• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

ヒマラヤに何者かが歩き回った「大きな足跡」・・・。

yeti

ヒマラヤで「イエティの巨大足跡」発見、インド軍が写真投稿
インド軍は30日、ネパールの山岳地帯に遠征した軍部隊が雪上に巨大な足跡を発見し、ヒマラヤに住む伝説の雪男「イエティ」のものと考えられると発表した。
インド軍はツイッターに「インド軍の山岳遠征隊は初めて、神話上の野獣であるイエティによる謎めいた足跡を見つけた」と写真付きで投稿。それによると、足跡は縦81センチ、横38センチの大きさで、ヒマラヤ山脈のマカルー山に近いキャンプ周辺で今月9日に発見したという。
続く↓
yahoo

「未確認生物、宇宙人、幽霊←どの存在を信じてる?」

服用してみる

「穴から同時に顔を出すリスの家族にキュン死」【日本】

服用してみる

「このフクロウ、『樹』過ぎる」

服用してみる

「ホオジロザメ、シャチに対してビビりまくっていた事が判明www」

c034c169587562cf4aa361e0c2a05e1b-635x354

巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は
体長5メートル超で向かうところ敵なしの巨大ホホジロザメだがシャチと遭遇すると即座に大切な狩り場まで明け渡して退散することが判明・・・。
米カリフォルニア州のファラロン湾国立海洋保護区でサメの個体数を調査していた研究チームは、同保護区にシャチが現れるとサメは姿を消し、そのシーズン中戻ってこないことに気づいた。
「これらのホホジロザメは巨大で、中には体長5.5メートルを超えるものもいる。通常は海を支配するサメたちだ」と、モントレーベイ水族館所属の科学者であるスコット・アンダーソンは声明で述べた。「我々は毎年、サウスイースト・ファラロン島でホホジロザメがゾウアザラシを捕食するのを平均40件程度、記録している」とアンダーソンは言う。「だがシャチが現れた後はサメを一匹も見ておらず、捕食例も確認されていない」
研究チームはホホジロザメとシャチの遭遇例を追跡。2006年から2013年の間に、タグを取りつけたホホジロザメ165匹から得たデータを検証し、さらに同海域におけるアザラシ、ホホジロザメとシャチについて27年分の調査を検証した。
両者の活動領域が重なった例は少ないが、いずれの場合もホホジロザメは数分以内に去っていった。
「シャチに直面すると、ホホジロザメは即座に好みの狩り場を明け渡し、最長で1年は戻って来ない。
シャチがサメを殺してその肝臓を食べることは、ここ数年知られるようになった。南アフリカのフォールス湾で、「肝臓だけを食べる特殊な食べ方」によって殺された、複数のエビスザメの死骸が発見されている。
「高カロリーなホホジロザメの肝臓をたまに食べることは、シャチにとってエネルギー補給の助けになっている可能性がある」と研究報告は指摘する。
yahoo

「豪でやってる日本の捕鯨への抗議パフォーマンスwww」
豪州でサメ駆除作戦→反対派が妨害。英「豪州はコワい」←豪「来んなよ」←米「一貫性がない」

服用してみる

日本の教授「○○ちゃん^^♪」ネコ「にゃ?」教授「!!」

no title

ネコも自分の名前が分かる 上智大の実験で判明
ネコは名前を呼んでも反応せず、そっけないイメージがあるが、自分の名前が呼ばれていることはきちんと認識していることが上智大の斎藤慈子(あつこ)准教授(比較認知科学)らの研究で分かった。英科学誌電子版に4日、論文が掲載された。
家庭や猫カフェで飼われているネコ78匹を対象に、自分の名前と文字数が同じで抑揚が近い4つの言葉を呼びかけた後、名前を呼ぶ実験を行った。
自分にとって意味のない言葉には最初を除いてあまり反応しなかったが、自分の名前には耳や尾を動かしたり、鳴き声を出したりすることから、他の言葉と区別できていると分かった。
イヌは人間の言葉をかなり理解できるが、ネコについてはよく分かっていなかった。斎藤氏によると、イヌは人間と一緒に仕事ができるように個体の選別と繁殖が繰り返されてきたのに対し、ネコは共存しつつも積極的な選別が行われなかったため、人にかまってもらいたいときだけコミュニケーションをするようだ。
斎藤氏は「ネコが名前に反応しないからといって、知能が低いわけではないことが分かった。人間の相手をするかどうかはネコ次第」と話す。
yahoo

「犬vsネコ←お前等どっち派!」

服用してみる

「眼前の氷山が突然崩壊、逃げ惑う観光客」【映像】

服用してみる

「この日本の公園美し過ぎwww」

服用してみる

「日本の桜が開花した!♡」

服用してみる

母子クマに嫌がらせする雄クマを撃退するヒーロークマ♡

article-0-1D1A0E6B00000578-720_964x628

  • アラスカで熊見物のガイドを務めるBrad Josephs氏
  • 彼は最近、母子の熊に嫌がらせする雄から守ろうとしたヒーローの姿を撮影、ネットに投稿した
  • Josephs氏「あの雄が助けに入らなければ、母熊は殺されていたハズです」



女「ねえ抱いて♡」男「イヤだ」女「抱いて!」男「イヤ!」→ボコボコへ。
【え?!】「獰猛そうな熊が床下に居たので、近づいて撮影してみた」
【賛否】9歳「誕生日の記念に熊を仕留めたぜ^^v」

服用してみる

「紅葉に包まれる日本の古い家・・・♡」

服用してみる

【大地震】「最近、日本で『あの魚』が何度も発見される」【大津波】

161122121809-japan-quake-tsunami-waves-exlarge-169

「幻の魚」日本海で次々=リュウグウノツカイ-専門家「地震とは無関係」
今年に入り、「幻の深海魚」とも言われるリュウグウノツカイが日本海側で相次ぎ見つかっている。
新潟から沖縄まで10匹を超え、韓国でも発見された。出現は「地震の前兆」との伝承もあり、米CNNテレビも報道。専門家は「地震と直接の関連はないので落ち着いて」と呼び掛けている。
リュウグウノツカイをめぐっては、地震発生前に海底で断層が動いて発生する電磁気的な変化に反応して浅瀬に上がる、との仮説がある。CNNは、相次ぐ出現について「地震と津波の懸念高まる」と報じ、地震との関連について賛否両論を紹介した。
インターネット上でも「東日本大震災前にも出現した」「南海トラフ地震と関係あるのでは」などさまざまな声が出ている。
東海大海洋研究所(静岡市)の織原義明特任准教授(固体地球物理学)は、この魚の出現と付近での大地震(マグニチュード6以上)との関連を調査。その結果、2000年以降の日本では、関連は「ほとんどない」ことが分かったという。織原特任准教授は「実は09年冬にも日本海側で多く姿を見せたが、何も起きなかった。今回も特に心配する必要はない」と話す。
詳細↓
yahoo

【新潟】幻の深海魚が生きたまま捕獲される。

服用してみる

「日本のカピバラ、アヒルや鴨から好きにされ放題www」

服用してみる

「なにこのヘビ、足生えてんだけど・・・」

服用してみる

「オニイソメの捕食シーン怖過ぎ><;」

1463654721_ver-stylae
spotmydive

【再生中に、プレイボタン部分以外の画面をクリックすると元サイトへ飛ぶので注意】


日本「北欧諸国の旗って、○○○に見える・・・」←北欧「なに?」
「日本で奇怪な魚が発見サレタ・・・」

服用してみる

【海外でも話題】「」【電線を伝って行く青森のサル軍団】

9
mainichi

電線渡るサル、動画が話題に 青森、再生数70万回超
青森県むつ市で、サルの群れが雪原の上に張られた電線を器用に渡る動画が撮影され、話題になっている。ツイッターで公開されると「かわいい」「何回見ても飽きない」などとコメントが殺到し、9日には再生数が70万回を突破した。
映像は7日、投稿者の母親が同市の自宅から撮影。20匹ほどのサルが上下2本の電線を両手足でつかむなどし、列をなして渡っている。動画では撮影した母親が「見て見て、ありえねぇで」と興奮している様子もうかがえる。
続く↓
yahoo



【海外激怒】「日本のテニスが上手なお猿さん♡」

服用してみる
RSS
RSS
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ