• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

【侵略】「70年代、英国で紹介される日本車たち」【開始】

服用してみる

「東京がダントツ・・・」【1700~2019年・世界各都市の人口変遷動画】

file-20170914-9029-1an8xl1




 

服用してみる

「日本軍に奪われ、日の丸まで付けられていた米爆撃機・・・」【画像】

a3f7557b66850e2a8c47d2e14d9e21df
B17jp

B-17
ボーイング社が開発した大型戦略爆撃機。
B-17は沿岸防衛用として哨戒と敵艦の攻撃用に立案されたが、1934年に「敵国の軍隊よりもさらに重要である、その国の工業組織を目標」にする「護衛なしでやっていける」爆撃機をめざすことになった。
B-17とランカスターの米英2大爆撃機は第二次世界大戦中に各々約60万トンの爆弾を投下した(B-29が日本へ投弾した量は約17万トン)。
対日戦開戦直後に、オランダ領東インドのジャワ島やコレヒドール島などに展開していたアメリカ軍のB-17CやB-17Dなど複数の機体が、日本陸軍に完全な形で鹵獲されている。鹵獲後はP-40やホーカー ハリケーン、バッファロー、ハドソンなど他の鹵獲機と同じように、内地の陸軍飛行実験部に送られ研究対象にされた。
wikipedia



 


服用してみる

「パープルハート章の在庫の話は、原爆を正当化する米のでっち上げ」

服用してみる

最後の西洋人慰安婦「安倍が謝罪するまで死ねない!」→死亡。

no title
314C844900000578-3450302-image-m-25_1455670275389
「安倍謝罪するまで死ねない」最後の西洋人慰安婦
英国の時事週刊誌エコノミストのお悔やみ欄が手がけたのはオランダ系オーストラリア人のジャン・ラフ・オハーンさん(1923~2019)だ。日本軍に拉致され、インドネシアで3カ月間「慰安婦」として強制収容されていた女性だ。これまで、知られている欧州系慰安婦被害者の唯一の生存者だった。
オハーンさんは生前「日本の安倍晋三首相の謝罪を受けるまでは絶対に死にたくない」と話したが、その願いは叶わなかった。オハーンさんは先月19日、オーストラリア・アデレードの自宅で96歳で老衰により息を引き取った。
過去を隠し、平凡な主婦であり2人の娘の母親として暮らしていたオハーンさんは、1991年に故金学順さんが最初に慰安婦の事実を公開し証言したのを偶然目にしてから勇気を出した。翌年オーストラリアのメディアに自分の被害事実を知らせ、その後米国・欧州・日本などで証言活動を行った。
エコノミストは「泣き叫び悲鳴を上げて抵抗するオハーンに日本軍はナイフを突きつけて服を裂き、×姦した」と伝えた。オハーンさんは後に自ら剃髪したが、日本軍がそんな自分のところに来ないだろうと考えたからだったという。
スマラン慰安所での歳月は、オハーンさんに一生の傷を残した。慰安所の部屋ごとに花の名前がついていたことからオハーンさんは生涯、花のプレゼントを最も嫌い、暗くなる頃になると不安がる症状を見せた。すべての部屋で厚手のカーテンを閉め、完全に昼夜の区別ができないようにしたほどだった。
戦争は日本の敗北に終わり、オハーンさんも自由の身となった。60年にイギリス人将校のトム・ラフさんと結婚し、オーストラリアに移った。スマランでの悪夢は夫にだけ一度話し、その後は秘密にしたという。最初は子供も産まないつもりだったが、夫に慰められ心を癒しながら家族も設けた・・・。
詳細↓
yahoo




服用してみる

日本人「110年前の祖先の記念写真見っけた」

服用してみる

「昭和天皇は戦犯だったのか・・・?」

_w850
Shigeru_Yoshida_suit

昭和天皇の戦争への後悔表明、首相が反対
初代宮内庁長官を務めた故田島道治氏が昭和天皇との詳細なやりとりを記した資料が19日、公開された。天皇が式典のあいさつで戦争への後悔と反省を表明しようとしたが、吉田茂首相の反対で削除されたことなどが詳細に記されている。
yahoo





服用してみる

天皇陛下「深い反省」【戦没者追悼式】

_w850

令和初の戦没者追悼式、天皇陛下「深い反省」踏襲
終戦記念日の15日、都内の日本武道館で全国戦没者追悼式が開かれた。天皇陛下は5月の即位後初めて出席され、過去の戦争への「深い反省」に言及したお言葉を述べられた。
1933年生まれの上皇さまは11歳で終戦を迎え、父の昭和天皇の終戦を告げる「玉音放送」を聞かれたが、59歳の天皇陛下は戦争を直接体験されていない。お言葉の表現が代替わりでどう変わるのか、日本国内のみならずアジア中が注目していた。
続く↓
yahoo

RTS2MKJN
RTS2MKK9





服用してみる

「はだしのゲン←本当に怖い><;」

barefoot-gen-anime-nuke-japan-bombing





服用してみる

「炸裂時刻を刻んで止まった腕時計←これウソくさい」【広島原爆】

5c6380a53b000075036b19df





服用してみる

「日本が反英だった頃のポスターが秀逸www」

0095757865c46f3ee3872fbf61f2b166





服用してみる

「日米独の関係をキッズエリアで遊ぶ子供で表現してみた^^」【WW2】

Japanese_Propaganda_worldwartwo.filminspector.com_3a





服用してみる

「月面着陸の立役者はナチス←これを認めないアメリカ」

16290684-7268437-image-m-106_1563652606830
無題

NASAを月へ連れて行ったナチス科学者、人類初の月面着陸の裏側
アイルランド映画『Prisoners of the Moon(月面の捕虜)』は、ナチスの科学者だったアルトゥール・ルドルフの物語だ。米国は第2次世界大戦後、「ペーパークリップ作戦」として多くのドイツ人科学者を米国に連れてきた。ルドルフやその指導者ベルナー・フォン・ブラウンも、同作戦の一環として米国に連れて来られた。ルドルフは最終的に戦争犯罪のかどに問われ、1983年に元ナチスのメンバーで唯一、米国市民権をはく奪された。
ルドルフとブラウンは山を掘って建設された地下工場ミッテルベルクで、ドイツのV2ロケットの開発にあたっていた。この工場ではV2ロケットを製造するために、近接するミッテルバウ・ドーラ強制収容所の被収容者を強制的に労働させていた。アポロ11号のニール・アームストロング船長と乗組員を最終的に月に送った技術はほぼすべて、2人のドイツ人科学者がここで生み出したものだった。ドーラ収容所では、推定2万人の被収容者が死亡した。
当時のハリー・トルーマン大統領は、「現役のナチス党員」は戦後、一切米国に連れてきてはならないと命令。だが、ミサイル技術開発でロシアが先行していることを知っていた米軍情報当局は、ペーパークリップ作戦の一環で2人が米国に来た際、書類を改ざんした。2人は米航空宇宙局(NASA)のロケット・プログラムの担当に着任。後に、帰化した米国の英雄としてたたえられた。
詳細↓
yahoo

0 (1)
0 (2)





服用してみる

「ある米国映画で、日中がとても心外な気分になっていた件」

MV5BMTM0OTcyMjM5M15BMl5BanBnXkFtZTcwMjAwNTkyMw@@._V1_



服用してみる

「昔の日本の出前がヤバいwww」

服用してみる
RSS
RSS
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ