• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「ア○○かよ」太陽の黒点、高解像度クローズアップ画像が公開。

no title

太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公開された
ドイツの研究チームによって開発された欧州最大の太陽望遠鏡「グレゴール(GREGOR)」は、2012年にスペイン領カナリア諸島テネリフェ島のテイデ観測所で設置され、2018年から、アップグレード(性能向上)のための研究開発がすすめられてきた。そしてこのほど、一連のアップグレードが完了し、太陽の微細構造を鮮明に撮影することに成功した。
続く↓

服用してみる

「ううう><!」タランチュラ、自分よりもずっと大きな鳥をガブガブ【映像】

tarantula-3

タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム
ソーシャルニュースサイトのレディットに、クモが鳥を食べる様子を捉えた動画が投稿された。約1分の動画には、タランチュラが自分より大きい鳥(イエミソサザイ)を食べるおぞましい様子が映っている。


服用してみる

「まるで美麗グラフィック!」日本のフラワーパークに海外が衝撃。

81421764-margaret-flowers

服用してみる

「毛虫を真剣に見つめる日本のゴリラ親子が可愛いwww」

32168584-8646351-image-a-4_1597910644012



服用してみる

「あの稀少な鮪がウチの沿岸に!・・・日本人とかには絶対教えないで」

8

世界で最も高額で取引される魚が英国の沿岸に!
タイセイヨウクロマグロ、カヤックを楽しむ男性によって撮影される
今回、この貴重な魚に遭遇・撮影に成功したのは、イングランド南部のイギリス海峡に面した海岸ジュラシック・コーストでカヤックをしていたRupert Kirkwood(60)さん。
彼はおよそ2時間、このマグロやシャチの戯れる姿を眺めたという。

服用してみる

「病菌が操るゾンビゼミがホントにゾンビで怖すぎる」

c809caf4-b90c-4bc9-88b3-461a0e29bf8d-1

病菌が操る「ゾンビゼミ」、腹部脱落したまま飛行 交尾で感染拡大
病菌に感染して心と体を操られ、「ゾンビ」と化して仲間の間で感染を拡大させるセミの集団が見つかったとして、米ウェストバージニア大学の研究チームが学会誌に調査結果を発表した。
セミに感染する病菌の「マッソスポラ」は、幻覚作用のあるマジックマッシュルームと同じ成分をもち、宿主に感染すると「B級ホラー映画」のような症状を引き起こす。
セミに感染したマッソスポラ菌は、まずセミの生殖器と尾部、腹部を食い落とし、菌の胞子と入れ替える。胞子に入れ替えられた腹部は、徐々に「消しゴムのように摩耗していく」という。
感染したセミは、体のほぼ3分の1がマッソスポラ菌の胞子に入れ替えられているにもかかわらず、そのまま動き続ける。これには宿主を殺すのではなく、生かし続けて操ることで、胞子を最大限にまき散らそうとする狙いがある。
ゾンビゼミは繁殖機能を失っているにもかかわらず、感染を広げる目的で健康なセミと交尾しようとする。
菌がオスのセミを操って、交尾を誘うメスの羽ばたきを真似(まね)させ、寄ってきたオスに感染させることもあるという。
詳細↓


服用してみる

「あー、鳥さんが獲物掴んで飛んでる^^→えええええ@@!!!!!」

7988585037_236477cbcb_b

撮影されたのはサウスカロライナ州のマートルビーチ
大型の鳥が獲物を掴み、優雅に空を舞っている・・・。
が、掴んでいる獲物をよく見たら・・・サメ?!
「オスプレイ(ミサゴ)かな?」「タカじゃね?」今、この大胆な鳥がいったいどんな種類かで議論が起きている。
一方、獲物の方についてもハッキリしていないが、アブラツノザメという意見が多い中、「尾の形状からしてサバでしょ」との意見もチラホラ・・・。



服用してみる

「もしも子を守る母熊が自分に向かてきたら・・・」

7673a282feac08b30b48a5bbb39d6bdd


服用してみる

ハイエナ「あー今日はいい天気だな・・・♪」→シュッ!→大蛇「盗むなコラー!#」【映像】

hyena-python-kill


服用してみる

「満開の桜と一体化する奈良のあいつ等が美しすぎ♡」

pixta_28510998_XLsmall

服用してみる

「ちょっと日本のオオスズメバチに刺されてみる!」→ぶちっ→「ぎゃあああああ!!」

0 (1)

外来種オオスズメバチが米国上陸、ワシントン州警戒強める
米ワシントン州で昨年末、ミツバチを襲う侵略的外来種のオオスズメバチが米国で初めて目撃された。ただでさえミツバチが激減している中、冬眠から目覚めたオオスズメバチの女王バチが活動を始める時期を迎え、州は警戒を強めている。
続く↓

動画は人気兼荒野アドベンチャーのコヨーテ・ピーターソンが以前、アニマルプラネットの企画で挑んだもの。
動物に襲われる専門家でさえ痛みにのたうち回るこの光景を見ても、今のアメリカが危機的状況なのが窺える・・・。

【11:25~】

【オオスズメバチに襲われるネズミ】


服用してみる

「超絶に不気味な生物がカメラの前で倒れる・・・」

8_2_unusual-animals-18

発見されたのはニューヨーク市ブルックリンの船着き場。
釣りあげてしまった漁師も、これが一体何なのか理解できていないという。
果たして、まばたきしているように見える部分は目なのだろうか?
吸盤が付いたタコのような足も持っている。



【TikTokユーザー達の反応】
無題

服用してみる

「子象を守る母親象が結構性格悪い・・・」【映像】

maxresdefault

・撮影された場所はカリフォルニア州のサンディエゴ・ズー・サファリ・パーク
・自分の子に近づこうとする他の子象の間に割って入り、更に前足で払いのけた。
・押された子象は、勢い余ってそのまま転倒・・・。

動画 elephant kicks over calf after too close to its own baby

服用してみる

【ビクン】「米で『あの生物』が大量に打ちあがるwww」【ビクン】

0 (1)



服用してみる

「身内を守る日本のゴリラがカッコ良過ぎる」【地震発生】

服用してみる
スポンサードリンク
RSS
RSS
ちょっと一息/連載4コマ
最新記事
スポンサードリンク

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ