• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「紅葉の先に見える富士・・・美し過ぎる」【画像】

服用してみる

「あ、こんなところに毛ボコリが」→手に取ってみた。ゾッとした。

no title

  • 身の毛もよだつような瞬間・・・。
  • 撮影者が手に取った毛ボコリを手に取ってみると・・・。
  • それはザトウムシの大群だった。



18570542-7472143-image-a-1_1568712549285



服用してみる

「おまえ本物だろ」フクロウ「いえ、縫いぐるみです」

animals_hero_owl




服用してみる

「銀杏の臭さは異常」

服用してみる

チンパンジー「SASUKEやってみた」

服用してみる

「エゾモモンガの可愛さは異常」

服用してみる

「日本で一番美しい場所を発見してしまったかもしれない・・・♡」

服用してみる

広告基準協議会「男女のステレオタイプを表現する広告は一切禁止な」【英】

0 (2)
20190617-48659092-bbc-000-1-view

「有害な」男女のステレオタイプ描く広告、イギリスで禁止
イギリスの広告基準協議会(ASA)はこのほど、「深刻もしくは広範な被害」につながる可能性のある「性別にもとづく有害なステレオタイプ(世間的固定概念)」を使った広告を禁止した。一部のステレオタイプに基づく表現が、「人の可能性を狭める」一端を担いかねないとしている。
ASAの決定に伴い、イギリス国内の広告では今後、男性がくつろぐ間に女性が掃除していたり、男性がおむつ替えに失敗したりするなどのシナリオは使えなくなる。
ASAは先に広告における性別ステレオタイプについての審査を行ったところ、一部の有害なステレオタイプの描写は「子どもから大人まで、あらゆる人の選択肢や野心、機会を狭めるもので、一部の広告が性別に基づく不平等を助長している」ことが示唆されたという。
ASAのガイ・パーカー会長は、「調査の結果、広告内の有害な性別ステレオタイプが社会の不平等を助長し、皆がその影響を受けることが分かった。簡潔に言えば、広告の表現の一部が、長い年月をかけて人々の可能性を狭めてしまう可能性がある」と話した。
詳細↓
yahoo

「日本人女性の性差別に対する不満の数々」
「とんでもない女性蔑視#」中国のアウディCMに非難殺到。

服用してみる

狩猟当局「新種の『キツネネコ』発見!」←「どう見てもそこら辺のネコ」

34c42420f128290469b6d00209379b94

仏コルシカ島で「キツネネコ」捕獲?当局は新種と主張
フランスの森林・狩猟当局の職員らが「キツネネコ」と呼ぶこのネコ。地中海の仏領コルシカ島で捕獲され、当局は在来種やヨーロッパヤマネコとはDNAが異なるため新種であると主張している。
yahoo



服用してみる

「日本人ダイバー、大きなタコにしつこくされるwww」

服用してみる

4万年前のオオカミの頭部がデカすぎる←「違う気がする・・・」

0 (1)

4万年前のオオカミ、切断された頭部をシベリアで発見 毛皮や歯も残る
シベリア東部の永久凍土の中から、4万年前のオオカミの頭部が発見された。頭部は切断された状態で、永久凍土の中で保存され、歯や毛皮も完全な状態で残っていた。
専門家によると、オオカミの子どもの凍結した死骸はこれまでにも発掘されたことがあるが、成体のオオカミの頭部が見つかったのは初めて。
頭蓋骨(ずがいこつ)内部のデジタルモデルを作成してさらに詳しく調べる意向。
詳細↓
yahoo

服用してみる

ヒマラヤに何者かが歩き回った「大きな足跡」・・・。

yeti

ヒマラヤで「イエティの巨大足跡」発見、インド軍が写真投稿
インド軍は30日、ネパールの山岳地帯に遠征した軍部隊が雪上に巨大な足跡を発見し、ヒマラヤに住む伝説の雪男「イエティ」のものと考えられると発表した。
インド軍はツイッターに「インド軍の山岳遠征隊は初めて、神話上の野獣であるイエティによる謎めいた足跡を見つけた」と写真付きで投稿。それによると、足跡は縦81センチ、横38センチの大きさで、ヒマラヤ山脈のマカルー山に近いキャンプ周辺で今月9日に発見したという。
続く↓
yahoo

「未確認生物、宇宙人、幽霊←どの存在を信じてる?」

服用してみる

「穴から同時に顔を出すリスの家族にキュン死」【日本】

服用してみる

「このフクロウ、『樹』過ぎる」

服用してみる

「ホオジロザメ、シャチに対してビビりまくっていた事が判明www」

c034c169587562cf4aa361e0c2a05e1b-635x354

巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は
体長5メートル超で向かうところ敵なしの巨大ホホジロザメだがシャチと遭遇すると即座に大切な狩り場まで明け渡して退散することが判明・・・。
米カリフォルニア州のファラロン湾国立海洋保護区でサメの個体数を調査していた研究チームは、同保護区にシャチが現れるとサメは姿を消し、そのシーズン中戻ってこないことに気づいた。
「これらのホホジロザメは巨大で、中には体長5.5メートルを超えるものもいる。通常は海を支配するサメたちだ」と、モントレーベイ水族館所属の科学者であるスコット・アンダーソンは声明で述べた。「我々は毎年、サウスイースト・ファラロン島でホホジロザメがゾウアザラシを捕食するのを平均40件程度、記録している」とアンダーソンは言う。「だがシャチが現れた後はサメを一匹も見ておらず、捕食例も確認されていない」
研究チームはホホジロザメとシャチの遭遇例を追跡。2006年から2013年の間に、タグを取りつけたホホジロザメ165匹から得たデータを検証し、さらに同海域におけるアザラシ、ホホジロザメとシャチについて27年分の調査を検証した。
両者の活動領域が重なった例は少ないが、いずれの場合もホホジロザメは数分以内に去っていった。
「シャチに直面すると、ホホジロザメは即座に好みの狩り場を明け渡し、最長で1年は戻って来ない。
シャチがサメを殺してその肝臓を食べることは、ここ数年知られるようになった。南アフリカのフォールス湾で、「肝臓だけを食べる特殊な食べ方」によって殺された、複数のエビスザメの死骸が発見されている。
「高カロリーなホホジロザメの肝臓をたまに食べることは、シャチにとってエネルギー補給の助けになっている可能性がある」と研究報告は指摘する。
yahoo

「豪でやってる日本の捕鯨への抗議パフォーマンスwww」
豪州でサメ駆除作戦→反対派が妨害。英「豪州はコワい」←豪「来んなよ」←米「一貫性がない」

服用してみる
RSS
RSS
ちょっと一息/連載4コマ
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ