨床情報と判別結果との妥当性検討など、一連の解析フローを半年間(繰り返し)実施する。
同社は、今回の実証試験を通して、種々のデータを取得して技術課題を洗い出し、尿中代謝物によるがん検査の実用化に向けた研究を加速するとしている。
yahoo

服用してみる

「日本人が市販のアルミホイルで作った包丁がスゲエエ」 海外「フェイク!」

服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ