• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • share

「薬品業界が阻止するよね・・・」本庶佑博士「癌の脅威は今世紀中に無くなる」

7110802-6469035-image-a-1_1544133056237

「21世紀中にがん克服できる」…本庶さん講演
ノーベル生理学・医学賞を受賞する本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)は7日、カロリンスカ研究所で受賞記念講演に臨み、「21世紀中には、免疫によってがんが克服できる可能性がある」と語った。
獲得免疫は、体を病気から守るため、免疫細胞が一度感染したウイルスなどを「異物」として記憶し、攻撃する力を獲得する仕組み。本庶さんらはこの仕組みを追究し、免疫細胞にがんを攻撃させる画期的な治療薬の開発に結びつけた。
詳細↓
yahoo

「イギリス人の豆好きは異常」
「人類にとっての新たな『光』」 ノーベル物理学賞、日本人 3名が受賞!
癌で死亡したボディビルだーのビフォアアフター・・・
「25歳、末期ガンの女だけど質問ある^^?」

服用してみる

「NASAってやっぱ凄い!」【火星に米探査機着陸】

0 (2)

火星に米無人探査機着陸
米航空宇宙局(NASA)は26日午後(日本時間27日午前)、無人探査機「インサイト」が火星に着陸したと発表した。極めて精密な地震計などを使って約2年間、火星の内部構造を調べる。火星だけでなく、地球を含む岩石でできた太陽系の惑星の成り立ちに迫ることを目指す。
インサイトは5月に打ち上げられた。火星の高度約125キロで大気圏に突入。パラシュートを広げて減速した後、表面に向けてエンジンを噴射しながらさらに減速し、赤道のやや北側の平原に着陸した。
探査車のように移動はせず、その場にとどまって太陽電池パネルを展開する。
yahoo

「ソ連が、金星に宇宙船送り込んで写真撮ってたなんて知らなかった」
【90億ピクセル】超高解像度で見る、銀河系中心の姿がハンパ無い件・・・。
【宇宙の果てから】「なんかワカランけど、大きさスゲーヽ(゚Д゚)ノ」【量子まで】
「日本の宇宙実験棟にいるドローンはキュート♡」

服用してみる

【海外ビックリ】日本の探査機がリュウグウの素顔をお届け【3億km・・・】

0 (3)

りゅうぐうの素顔、岩だらけ=上空6キロから撮影―はやぶさ2
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、探査機「はやぶさ2」が、小惑星「りゅうぐう」にこれまでで最も近い上空6キロから撮影した写真を公開した。特徴的なクレーターの周りに、大小さまざまな岩が多数散らばっている様子が映し出されていた。
続く↓
yahoo

ヨーロッパの街並みって高層ビルが少ないよね?
「国籍、目の色、身長を教えてくれ」

服用してみる

NASA、アポロ11号・月面着力時の未公開画像を公開。

服用してみる

金井さん「宇宙にいたら身長が9cmも伸びちゃいました^^;」【海外反応】

_99519370_043632911-1
bbc

 宇宙で「身長9センチ伸びた」 金井さん、滞在3週間で
国際宇宙ステーションで昨年12月から活動している宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)が9日、短文投稿サイトのツイッターで、滞在約3週間で身長が9センチ伸びたことを明らかにした。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、無重力の宇宙では背骨の間の軟骨が伸びるのが主な理由。ただ伸びは通常1、2センチといい、担当者は「9センチもの例は聞いたことがない」と話している。
ツイッターで金井さんは、重大な報告があると前置きした上で、「宇宙に着いてからの身体計測で、なんと身長が9センチも伸びていた。たった3週間でニョキニョキと。こんなの中高生のとき以来です」とつづった。
6月の地球帰還では、打ち上げ時に乗ったソユーズ宇宙船にある金井さん専用のシートに座る。出発前の体形に合うように作られており「帰りのソユーズの座席に体が収まるか、ちょっと心配です」ともコメントした。
sponichi

服用してみる

【重大発表】NASA「39光年先に地球サイズの惑星が7つも存在していた♡」【海外反応】

no title

NASA、7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見 3つは生命存在可能
これまでもさまざまな生命の存在が可能な惑星「ハビタブル惑星」が発見されてきましたが、今回はさらなる快挙です。NASAは2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。
この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます。
今回の観測は、ヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡(VLT)とNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡によって行われました。TRAPPIST-1のサイズは木星より少し大きい程度で、質量も太陽の8%しかありません。そして、その周りを7つの系外惑星が周回しています。
TRAPPIST-1は非常に暗い恒星で放出するエネルギーも少ないのですが、惑星が非常に近くを周回しているためにハビタブル惑星が存在しています。系外惑星はTRAPPIST-1に近いものから「TRAPPIST-1b、c、d、e、f、g、h」と名付けられ、恒星から太陽と水星の間に収まるほどの距離を周回しています。
TRAPPIST-1b、c、d、e、f、gは岩石からできており、そのうちb、c、dは恒星から近すぎて液体の水を保持するには高温すぎます。そこで、TRAPPIST-1e、f、gがハビタブルゾーンに存在することが判明したのです。また、これらの惑星には水の海が存在する可能性もあります。
続く↓
yahoo
服用してみる

【アジア初】理研合成の新元素名が「ニホニウム」に決定。

無題

日本初の新元素名「ニホニウム」正式決定 国際機関が公表 アジア初の元素名
理化学研究所のチームが発見し、命名権を獲得した原子番号113番の新元素について、元素名を決める国際純正・応用化学連合は30日、理研の提案通り名称を「ニホニウム」(nihonium)、元素記号を「Nh」に正式に決定した。アジアで発見された元素が周期表に記載されるのは初の快挙で、同連合はニホニウムを記した周期表をホームページで公表した。
チームを統括した森田浩介グループディレクター(九州大教授)は同日、「正式決定したことを大変うれしく思う。日本発、アジア初の元素名が人類の知的財産として将来にわたり継承される周期表の一席を占めることになった。大変光栄に思う。長期的で地道な基礎科学研究を支援してくださった国民の皆さま、関係者に感謝します」とのコメントを発表した。
チームは平成16年以降、加速器による実験で113番元素の合成に成功し、ロシアと米国の共同チームと発見を激しく競ってきた。信頼性の高さが決め手となり昨年12月末、同連合に発見を認定され命名権を獲得。今年3月、日本の国名にちなむ名称案を提出した。
同連合は6~11月、一般からの意見を公募して審議。重大な反対意見がなかったため、提案通り正式決定した。
元素は全ての物質を構成する基本要素のことで118番まで見つかっている。名称と記号は発見チームに提案権が与えられ、これまで欧米露が独占していた。
yahoo

米「アニメのキャラクターは、なぜ白人っぽいのか?」
ノルウェー「君が代てwww」 海外「じゃあコレで」
「日本人orスイス人。なれるとしたらドッチを選ぶ?」
英紙「新しさと古さが織りなす日本の美」
服用してみる

米・研究グループ「人間が生きられるのは125歳まで」【海外反応】

no title

”人間の寿命の限界は125歳” 平均寿命は伸びている一方、110歳以上は減少傾向
アメリカのアルベルト・アインシュタイン医学校の研究グループは、人間の最長寿命は125歳だとする研究結果を発表しました。
世界40カ国以上の死亡率などのデータを元に算出したもの。世界の平均寿命が伸びている一方、100歳を超える例は非常に少ないとしており、日本・フランス・アメリカ・イギリスの4つの国で110歳を超える人を調べたところ、1970年代から1990年代初頭の間で急速に増加したものの、1990年代後半以降は減少傾向にあるとされています。
人間が125歳を超えて生きられる可能性は1万分の1以下となるとのこと。医学の進歩によって平均寿命が伸びている一方、最長寿命は120歳付近で停滞していることは以前から指摘されており、それを裏付ける研究結果といえそうです。
人間が125歳を超えて生きられる可能性は1万分の1以下となるとのこと。医学の進歩によって平均寿命が伸びている一方、最長寿命は120歳付近で停滞していることは以前から指摘されており、それを裏付ける研究結果といえそうです。
yahoo

「結局さ、なんで日本人って長生きなのよ?」
【頭突きのお稽古】ヒツジ「ね?こうやるんだよ?いい?」 牛「・・・・・・」
牛「わっ、可愛いこの子=^^=」→興奮→テケテケテケ→バイク「・・・」
【巨大化】英紙「日本で、7年間生き延びた『餌』が見つかる」
服用してみる

【生命の起源は他惑星から?】「日本が解明してくれるかも・・・」【海外反応】

no title

生命の起源 宇宙空間に痕跡? ISS収集の微粒子分析へ
地球の生命の起源は他の惑星や彗星など宇宙から飛来した--。
この仮説を検証するため、宇宙空間に漂っているかもしれない生命の痕跡を捉える装置が日本時間27日午前1時前、国際宇宙ステーション(ISS)から米カリフォルニア沖約500キロの太平洋上に戻った。命の“種”が綿毛のようにふわふわ飛んでいるイメージから、名付けた取り組みは「たんぽぽ実験」。何か捉えているか、分析結果は早ければ来年度初めに出る。
地球の生命は、大気や海洋の物質から化学反応でできた有機物が基になったとする説が有力だ。一方、スウェーデンの科学者、スバンテ・アレニウスは20世紀初頭、「生命の材料は宇宙から飛来した」とする「パンスペルミア仮説」を提唱。荒唐無稽(むけい)と思われてきたが、米航空宇宙局(NASA)が1996年、火星由来の隕石(いんせき)にアミノ酸が含まれていたと発表し、注目されるようになった。
実験には宇宙航空研究開発機構(JAXA)など国内26の研究機関と大学が参加している。地上約400キロのISS船外に昨年5月~今年6月、多数の微細な穴が開いたガラス製の捕集パネル「エアロゲル」(縦横各10センチ、厚さ2センチ)を8枚設置。これを積んだ米スペースX社のドラゴン宇宙船は同26日午後7時過ぎにISSから切り離され、地球に帰った。今後、研究者らが穴に飛び込んだ微粒子から有機物や他の生物の痕跡を探す。一連の作業は2019年まで計4回行う。
これまで微生物の浮遊が確認された最高高度は地上約58キロ。はるかに高いISSで生命の痕跡が見つかれば、宇宙から地球へ、地球から宇宙へと旅している可能性が見えてくる。
実験の予算は約2000万円。JAXA宇宙科学研究所(相模原市)の矢野創(はじめ)助教は「(小惑星から岩石などを持ち帰る)はやぶさ2計画の1000分の1だが、それに負けない成果を目指したい」と意気込む。
mainichi

日本「我が国の軍拡って、果たして正しい事なのだろうか?」
日本「『アジア統一連合』か『アジア合衆国』。お前等が選ぶならどっち?」
服用してみる

【火星】新たに公開された景色がまるでアメリカの砂漠地帯【海外反応】

服用してみる

海外「は?許可ってなんだよ#」 米、私企業の月面探査を許可【海外反応】

2A9007B900000578-3627058-image-a-2_1465204506432

FAA: Moon Expressの月探査機の打ち上げを許可・私企業による月探査計画は史上初
Moon Express社は3日、月面探査機打ち上げ申請に関してFAAから許可が降りたことを発表した。
Moon Express社が開発した月面探査ローバーは、2017年中にもニュージーランドのロケットベンチャー、Rocket Labs社が開発中の新型の「Electron Launch Vehicle」と呼ばれている新方式のロケットに搭載されて打ち上げられ、その後、計画が順調に進んだ場合には月面に軟着陸して、月面探査を行うことが予定されている。
Moon Express社の月面探査の総費用は打ち上げコストを含めて1000万ドルと、これまでの月面探査ローバーの数百分の1に抑えられている。そのため、Moon Express社の月面探査計画が成功した場合には、これまでとは格段に安いコストで月面の詳細な調査を行うことが可能となることになる。
Moon Express社の月面探査計画は、Google Lunar X Prizeにもアプライしており、計画が成功した場合には、X Prize Foundation から最大で2000万ドルの賞金を獲得することも可能となる見通しとなっている。
business

「『彼らとなら、一緒に火星を征服しても良い』って思う国は?」
「日本の月面探査、心から期待しています」
24歳中国系女学生「あたし、火星人を産むわ」【移住計画最終候補への夢】
服用してみる

京都大「ネコは因果や物理まで理解していた」【海外反応】

1971DB1B000005DC-3641386-image-m-2_1465923172638

ネコは「物理法則」を理解している:京都大学が発表
獲物を狙うネコは「原因と結果の関係」を理解しているだけではない、ということは以前からわかっていたが、どうやら「物理学の法則」も理解しているらしい。
以前の研究から、ネコは音を聞くことで、見えない物の存在を予測できることがわかっていた。今回の研究では、ネコの前で箱を振ったときの音の有無を基に、ネコがその箱の中に物が入っているかどうかを推測できるか、さらに、その箱をひっくり返したときに中から物が落ちてくると予測しているかどうかを調べた。
飼いネコ30匹を対象に、研究者が箱を振っている間にネコが見せた行動を記録した。その際、箱を振ったときに音を鳴らす場合と、音を鳴らさず箱が空であるように見せる場合を設定した。この動作のあとで、研究者はネコの前で箱をひっくり返す。このとき、物が落ちてくる場合と落ちてこない場合を設定した。
あるグループには、実験条件を物理の法則に従うように設定した。つまり、箱を振って音がすれば箱から物が落ちてきたし、音がしなければ物は落ちてこなかった。もうひとつのグループには、条件を物理法則と一致しないようにした。音がしたのに物が落ちてこないか、音がしなかったのに物が落ちてくるようにしたのだ。
その結果、ネコは「振ると音がする箱」をより長い時間見ていることがわかった。これはネコが、音の有無を基に箱の中に物が入っているかどうかを推測していることを示唆する。
また、ネコは「条件の一致しない箱」を見つめる時間も長かったという。まるでネコが、「こうした条件は、自分が理解している因果関係と矛盾していると思っている」かのようだったと、研究者たちは述べている。
「ネコは、音が聴こえるかどうか、箱に物が入っているかどうかという2つの事柄の因果関係を理解することで、見えない物の存在を予測しています」。『Animal Cognition』に6月14日付けで掲載された研究論文の筆頭著者である高木佐保はそう説明している。
ネコが音を聞いたときに実際に何を考えているのか、また聞いた音から、箱の中に入っている物の量やサイズといった情報を推測しているのかを理解するには、さらなる研究が必要だという。
yahoo

英紙「日本の主婦が作る猫型ハンドバッグが妙にリアル」
【対猛犬・勇気】ネコ「ウチの坊やニャ手をだすニャ(=`ω´=) #」【海外大絶賛】
サンリオ「キティちゃんは猫じゃないから」←海外「いまさら認めない!」

服用してみる

【地球からたったの14光年!】生命存在が居そうな惑星を発見・・・【海外反応】

no title

地球から14光年、最短距離の「生命の存在可能な」惑星発見
地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。生命が存在する可能性のある惑星としては、これまで見つかった中で地球から最も近い。この惑星は地球から14光年の距離にある赤色矮星(わいせい)「ウルフ1061」を周回する3つの惑星の1つ。オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見した。惑星は3つとも固い岩盤が存在している可能性がある。中でも「ウルフ1061c」という惑星は、恒星との距離が極端な暑さや寒さにさらされない圏内にあって、液体の水が存在し得る「ハビタブル(居住可能な)」惑星に分類できることが分かった。研究チームを率いるダンカン・ライト氏は、「これまで見つかったハビタブル惑星の中で、これほど地球に近いものはほかにない。これほどの近さであれば、もっと多くのことが分かるチャンスは十分にある」と解説。メンバーのロブ・ウィッテンマイヤー氏も「生命が存在できるかどうかを探るため、大気を調べることも可能かもしれない」と述べた。ただしウルフ1061cの重力は地球の約1.8倍。一方は常に恒星の方を向いていて極端に暑く、反対側は常に日が当たらず極端に寒い環境にあると思われる。それでも部分的に日が当たる地域に生命が存在できる可能性はあるとライト氏は期待する。
続く↓
yahoo

【2050年】「中、米、欧、露、印←この中でトップに立っているであろう国家は?」
米「日本が共産化したら、中国と一緒に襲って来そうでヤダ」
日本「我が国の軍拡って、果たして正しい事なのだろうか?」
日本「『アジア統一連合』か『アジア合衆国』。お前等が選ぶならどっち?」
「パク大統領の度重なる日本批判について、世界のみんなはどう思う?」
【サイレン】一年に1分間だけ時が止まる街・・・【ポーランド・ワルシャワ】
「やっぱロシアって、未だに共産主義なのかな?」
「東欧のみんな、ソ連崩壊前の様子ってどんな感じだった?」

服用してみる

「日本の月面探査、心から期待しています」【海外反応】

無題
top1walls

日本初の月面着陸計画…無人機3年後打ち上げ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、月面着陸を目指す日本初の小型無人探査機を2018年度にも打ち上げる計画を進めていることが、わかった。無人探査機の月面着陸は旧ソ連、米国、中国に続くものになる。月面探査は、将来の宇宙探査の中心になる火星探査への足がかりとして期待されており、その実現に向け、高精度の軟着陸技術を確立したい考えだ。固体燃料を使う新型ロケット「イプシロン」に、探査機「SLIM(スリム)」を搭載し、18~19年度中に打ち上げる計画。JAXAは20日午後、文部科学省などの有識者会議で、計画を示す。政府の宇宙政策委員会で認められれば、文科省が来年度予算の概算要求に関連経費を盛り込む見通し。開発費は100億~150億円と見込まれている。過去の月探査では、探査機の着陸が目標地点から数キロ・メートル程度ずれていたが、SLIMは目標地点との誤差を100メートル程度にとどめて軟着陸することを目標にする。日本は2007年に月を周回する探査衛星「かぐや」を打ち上げ、クレーターなど月面の様子の撮影に成功している。SLIMは、着陸の直前に月面を撮影し、地形から自らの現在地を特定するほか、かぐやのデータも活用しながら、着陸位置の精度を高める。
yahoo

【遠すぎ】ボイジャー1号「178億km離れた位置から地球を撮影してみた」【コワい】
【火星キュリオシティ画像】匿名日本人ブロガー「ヤベッ・・・トカゲ発見したわ」
【自画撮りキタ━(゚∀゚)━!】キュリオシティの高画質な記念撮影が鮮明過ぎる【at火星】
【マザーアース】国際宇宙ステーション最新映像【微速撮影】
【月面探査】「こんなに鮮明な映像が残っていたのか・・・」【アポロ16号】

服用してみる

【人類史上初】欧州、彗星着陸に成功。

1415816561997_wps_38_philae_lander_touchdown_c

欧州の無人探査機、世界初の彗星着陸に成功
欧州宇宙機関(ESA)は12日、無人探査機「ロゼッタ」が放出した着陸機「フィラエ」が、7時間かけて彗星の表面に着陸したと発表した。彗星着陸は世界で初めて。ESAによると、「フィラエ」は12日GMT1600(日本時間13日午前1時)頃、予定通り、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸した。同機は彗星に穴をあけ、内部の組成を調べる予定。ただ、「フィラエ」が着陸に向けて降下する際、同機を固定する装置が作動せず、計画されている調査に影響が出る可能性もあるという。「ロゼッタ」は10年5カ月4日をかけて同彗星に近づいた。総事業費は14億ユーロ近くとされている。
yahoo

「日本の軍事力って、実際どの程度なんだろうね」
【これが戦場】シリアの街を進む戦車内からの眺め
スロバキア人「我が国の装甲車等の画像を淡々と貼ってく。他国もどうぞ」
ウクライナ人「ウクライナって、世界からどう思われているのだろうか・・・」
イタリア人「空母を持ってないなんて、国って呼べるのかあ?」
葡「他国が『えっ?』ってなる秘密は?ウチは『長崎を発展させた』^^v」
【WW2】「枢軸国が勝利してたら、今の世界はどうなってた?」
【WW2】「仮に枢軸国が勝利してたら、日独は冷戦状態になってたのかな?」
「軍の任務についた経験ってある?」
「ディズニーキャラで、お嫁さんにするなら誰?」
「日本の軍事力って、実際どの程度なんだろうね」

服用してみる
RSS
RSS
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング

free counters

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

  • ライブドアブログ