• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

日本の研究G「チンパンジーはじゃんけんを学習可能」【海外反応】

chimps_rock_paper_shotgun

チンパンジーがじゃんけん学習=認知能力、4歳児と同程度―京大
京都大の松沢哲郎特別教授(比較認知科学)らの研究グループは、チンパンジーがじゃんけんを学習することを発見したと発表した。松沢特別教授は「チンパンジーには人間の4歳程度の認知能力があることが示された」としている。研究成果は10日、霊長類学の学術誌「プリマーテス」電子版に掲載された。
研究グループは、チンパンジーの手の写真を編集し、コンピューター画面に「グー」と「チョキ」、「チョキ」と「パー」、「パー」と「グー」のいずれかを表示。チンパンジーが勝ちの方を選べば、チャイムが鳴り、リンゴや干しブドウのいずれかの食べ物がもらえる。14~38歳の7頭を対象に、1日144回の訓練を行った結果、平均で約100日間で5頭がほぼ完全に習得、残る2頭も70~80%程度の正答率を示した。
一方、生後35~71カ月の人の子ども38人にも人の手の写真で同様の方法で行ったところ、4歳程度になるとじゃんけんを習得できることが分かった。 
yahoo

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると、元サイトへ飛ぶので注意】


服用してみる

日本「皆の国では、伝統的な服装で街を出歩ける?」【海外反応】

服用してみる

【レア映像】「日本人が電気ホタテを発見してた」【海外反応】

服用してみる

【日本】英紙「ホワイトライオンの赤ちゃん。その喧嘩ごっこが可愛い」【海外反応】

服用してみる

英紙「日本のオウムと猫のコントが笑えるw」【海外反応】

42C409A600000578-4739044-image-a-26_1501237754649



服用してみる

「これ日本での映像なんだけど、フェイク?」【海外反応】

Regions-of-the-world-most-prone-to-tornadoes_full_600

服用してみる

観光客「日本のキツネ村で奇妙な光景を見たんだが・・・」【海外反応】

zao-fox-village-japan-26

見た感じ、特にお互いに喧嘩を開始する風でもない・・・。
が、とりあえず機嫌の悪そうなこの二人は、傍でカメラを回す観光客を気にする事も無く、その怒りを露わにして、ひたすら奇妙な咆哮をしている・・・。
撮影している女性は、世界中を巡りながら動物の争いを専門に撮影して周っているという。

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると、元サイトへ飛ぶので注意】


服用してみる

【日本】「飼育員と戯れるカワウソがキャワワ♡」【海外反応】

服用してみる

【日本】「ジャンプするロリスを捉えた瞬間が完全にマトリックスwww」【海外反応】

服用してみる

「完璧なクマの撃退法見っけた><www」【海外反応】

服用してみる

「キメエ・・・床に蠢くコレ・・・一体なに><!」【海外反応】

1e8

服用してみる

【日本】「アザラシの縫いぐるみにゾッコンなアザラシ♡」【海外反応】

no title

なんて幸せな風景なんだ…… いとおしそうにアザラシのぬいぐるみを抱っこするアザラシたん
アザラシとの触れ合いが楽しめる、北海道紋別市にある「アザラシシーパラダイス」。「アザラシのぬいぐるみを抱っこするアザラシ」という、見ているこっちまで笑顔になってしまうほっこり写真の数々が投稿されています。
まるで「君のことはぼくが守るよ!」と言っているかのように、いとおしそうにアザラシの小さなぬいぐるみを抱っこしているあぐくん。ぬいぐるみを背中に乗せている時の表情は、なんだか誇らしげではありませんか! ぬいぐるみを守ってあげている気分なのかな?
Twitterには、メスのひよりちゃんが抱っこしている時の写真も投稿されています。寝ころびながらの抱っこや、おんぶしてうれしそうな表情を浮かべている姿など、こちらもあぐ君に負けず劣らずとってもきゃわわー!
続く↓
yahoo


服用してみる

「日本で見つけたカタツムリが超絶にキモチワルイ><;」【海外反応】

服用してみる

【映像】英紙「日本で、猿が鹿に欲情」【海外反応】

no title

シカと交尾試みるサル、屋久島で「極めて珍しい」事例を確認
鹿児島県屋久島で、雄のサルが雌のシカと交尾を試みるという「極めて珍しい」場面を撮影したとする論文が10日、学術誌プリマーテスに発表された。
異種間交尾はごくまれな現象で、研究チームによると報告例は今回がわずか2件目。ただ、主に飼育されたり捕獲されたりした動物間で例外的に確認されることはあるという。
研究チームは、1匹の若いニホンザルが、自分よりもずっと大きな雌シカ少なくとも2頭の背中に乗っている様子を撮影した。
フランスのストラスブール大学のマリー・プレ氏はAFPに対し、「曖昧さは一切なく、明らかに性行為だ」と指摘している。
さらにこのサルは、まるで自分の雌ジカを「守る」ように他の雄ザルを追い払う様子も見せたという。
研究チームはこの行動について、雌をめぐる争いが激しい群れでの「交尾相手の不足」と、繁殖期に伴うホルモン量の増加が要因となったと分析している。



論文によると、異種間交尾についての初の科学論文は2014年のもので、南極でペンギンとの交尾を試みたオットセイの事例が報告され、大きな注目を集めた。
afpbb



【モオォーーーッ廿TT~】トラック横転→積荷の牛達、放り出される。
【画伯】プーチン「ネコはこう描けよ?」→中学生「はははwww((((;゜Д゜)))」
【帰国】日本「おいアメリカ、佳子さまを太らせただろ」

服用してみる

【日本】「初雪に戸惑うネコが超カワイイと話題」【海外反応】

服用してみる
RSS
RSS

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ